ページの先頭です
メニューの終端です。

佐倉城址公園内タウンゼント・ハリスの銅像について

[2016年10月7日]

ID:1058

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

佐倉城址公園二の丸入口付近のハリス像について

ハリスの銅像の写真

佐倉城址公園の二の丸入口付近に建つハリスの銅像は、佐倉ライオンズクラブが日米修好通商条約締結150周年を記念して建立、市に寄贈されたものです。同じく佐倉ライオンズクラブにより平成18年に建てられた旧佐倉藩主 堀田正睦公像の近くに建立されています。

【ハリスと堀田正睦】
安政3年(1856年)、タウンゼント・ハリスは、アメリカ大統領の親書を携え下田に到着。来日の目的は、アメリカ初代駐日総領事として他国に先駆け日本と通商条約を結び、開国を実現させることでした。
こうした動向が、当時幕府で老中を務めていた開明派の佐倉藩主堀田正睦を外交の舞台に登場させることとなりました。
ハリスと正睦により、幾度にもわたる直接交渉が行われた結果、安政5年(1858年)6月19日、日米修好通商条約が締結されました。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[都市部]公園緑地課

電話: 043-484-6165

ファクス: 043-485-0108

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


佐倉城址公園内タウンゼント・ハリスの銅像についてへの別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.