ページの先頭です
メニューの終端です。

国民年金の制度について

[2016年4月14日]

ID:2279

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 現在の日本は、世界一の長寿国となり、総人口における65歳以上の割合は年々高まっています。
 将来は2~3人に1人が高齢者という時代がくるとも言われています。こうした高齢社会を背景に、社会全体で高齢者の生活を支えあおうというのが公的年金の意義であり、その基本となるのが国民年金制度です。

どんな人が加入するのですか

国民年金に必ず加入しなければならない人

・日本国内に住所のある、20歳以上60歳未満の人

国民年金に任意で加入できる人

  ・日本国内に住所のある、60歳以上65歳未満の人
  ・海外に在住している、20歳以上65歳未満の日本人
  ※65歳になっても年金を受け取る権利が発生しない人については、
   70歳になるまでの間で、受け取る権利が発生するまで加入することができます。
   (昭和40年4月1日以前に生まれた人のみ)

加入者の種類にはどのようなものがあるのですか

あなたの加入する年金制度はこの3つのいずれかになります。

加入者の種類
種別加入者保険料の納め方
第1号被保険者自営業者、学生、フリーアルバイター、無職の人など・年金事務所から届く納付書を使って、銀行や郵便局、コンビニの窓口で納める
・口座振替、クレジット納付を利用して納める
第2号被保険者会社員・公務員・給料から天引き(保険料は、事業主と本人が2分の1ずつ負担)
第3号被保険者第2号被保険者に
扶養されている配偶者
・第2号被保険者が加入する制度が負担
 (ご自身で納める必要はありません)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市 市民部 市民課 国民年金班 
電話: 043-484-6126 ファクス: 043-486-2507
E-mail:shiminka@city.sakura.lg.jp

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.