ページの先頭です
メニューの終端です。

佐倉ふるさと広場のチューリップ球根について

[2020年1月17日]

ID:2613

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

佐倉ふるさと広場での「チューリップ球根」植え付けの様子

小学生のみなさん! お疲れ様でした。

植え付け初日の写真

 小学校植え付け区画のチューリップ球根の種類はオランダ産です。(アンジェリケ・ピンクインプレッション・パレード・ハッピージェネレーション・ヤンバンネス・スウィートハート・キングスオレンジ・キャセリーナの8種類)
 ボランティアの方から植え付けの説明を受け、スコップ片手に植付けしていきます。みんな真剣な顔でお話を聞いて、植え付け方法を覚えたら、作業開始です。


植え付け風景

 植える球根の数は、ひとり36球です。
 ボランティアさんからシャベルを受け取り、各学校ごとに決められた区画に置いてある球根を、植えつけていきます。

植え付け3日目の写真

 市で手配した送迎バスで、各学校から児童たちがふるさと広場にやってきます。
 今年は全体に天候に恵まれましたが、あいにく小雨に降られた学校もありました。子どもたちは、雨にも負けず元気に植え付けをしてくれました。

植え付け最後の日の写真

 児童やボランティアの皆さんの協力により、すべての区画の植え付けを終了するができました。
 子どもたちがお土産にした球根が学校内で花開く3月下旬から4月にかけて、ふるさと広場のチューリップも見ごろを迎えます。
 みなさんも関東最大級のチューリップ畑を楽しみにいらしてください。

佐倉ふるさと広場 花から花へ、人から人へ

毎年、『佐倉ふるさと広場』では、11月初めから12月にかけて、印旛沼ネットワーカーの会のボランティアによる指導を受けながら、市内全小学校の児童(小学5年生または4年生)による球根の植え付けを行っています。

 

また、広場の一部区画では、市民参加による花いっぱい運動の一環として、自分たちで球根を植え付け、花を楽しんだのち、春に育った球根を掘り取り持ち帰る球根オーナー制度が、『花の銀行・チューリップ友の会』の皆さんにより運営されています。

  • チューリップフェスタについて詳細が決まりましたら、ホームページでお知らせいたします。しばらくおまちください。

  花いっぱいにしようとの想いを胸に、佐倉ふるさと広場に四季折々のお花を植え、広場に訪れるかたが花とふれあい楽しむ機会をつくっています。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市 都市部 公園緑地課
緑化推進班 電話: 043-484-4318
ファクス: 043-485-0108
E-mail:kouen@city.sakura.lg.jp

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.