ページの先頭です
メニューの終端です。

石綿管について

[2013年8月1日]

ID:2657

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

石綿セメント(アスベスト)管について

安心してご利用ください

 最近、アスベスト(石綿)による健康被害が報道で取り上げられています。アスベストは建築材料ばかりでなく、一時期水道管(石綿セメント管)の材料としても使われていました。
 WHO(世界保健機関)は飲料水中のアスベストについては、健康影響の観点からガイドライン値を定める必要はないと結論づけており、厚生労働省においても、石綿セメント管を通過した水道水の安全性について、「飲用では人体に影響あるデータはなく、国際的にも問題がないとされている」としております。
 水道部ではお客様の不安を解消するため、石綿セメント管が敷設されている地区において、水道水中のアスベスト濃度を分析したところ、アスベストは検出されませんでした。
 石綿セメント管は耐用年数が短く、他の管材料と比べて老朽化したときの強度が著しく低いため、耐震対策の一環として、以前より法令に準拠した安全な方法で、入れ替え工事を行ってきておりましたが、平成24年7月に石綿セメント管入れ替え工事は完了しました。

 安心して水道をご利用ください。

関連記事へのリンク

厚生労働省健康局水道課(クリックするとPDFファイルが開きます)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市 上下水道部 建設課
電話: 上水道班 043-485-1191
ファクス: 043-485-1194
E-mail: w-kensetsu@city.sakura.lg.jp

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.