ページの先頭です
メニューの終端です。

新春特別番組「新しい年を迎えて-年頭挨拶」

[2012年3月29日]

ID:2789

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新春特別番組「新しい年を迎えて-年頭挨拶」

市長の写真

 あけましておめでとうございます。

 市民の皆さまにおかれましては、輝かしい新春をお迎えのことと、心からお慶び申し上げます。
 また、昨年中は市の行政運営に対しまして、深いご理解ならびに多大なご協力を賜り、心から感謝し、厚く御礼を申し上げます。

 私は昨年の4月、市民の皆さまの温かいご支援と厳粛な信託を賜り、佐倉の市政運営にあたらせていただくことになりました。
市長就任後、初めての新年を迎え、今後の市政の舵取り役を預かる責任の重さを痛感しております。

 国と地方の財政状況は、依然として厳しい状態が続いております。山積する課題をどうやって解決していくのか、これからは地方がどれだけの知恵を出すことができるかが、試されていく時代であると、痛切に感じております。

 昨年を振り返りますと、春の選挙で、私の考える政策公約を掲げ、市長就任からの約8カ月間、私の市政運営の基軸・理念を、実行していく第一歩を踏み出した年でございました。市内のさまざまな場所に行き、たくさんの方々のお話を聞き、一日一日を前向きに、ひたすらにまい進するという、非常に多忙な1年でございました。

 今年は、子年であり十二支の始まりの年となります。 「子年の「子」の字は「ふえる」との意味で、種子の中に新しい生命が芽生え始める様子を表している」とも言われております。市民の方からも、「佐倉市は新しく生まれ変わってほしい」との声をお聞きすることがございます。
 市民の皆さまの思いをしっかりと受け止め、市民の目線で、「世のため、人のため、佐倉のため」といった考え方を行動の基本といたしまして、残りの人生の全てを佐倉に尽くす覚悟でございます。

 市政の運営は、市民の皆さま、そして市議会と、相互に協力しあう中で、推進していくものであると考えております。 財政の健全化に努め、今後とも、事業の必要性を見直し、効率化を図ることはもとよりですが、社会の変化に敏感に対応し、希望と活力に満ちたまちづくりを目指して、市民の皆さまと共に、努力を重ねてまいりたいと思います。

 皆さま方のご期待にお応えするためにも、常に初心を忘れることなく、市民生活の向上を目指し、全力を傾けまして、「子育てしやすく・学びやすく・働きやすく・老後を過ごしやすい、活力ある佐倉」を創造してまいりたいと考えております。
そして市民の皆さまが、「ふるさと」として、愛着と誇りを持てるまち「佐倉」を、子ども、孫の代へと、確実に引き継いでいきたいと思います。 そのためにも、より多くの方々のご意見に耳を傾け、皆さまの英知と力を結集したいと考えております。

一つ一つの課題を確実に解決していくことで、佐倉市は新しく生まれ変わることができると思います。今後とも市政の発展にまい進してまいりますので、本年もご支援ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

年頭にあたりまして、皆さまのご健勝と幸多い年でありますようお祈り申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[企画政策部]秘書課(秘書担当)

電話: 043-484-6100

ファクス: 043-486-2509

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.