ページの先頭です
メニューの終端です。

佐倉教育ビジョン(平成23年度から32年度)の策定経緯

[2017年12月27日]

ID:3093

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新しい佐倉教育ビジョンの策定に向けて

趣旨

 佐倉教育ビジョン(以下「ビジョン」といいます。)は、中・長期的な視点に立った教育の指針となる基本理念を定め、この理念達成に向けての基本的な方針を示し、各教育施策を総合的かつ効果的に推進するため、平成15年に策定されました。人づくりと地域づくりを大きなテーマとしています。
 佐倉の教育の目指すべき方向性を示すとともに、市の第3次総合計画に示されたまちづくり方針を推進しており、目標年度を第3次総合計画と同じく平成22年度としています。
 新しい時代を切り拓いていく原動力となるのは、教育の力です。市民の皆さんとともに佐倉の教育を展開していくため、佐倉市教育委員会は、平成23年度から始まる新しいビジョンの策定に着手します。 

基本方針

  • 国の教育振興基本計画をもとにした、佐倉市における教育の振興のための施策に関する基本的な計画と位置づけます。(*教育基本法第17条第2項)
  • 第4次佐倉市総合計画との整合性を図ります。
  • 市民公募委員を含めた策定懇話会を立ち上げ、ビジョンの内容について検討し、教育長に提言します。
  • 意見公募手続(パブリックコメント)を実施します。
  • 教育委員会議での審議・議決を経て、ビジョンの成立(平成22年度中)とします。
  • ビジョンの成立後、速やかに、こうほう佐倉やホームページ等で公表します。
  • ビジョンの策定とともに、教育ビジョン推進計画についても、策定作業を進めます。

*教育基本法
(教育振興基本計画)
第十七条 政府は、教育の振興に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、教育の振興に関する施策についての基本的な方針及び講ずべき施策その他必要な事項について、基本的な計画を定め、これを国会に報告するとともに、公表しなければならない。
2 地方公共団体は、前項の計画を参酌し、その地域の実情に応じ、当該地方公共団体における教育の振興のための施策に関する基本的な計画を定めるよう努めなければならない。

策定スケジュール

策定スケジュール
年  月項  目内  容
平成21年10月策定懇話会委員の委嘱(1)学識経験者、(2)各種団体代表、(3)市民公募委員の決定。
平成21年10月から22年10月策定懇話会の開催ビジョンの検討。9回程度。
平成22年10月から11月素案の完成完成後、教育委員会議での協議。意見公募手続(パブリックコメント)。
平成22年12月から23年1月素案の修正協議及びパブリックコメントでの意見を検討後、策定懇話会で最終案を作成。
平成23年2月ビジョンの完成教育委員会議で審議のうえ、議決。
平成23年3月ビジョンの公表こうほう佐倉、ホームページでの公表。関係機関への冊子配布。

図解「新しい佐倉教育ビジョンの策定」(クリックするとPDFファイルが開きます)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

佐倉教育ビジョン策定懇話会委員を募集します※終了しました

 新しい佐倉教育ビジョンの策定にあたり、「佐倉教育ビジョン策定懇話会」(以下「懇話会」といいます。)を設置します。懇話会においてビジョンの素案を作成し、教育長に提言します。懇話会の委員は、学識経験者や地域の代表者等も含めた10人程度で構成し、そのうち3人を市民公募委員として募集します。

名称

佐倉教育ビジョン策定懇話会

職務内容

策定懇話会に出席し、新しい佐倉教育ビジョンの策定について、意見を述べていただきます。
会議は年4から6回程度(いずれも平日昼間)開催予定です。
なお、会議は公開で行いますので、委員として発言した内容は公開されます。

謝礼等

会議出席1回につき7,600円に交通費実費を加算した額

公募人員

3人

任期

委嘱の日から平成23年3月31日まで

応募資格

次の条件を全て満たす方とします。
(1)佐倉市に住所、勤務先または通学先を有する20歳以上の方
(2)佐倉市の附属機関等の委員を3つ以上兼ねていない方
(3)国若しくは地方公共団体の議員または佐倉市の常勤職員でない方

応募方法

申込書に小論文を添えて、郵送、ファクス、Eメールまたは持参により下記申込み先に提出してください。
(Eメールでの応募の場合、申込書の記載事項と同一の内容が記載されていれば、様式は問いません。)
小論文について】教育的視点から「『佐倉の人づくり、地域づくり』について考えること」について、800字程度であなたの考えをまとめてください。様式は問いません。
注意事項】(1)応募書類の著作権は佐倉市に帰属し、書類は返却しません。(2)情報公開条例に基づく開示請求があった場合、個人情報などを除き、応募書類を公開することがあります。
申込書の入手方法】下記申込み先で配布します。申込書の郵送を希望する場合は、返信用封筒に80円切手貼付のうえ、下記申込み先に請求してください。下記からダウンロードも可能です。

申込書ダウンロード(クリックするとPDFファイルが開きます)

申込書ダウンロード(クリックするとWordファイルが開きます)

募集期間

平成21年9月1日(火曜日)から平成21年9月24日(木曜日)まで
(受付は平日の午後5時15分まで。郵送の場合は締切日の消印有効)

選考方法

公募委員選考委員会を設置し、申込書及び小論文により選考します。
選考においては、応募動機、文章構成、意見・提案の内容等を考慮します。

選考結果

応募者全員に文書で通知します。

申込み先及び問い合わせ先

佐倉市教育委員会 教育総務課 企画財務班
〒285-8501 佐倉市海隣寺町97番地
電話:043-484-6183(直通)  ファクス:043-486-2501
E-mail:kyoikusomu@city.sakura.lg.jp

佐倉教育ビジョン策定懇話会委員公募結果

附属機関等委員公募結果

附属機関等委員公募結果
附属機関等の名称佐倉教育ビジョン策定懇話会
担当所属名教育委員会 教育総務課
募集定員3 人
応募者数
(うち資格要件を
満たすもの)
5 人
(5 人)
選考の結果、委員
候補としたもの
3 人
欠員とする人数0 人
再公募する人数0 人
備考 選考に際しては、申込書及び小論文について、応募動機、文章構成、「佐倉の人づくり、地域づくり」についての意見・提案の内容等を審査し、検討した結果、3名の方を選考させていただきました。

市政資料室配置日

平成21年10月13日

HPでの公表日

平成21年10月13日

佐倉教育ビジョン策定懇話会

会議録

佐倉教育ビジョン策定懇話会 会議録(クリックするとPDFファイルが開きます)

佐倉教育ビジョン及び佐倉教育ビジョン推進計画の評価について

 佐倉教育ビジョンは、平成15年4月に策定し、平成22年度が計画期間の最終年度となっています。また、佐倉教育ビジョン推進計画(平成19年度から22年度)は、前期の推進計画(平成15年度から18年度)の進捗状況をもとに見直しを行った計画で、こちらについても平成22年度が計画期間の最終年度となっています。
 これらの計画について、進捗状況や達成状況を確認するとともに、さまざまな課題を把握することにより、現在策定作業を進めている、新しい佐倉教育ビジョンの参考とするため、評価を行いました。

「佐倉教育ビジョン」及び「佐倉教育ビジョン推進計画」の評価について(クリックするとPDFファイルが開きます)

佐倉教育ビジョンの閲覧

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市教育委員会 教育総務課
電話: 企画財務班 043-484-6183 ファクス: 043-486-2501
E-mail: kyoikusomu@city.sakura.lg.jp

佐倉教育ビジョン(平成23年度から32年度)の策定経緯への別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.