ページの先頭です
メニューの終端です。

赤十字の始まり

[2016年1月1日]

ID:3658

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

赤十字の始まり

1863年に誕生した赤十字は、スイス人アンリー・デュナンの提唱に基づき始まりました。
戦地で放置される傷病兵の悲惨な姿を目の当たりにしたデュナンは、自ら兵を看護し、国際的な救護団体の創設が必要なことを痛感しました。敵味方の区別なく、負傷した人の看護に当たるには、国際的な条約が必要だと主張したのです。
これに賛同する人々の力によって支えられた赤十字は、現在181カ国のネットワークを持ち、国境・人種・宗教・思想の違いを乗り越えて、すべての人々の尊厳を守るために活動しています。
日本では、佐野常民氏らにより、1877年の西南の役をきっかけに「博愛社」として始まりました。日本政府が1886年にジュネーブ条約に加盟し、日本赤十字社となりました。

赤十字社の活動

悲惨な状態におかれている人々を少しでも助けたいという赤十字永遠の使命を達成しようと、赤十字は七原則に基づいて活動しています。

 
  • 人 道  生命と健康を守り、人間の尊厳を確保する。 
  • 公 平  国籍・人種・宗教・社会的地位・政治上の意見等に左右されない。 
  • 中 立  どんなときも紛争に参加しない。 
  • 独 立  赤十字の原則に従って自主性を保つ。 
  • 奉 仕  利益を求めない奉仕的救護組織。 
  • 単 一  いかなる国にもただ一つの赤十字しかあり得ない。 
  • 世界性  世界的機構であり相互援助の義務を持つ。

すべての人に公平であるために、赤十字社は政府等から経済的にも独立している必要があります。そのため補助金等に頼らず、赤十字社員からの資金(社資)により、活動をしているのです。

問い合わせ先

日本赤十字社千葉県支部(043-241-7531)

日本赤十字社千葉県支部佐倉市地区(043-484-6135)
(事務局は、佐倉市福祉部社会福祉課地域福祉班内)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[福祉部]社会福祉課

電話: 043-484-6133

ファクス: 043-486-2503

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.