ページの先頭です
メニューの終端です。

市街化区域内の農地転用届出

[2012年4月9日]

ID:4811

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

農地法第4・5条の転用届出(市街化区域内農地)

農地法第4・5条の転用届出(市街化区域内農地)

 「農地法第4条の転用届出」は市街化区域内にある自分の農地を住宅・駐車場など農地以外の目的に転用する場合に、「農地法第5条の転用届出」は事業者等が市街化区域内にある農地を転用のために購入したり、借用したりする場合に必要になります。
 農業委員会に届出をしただけでは、土地登記簿の地目は変わりません。
 転用後、法務局に地目変更登記の申請をすることが必要になります。

 記入漏れや書類に不備がありますと、受付をすることができませんので、手続きや申請等にご不明な点につきましては申請前に農業委員会事務局まで問い合わせをお願いします。
 市街化調整区域内農地の転用については、「届出制」ではなく、「許可制」となっています。
 また、転用する場所や転用目的によって許可条件や必要書類等が異なりますので事前にご相談ください。

※農地法の申請手続きをされる申請者(譲渡人、譲受人)で次に該当される方は申請手続きをされる前にご相談ください。
(農業者年金)
    農業者年金の経営移譲年金を受給されている方
    農業者年金加入者でこれから経営移譲年金を受給しようとお考えの58歳以上の方
(納税猶予)
    贈与税・相続税の納税猶予を受けている方
 【農業者年金、納税猶予に関する問い合わせ先】
 佐倉市農業委員会事務局 電話 043-484-6285

 

 

〔その他〕
・〝受領時に申請者または受任者の受領印が必要〟となります。)
共有の場合の委任状については委任する共有者すべての委任状の添付をお願いします。
・申請地に耕作権(賃借権)等が存在する場合は農地法第18条の解約手続後に申請をお願いします。
・申請地が土地改良区域内にある場合には申請前に「転用する旨の通知」を土地改良区にしてください。
・申請地が生産緑地指定されている場合は、申請前に都市部公園緑地課と協議をお願いします。
・〝「競売・公売買受適格証明願」の場合は、別途、競売・公売事件の公告の原本または写し (特別売却の場合は特別売却調書の謄本)
・申請地での土木工事の実施の有無に関わらず、埋蔵文化財の所在の有無及びその取扱いについて教育委員会文化課 (電話 043-484-6192)まで照会をお願いします。なお、申請地が埋蔵文化財包蔵地(遺跡)の場合は、文化財保護法第57条の2の規定により土木工事着手の60日前までに教育委員会文化課に届出が必要となります。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市 議会・委員会事務局 農業委員会事務局 農地班
電話: 043-484-6181 ファクス: 043-486-2504
E-mail:nogyo@city.sakura.lg.jp

市街化区域内の農地転用届出への別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.