ページの先頭です
メニューの終端です。

地域まちづくり協議会

[2014年1月20日]

ID:5010

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

1 地域コミュニティを進める背景

 地方分権の推進・三位一体改革などにより、地方公共団体では、地方財政制度の見直しなど、新たな自治運営のあり方が求められています。

 また、地域においては、都市化の進展や生活形態の多様化などにより、隣近所とのつきあいや、互いに助け合うという地域の連帯意識が薄れ、近所で、互いに協力し合い、支え合うといったことが少なくなってきています。一方、防犯・防災・交通安全・教育・環境・福祉など、地域のさまざまな問題・課題は、一人の力では解決が困難です。

 地域課題の解決にあたっては、最もふさわしい地域の団体がその解決にあたるべきであり、さまざまな地域団体や行政が連携、協力することが重要です。

 地域コミュニティを大切にすることで、人と人が結びつき、地域に一体感と信頼関係が生まれ、子どもにも、お年寄りにも、障がいを持つかたにも優しい、安全で安心な暮らしやすいまちづくりにつながっていきます。

2 地域コミュニティを推進する意義

市民協働によるまちづくりを推進するためには、地域のことは、地域の皆さんが自ら考え、解決に向けて行動していくという住民自治を基本に、これを支える地域コミュニティの充実・活性化が必要です。

 「今、自分の地域が抱えている問題・課題は何か」ということを地域が一緒に考え、地域が協力しあって、これらの問題や課題に取り組むことで、互いが支え合うことの意義、必要性が再認識されます。

 市では、皆さんが暮らす地域に関心を持っていただき、話し合いながら地域住民が協力し合い、地域の諸課題に取り組むための「地域まちづくり協議会」(※)の設置を支援いたします。

(※)「佐倉市市民協働の推進に関する条例」第10条に規定

3 地域まちづくり協議会とは

 地域まちづくり協議会は、各小学校区を基準として、区域内で活動する自治会・町内会を基盤に、地域で活動する団体・組織が、それぞれの目的や活動を尊重し合い、緩やかに連携・協力することで、地域が対応できる課題などは、協働して、その解決を図っていただこうとする組織です。

「地域まちづくり協議会」名簿

「地域まちづくり協議会」モデル事業(臼井小学校区)

「地域まちづくり協議会」概念図
[解説]
 地域では、自治会・町内会をはじめとして、地区社会福祉協議会や高齢者クラブ等の福祉団体、PTA、子ども会、青少年育成住民会議、青少年相談員等の青少年育成団体、民生・児童委員協議会等の各種協議組織、さらに目的ごとに活動するNPOや学習グループ・サークルなど、さまざまな組織・団体やグループが活動を行っています。
 地域におけるさまざまな課題等について、地域が主体となって、適切な解決を図るためには、個別的な団体活動と合わせて、地域の各団体・組織が相互に情報を共有し、合意形成を図り、連携・協力しながら活動を展開していくことが重要です。
 地域が一体となることで、災害の発生など、いざというときには、大きな力を生むことも期待されます。
 地域まちづくり協議会は、地域の特性や状況に応じてコミュニティ活動をさらに活発に、より効果的に繰り広げるための地域組織を目指そうとするものです。

 地域まちづくり協議会には、次のようなことが期待されています。
  1. 地域における共通の諸問題・課題の把握、課題解決策の検討(地域の課題解決に向けた計画づくり)
  2. 地域における暮らしや生活充実のための活動の実践(防犯、防災、交通安全、福祉、環境、青少年の健全育成、非行防止、交流と親睦の促進活動など)
  3. 地域住民に対する広報
  4. 地域団体相互の情報共有・連携・協力関係の推進

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市 市民部 自治人権推進課
電話: 043-484-6127 ファクス: 043-486-2502
お問い合わせフォーム

地域まちづくり協議会への別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.