ページの先頭です
メニューの終端です。

検査頻度の見直しについて(平成26年1月より)

[2016年4月29日]

ID:10222

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

これまでの水道水中の放射性物質の検査について

 福島第一・第二原子力発電所の事故に伴う水道水中の放射性物質(放射性セシウム及び放射性ヨウ素)の検査を平成23年3月24日より、基本的に毎日実施していました。また、平成23年4月25日以降は週1回の測定を実施しております。(測定結果はこちら
 放射性物質の検出は、平成23年4月9日に南部浄水場で確認されてからは、不検出となっており、佐倉市の水道水が、地下水(地下100m前後から汲み上げ)由来の水道水約63%と、柏井浄水場で浄水処理(河川水など)された水道水約37%(割合は平成26年度)を市内浄水場(屋内施設)にて混合した後に、各ご家庭へお届けしていることを考えると、佐倉市の水道水中の放射性物質濃度は、柏井浄水場の放射性物質濃度に大きく依存していると考えられます。

 

今後の水道水中の放射性物質の検査頻度について

 平成25年12月までは、放射性物質の検査を毎週実施し、平成26年1月より、平成24年3月5日付けで厚生労働省から通知された「水道水中の放射性物質に係る管理目標値の設定等について」に従い、月1回の測定に切り替えて実施いたします。
 しかしながら、佐倉市や柏井浄水場における放射性物質の測定結果が、管理目標値である10Bq/kg(放射性セシウム134及び137の合計)を超えた場合、検査頻度を毎日の測定に変更するとともに、原因調査を実施します。
 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[上下水道部]上下水道部

電話: 043-485-1191

ファクス: 043-485-1194

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


検査頻度の見直しについて(平成26年1月より)への別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.