ページの先頭です
メニューの終端です。

航空機騒音の状況について【平成25年6月20日更新】

[2014年4月1日]

ID:11014

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

佐倉市内における航空機騒音の状況【平成25年6月5日掲載】

国土交通省が平成24年度に佐倉市内で行った臨時の航空機騒音測定について、平成25年6月4日に国土交通省より測定結果の報告がありました。

このうち、夏季調査結果については「航空機騒音について」(平成25年2月19日付け掲載)でお知らせしておりましたが、今回、国土交通省より、平成25年4月より適用となった新基準(Lden)での評価結果の報告がありましたので、併せて報告します。

夏季調査結果

調査期間:平成24年6月22日(金)~6月28日(木)

航空機騒音測定結果(平成24年6月実施分)
 測定場所測定地点住所 

騒音発生回数
(回) 

期間パワー平均
[dB(A)] 
期間WECPNL 期間Lden
[dB] 
 志津浄水場上志津原59-2 81 64.0 49.7 37.8 

冬季調査結果

調査期間:平成24年12月5日(水)~12月11日(火)

航空機騒音測定結果(平成24年12月実施分)
測定場所 測定地点住所 騒音発生回数
(回) 
期間パワー平均
[dB(A)] 
期間WECPNL 期間Lden
[dB] 
志津浄水場上志津原59-2 172 64.2 53.2 41.9

(注)
1.騒音発生回数
 航空機が飛行していない状態の騒音(暗騒音)と羽田空港に向かう航空機から発生する最大騒音レベル値との差が10dB以上認められた回数。
2.パワー平均
 航空機騒音レベルの平均を算出する際の手法で、騒音レベルはエネルギー量の対数であることから、各騒音レベルをエネルギー量に戻してから平均を算出したもの。
3.期間パワー平均
 測定期間中の羽田空港に向かう航空機から発生する最大騒音レベル値のパワー平均値。
4.WECPNL(加重等価平均感覚騒音レベル、うるささ指数)
 単純な音の大きさではなく、航空機騒音の発生回数、発生時刻、及び各航空機から発する最大音量を元に算出した数値
5.期間WECPNL
 測定期間中のWECPNLのパワー平均値。
6.Lden(時間帯補正等価騒音レベル)
 単純な音の大きさではなく、航空機騒音の発生回数、発生時刻、及び各航空機から発する騒音の暴露量を元に算出した数値
7.期間Lden
 測定期間中のLdenのパワー平均値。

国土交通省からの追加報告について【平成25年6月20日更新】

国土交通省では、南風好天時に高度4000フィート(約1200メートル)上空を同一経路で飛行する地点として、佐倉市(志津浄水場)と四街道市(四街道公民館)において臨時航空機騒音測定を行いました。
今回、国土交通省から詳細データの提供と四街道市との結果の差異に関する報告がありました。

佐倉市及び四街道市における臨時騒音測定結果一覧(夏季)
 夏季(平成24年6月22日~6月28日)結果南風好天時運用北風運用
B滑走路着陸D滑走路着陸A滑走路着陸C滑走路着陸
佐倉市
W値:49.7
パワー平均値[dB(A)]64.061.965.057.158.6
騒音発生回数(回)81159417
四街道市
W値:52.4
パワー平均値[dB(A)]60.860.764.656.157.7
騒音発生回数(回)21715920137
佐倉市及び四街道市における臨時騒音測定結果一覧(冬季)
 冬季(平成24年12月5日~12月11日)結果南風好天時運用北風運用
B滑走路着陸D滑走路着陸A滑走路着陸C滑走路着陸
佐倉市
W値:53.2
パワー平均値[dB(A)]64.259.864.7 58.5
騒音発生回数(回)1729148 15
四街道市
W値:53.3
パワー平均値[dB(A)]63.360.864.256.359.0
騒音発生回数(回)2118156641
運用形態(北風運用、南風好天時運用、滑走路)については、こちら「航空機騒音について」をご覧ください。
 航空機騒音について:http://www.city.sakura.lg.jp/0000008107.html(佐倉市ホームページ)

佐倉市と四街道市の結果に差異が生じた理由について

国土交通省では、佐倉市と四街道市の結果に差異が生じたことについて、以下の3点を挙げています。

1.騒音発生回数

騒音発生回数の違いは、両市の各測定地点における北風運用の航空機騒音発生回数の違いによるものであり、結果として、WECPNL(W値)の差異に影響したものと思われます。
なお、南風好天時運用に関しては、両市ともに大きな違いは見られませんでした。

2.飛行航跡と測定地点との関係

国土交通省で公開している「羽田空港飛行コース公開システム」によると、南風好天時においては佐倉市及び四街道市の測定地点はともに航路下にあるものの、北風運用においては佐倉市は四街道市と比べると若干離れています。
このことから、四街道市の測定地点は佐倉市よりも北風運用の航空機騒音を測定しやすい地点であったとしています。

【参考】
羽田空港飛行コース公開システム(国土交通省航空局)
https://www.franomo.mlit.go.jp/Login.do(ユーザー登録が必要です)

3.暗騒音

佐倉市及び四街道市の測定地点における暗騒音(対象となる音を含まない騒音レベル)を比較すると、佐倉市よりも四街道市の方が低い傾向を示し、結果として南風好天時運用よりも高い高度で飛行し、騒音レベルの低い北風運用の航空機騒音を測定しやすい環境であったことも一つの要因として考えられます。
測定地点における暗騒音一覧
測定地点測定日暗騒音レベル(dB(A))主音源備考

(7:00)

(14:00)

(22:00)
佐倉市
志津浄水場
夏季
(6月)
6月22日534846
市街地音
建築作業音
雨(6/22朝)
葉ずれ
敷地の南側と東側に隣接した道路と交差点からの騒音が主である。
6月23日495046
6月24日464845
6月25日494945
6月26日494845
6月27日494846
6月28日484946
冬季
(12月)
12月5日514948
12月6日524946
12月7日504948
12月8日515546
12月9日484946
12月10日494947
12月11日494847
四街道市
四街道公民館
夏季
(6月)
6月22日564841
市街地音
雨(6/22朝)
葉ずれ

近傍の建物工事
(12/6~12/8)
北側道路を車が通過時は、55dB(A)を上回る場合がある。
6月23日454744
6月24日424641
6月25日474740
6月26日474639
6月27日464640
6月28日464640
冬季
(12月)
12月5日494843
12月6日495041
12月7日505044
12月8日485440
12月9日444642
12月10日494641
12月11日494443

航空機騒音の基準【平成25年6月20日更新】

環境基本法(平成5年法律第91号)第16条第1項の規定に基づき、航空機騒音に係る環境基準が定められています。

航空機騒音に係る環境基準
  地域の種類旧基準値
(単位:WECPNL)
新基準値(Lden)
(単位:デシベル)  
 1 専ら住居の用に供される地域 70以下 57以下
 2 1以外の地域であって通常の生活を保全する必要がある地域 75以下 62以下

(注)
旧基準:平成25年3月31日まではWECPNLで環境基準の評価を行います。
新基準:平成25年4月1日からLdenで環境基準の評価を行います。

<参考>【平成25年6月20日更新】
WECPNL(加重等価平均感覚騒音レベル、うるささ指数)とLden(時間帯補正等価騒音レベル)の詳しい説明につきましては、千葉県ホームページをご覧ください。
(用語の説明(航空機騒音関係):https://www.pref.chiba.lg.jp/taiki/souon/koukuuki/yougo.html)(千葉県ホームページ)

航空機騒音測定局の設置について【平成25年6月20日更新】

国土交通省より、航空機騒音監視体制の強化のため、本年度予算で佐倉市内に1箇所騒音測定局を設置する旨の報告がありました。
設置場所については、南風好天時に高度4000フィート(約1200メートル)で飛行する地点で、国土交通省が佐倉市内における航空機騒音測定局設置のための適地選定調査を行っており、その結果、佐倉市内では、西志津中学校が選定されています。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市 環境部 生活環境課
電話: 043-484-6098 ファクス: 043-486-2504

航空機騒音の状況について【平成25年6月20日更新】への別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.