ページの先頭です
メニューの終端です。

住民票の写し等の料金改定(平成30年4月から)

[2017年10月10日]

ID:17721

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

住民票の写し等の料金改定について

住民票の写し等の手数料が変わります

市では、平成29年4月に「佐倉市使用料・手数料の見直しに関する基本方針」を策定し、これに基づき、施設の使用料・証明書発行等の手数料の見直しを行いました。(詳細はこちら

見直しの結果、住民票の写しや印鑑登録証明書等の発行手数料を改定することとなりました。(改定後手数料についてはこちら

市の施設の運営や証明書の発行など、行政サービスにはコストがかかっており、このコストは市民が納める税金と利用者が負担する使用料・手数料により賄われています。

受益と負担の公平性の観点や他市町村の状況を踏まえた改定となりますので、ご理解のほど、よろしくお願いします。

【改定日】:平成30年4月1日(日)

 

(注意)

郵送による住民票の写し等交付請求の場合は、平成30年3月31日以前に発送されたものであっても、平成30年4月1日以降に到着したものは、新手数料が適用されます。このため、余裕をもって投函してくださるようお願いいたします。

なお、土日及び祝日は、郵送による住民票の写し等交付請求受付業務を行っていません。このため、郵送による住民票の写し等交付請求において、現行手数料が適用される場合は、平成29年3月30日(金)までに到着し受付がなされた場合となりますので、ご注意ください。

また、郵送により住民票の写し等を交付請求され、その提出書類に不備があった場合、又はご請求内容に確認を要する場合等は、こちらからご連絡させていただいております。しかし、ご連絡がすぐにとれなかったり、不備書類の提出が遅れたりして、本市からの証明発行が平成30年4月1日以降となりますと、平成30年3月31日以前に到着した場合であっても、新手数料が適用となり、改定前の手数料との差額分を追加でいただくことになりますので、提出書類等に不備がないよう十分注意願います。

郵送による住民票の写し等の交付請求の方法についてはこちら

(注意)

自動交付機を利用した場合は手数料を据え置くことといたします。(対象証明書:住民票の写し ・ 印鑑登録証明書)

なお、自動交付機から発行される住民票の写しについては、マイナンバーを載せることができませんので、マイナンバー入りの住民票の写しの発行を希望される場合は、窓口をご利用くださるようお願いいたします。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[市民部]市民課

電話: 043-484-6121

ファクス: 043-486-2507

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


住民票の写し等の料金改定(平成30年4月から)への別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.