ページの先頭です
メニューの終端です。

第3回「佐倉図書館の建て替えに向けたワークショップ」を開催しました

[2017年11月29日]

ID:17959

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

佐倉図書館の建て替えに向けたワークショップ

 老朽化した佐倉図書館の建て替えに向けて、市民・利用者の皆様のご意見を伺いながら整備計画の策定を進めていくため、「ワークショップ(市民・利用者意見交換会)」を開催しています。

第3回ワークショップを開催しました!

 秋も一段と深まってきた11月19日(日)、佐倉市役所において、23名の市民の方の参加のもと、「佐倉図書館の建て替えに向けたワークショップ(第3回)」が開催されました。
 今回のワークショップでは、「(仮称)佐倉図書館等新町活性化複合施設基本構想・基本計画 中間案」についての説明の後、前回と同様にグループに分かれ、地区の活性化に向けた複合施設の機能について話し合いました。
 回を重ねるごとに打ち解けた雰囲気が生まれ、より積極的な意見交換が行われました。

第3回 開催概要

日時

 平成29年11月19日(日) 午後1時30分~午後4時00分

場所

 佐倉市役所 1号館6階大会議室

参加者数

 市内在住 23名

意見交換テーマ

 複合施設の機能について考えよう

アドバイザー

 千葉大学大学院工学研究院 融合理工学府 創成工学専攻 教授 柳澤 要 氏

ワークショップの進め方

 「複合施設の機能について考えよう」をテーマに、グループ毎に設定したキーワードから佐倉市や新町地区の魅力や資源、課題を整理し、活性化のために必要なことについて話し合いました。

ワークシート

図書館・まちを活性化するために必要なことを考えました

 グループで意見交換を行い、最後にグループの代表者がそれぞれの意見を発表しました。
 グループワークでの意見の一部をご紹介します。

1班
キーワード活性化のために必要なこと
観光

観光ルート
外からのお客様⇔歩ける街
観光地の休憩所
佐倉の情報館/佐倉のお土産屋
広いイベント広場と観光バス駐車場(観光バスが停まれるスペース)

歴史・文化スペースの充実した資料館
子どもが佐倉の歴史に触れられる
歴史を体験
若者若者の居場所としての図書館
 学習室の充実
 明るく利用しやすい場所がほしい
子育ておはなし会
多世代交流
自然

自然が間近にある木で造られた部屋があるといい

2班
キーワード活性化のために必要なこと
利用してもらえる人が来る駅と図書館をつなぐバス(シャトルバスとか)
駐車場は必須
高校生立ち寄れるような場所
子育てを楽しくできる機能
1ヶ所でいろいろできると便利
他の機能と連携(資料→お店で買う)
イベントの出来る場所
週に複数回のマーケット(野菜等)
地産地消のレストラン
おいしいものを食べられる場所
ギャラリーの機能など
小学生の作品展示
情報発信ボランティア同士のつながり
佐倉の歴史が発信できる場所
美術館との連携
3班
キーワード活性化のために必要なこと
図書館機能

各種図書資料の充実
相談に乗れる司書の配置
赤ちゃん、子どもがのんびり本を読むことができるスペース
学生が静かに学習できるスペース
Wi-Fi対応の学習室

郷土資料

佐倉市の歴史・伝統の資料の収集と提供を充実すること
佐倉の郷土資料の展示コーナーを設けて親しみを持たせてほしい
観光客に対しては、図書資料についてわかりやすく展示し、検索できるようにする

建築バリアフリー対応
周辺の自然に親しめるような図書館
アクセス

高齢者が来やすい交通機関の整備
安くて安全、利用しやすい交通を

4班
キーワード活性化のために必要なこと
歴史・文化資料・知識を継承したい
歴史の語り部
語り部の方のお話を聞くことが出来る場所
街の中にふと立ち寄って、歴史の話、昔の話を聞けたらよい
個人が持っている日記や書き残したものを発掘しよう
展示/体験
子育て

親子で絵本を読める場所
子どもたち、特に就学前の幼児の雨の日の居場所
ものづくり 子どもたちの工房

自然

地域の魅力発信
スポットが紹介できると良い
佐倉を楽しむための資料
案内/ガイドをする人

会場の様子

ワークショップ会場の様子
グループワークの様子
ワークシート記入の様子
グループワーク結果発表

今後の予定

 次回は、「まとめ」をテーマに、1月14日(日)開催予定です。
今後の開催予定
回数日時 テーマ(案) 
第4回平成30年1月14日(日) 午後まとめ

 日時及びテーマは現時点の案です。ワークショップ参加者の皆様からいただくご意見の方向性によって変更する可能性があります。

ニュースレター

第3回ワークショップ ニュースレター

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ワークショップとは

  • 「ワークショップ」は、参加者が一緒に手を動かし、知恵を出し合いながらある成果をつくっていく集まりです。「ワーク(作業)」と「ショップ(会議の場)」が組み合わさった言葉で「市民と行政が協働で、積極的・主体的にまちづくりを考え、実行していく」ための手法のひとつです。
  • すべての参加者が自由な雰囲気の中で楽しく意見を出し、グループ内でまとめます。自由闊達な意見交換を通じて、柔軟な発想のご意見を多くいただくための手法です。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所 [室] 資産管理経営室
電話: 043-484-6110 ファクス: 043-484-1515

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.