ページの先頭です
メニューの終端です。

配偶者控除等の見直しについて (平成30年以降の所得に係る課税から適用)

[2017年12月13日]

ID:18053

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

配偶者控除等の見直しについて

 平成29年度の税制改正において、配偶者控除及び配偶者特別控除に関する以下の見直しがなされました。

 この改正は平成31年度以降の住民税に対して適用されます。 (平成30年1月1日以降の所得に対する課税について適用されます。)

配偶者控除

 控除の対象となる配偶者の合計所得金額の上限は従前のとおり38万円ですが、新たに適用を受ける納税義務者自身の合計所得金額に応じて控除額が逓減する仕組みとなります。また、納税義務者の合計所得金額に上限が設けられ、合計所得金額が1,000万円以上の納税義務者は配偶者控除の適用を受けることができなくなります。
配偶者控除の控除金額
納税義務者の合計所得金額控除額
控除対象配偶者老人控除対象配偶者
900万円以下33万円38万円
900万円超950万円以下22万円26万円
950万円超1,000万円以下11万円13万円

配偶者特別控除

 控除の対象となる配偶者の合計所得金額の上限が現行の76万円から123万円まで引き上げられます。また、新たに納税義務者自身の合計所得金額に応じて控除額が逓減する仕組みとなりますが、適用を受けるための納税義務者の合計所得金額は従前のとおり1,000万円で変更はありません。
(1) 合計所得金額900万円以下の納税義務者
配偶者の合計所得金額控除額
38万円超90万円以下33万円
90万円超95万円以下31万円
95万円超100万円以下26万円
100万円超105万円以下21万円
105万円超110万円以下16万円
110万円超115万円以下11万円
115万円超120万円以下6万円
120万円超123万円以下3万円
(2) 合計所得金額900万円超950万円以下の納税義務者
配偶者の合計所得金額控除額
38万円超90万円以下22万円
90万円超95万円以下21万円
95万円超100万円以下18万円
100万円超105万円以下14万円
105万円超110万円以下11万円
110万円超115万円以下8万円
115万円超120万円以下4万円
120万円超123万円以下2万円
(3) 合計所得金額950万円超1,000万円以下の納税義務者
配偶者の合計所得金額控除額
38万円超95万円以下11万円
95万円超100万円以下9万円
100万円超105万円以下7万円
105万円超110万円以下6万円
110万円超115万円以下4万円
115万円超120万円以下2万円
120万円超123万円以下1万円

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[税務部]市民税課

電話: 043-484-6114

ファクス: 043-486-5444

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


配偶者控除等の見直しについて (平成30年以降の所得に係る課税から適用)への別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.