ページの先頭です
メニューの終端です。

平成30年分確定申告・平成31年度市民税・県民税申告のご案内

[2019年2月1日]

ID:18101

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

1.平成30年分確定申告、平成31年度市民税・県民税申告会場案内

確定申告、市民税・県民税申告の各窓口での受付内容・期間などをお知らせします。

※平成28年分確定申告、平成29年度市民税・県民税申告から、個人番号(マイナンバー)の記載と本人確認の手続きが必要になりました

  申告書には、申告者(納税義務者)、控除対象配偶者、扶養親族の個人番号(マイナンバー)の記載が必要です。申告書提出の際には、申告者の本人確認書類の提示又は写しの添付が必要です。「2.申告に必要な書類について」をご確認ください。

   

確定申告書、市民税・県民税申告書の作成・提出

中央公民館

 期間:平成31年2月18日(月曜日)から3月15日(金曜日) (土曜日・日曜日を除く)

 時間:午前9時30分~午後3時(申告書提出のみの場合は午前9時から午後5時まで)

 作成:3階学習室   提出:3階学習室前

 ※作成は専用パソコンを使用し、申告者の皆さんにe-Taxで作成していただきます。市役所職員がサポートします。
 ※会場では、市役所職員が対応するため、申告できない内容がありますので、ご了承ください。

 

【中央公民館で申告できない内容】

  • 住宅借入金等特別控除の申告(年末調整済みのものを除く)
  • 「ふるさと納税以外」の寄附金控除の申告
  • 営業、農業、不動産、利子、配当、譲渡、一時所得に関する申告
  • 先物取引の申告
  • 雑損控除の申告
  • 外国税額控除の申告
  • 贈与税、消費税の申告
  • 準確定申告(亡くなられたかた、国外に転出されたかたに係る申告)
  • 平成29年分以前の申告
  • その他計算が複雑な申告や税務署の判断を要する内容の申告

※確定申告で上記の内容の申告をする場合は、「イオンモール成田」をご利用ください。

確定申告書の作成・相談・提出

イオンモール成田2階 「イオンホール」 (成田市ウイング土屋24)

 期間:平成31年2月14日(木曜日)から3月15日(金曜日) (土曜日・日曜日を除く。ただし、2月24日(日)・3月3日(日曜日)は開場)

 時間:作成・相談 午前9時から午後4時
     提出のみ 午前9時から午後5時

 ※平成30年分の所得税及び復興特別所得税の申告のほか、贈与税、消費税の申告もできます。
 ※イオンモール成田専門店街の開店時間は午前10時からです。そのため、午前9時から午前10時までは立体駐車場3階の連絡通路から入る、モール2階「C」入口が専用入口になります。

 

確定申告書の提出

成田税務署(成田市加良部1-15)

 期間:平成31年2月14日(木曜日)から3月15日(金曜日) (土曜日・日曜日を除く)

 時間:提出のみ 午前9時から午後5時(時間外は収受箱に提出可)

 

 

確定申告書、市民税・県民税申告書の提出

佐倉市役所1号館2階ロビー

 期間:2月18日(月曜日)から3月15日(金曜日) (土曜日・日曜日を除く)

 時間:提出 午前8時30分から午後5時15分

 

 

市民税・県民税申告書の提出

佐倉市役所各出張所・派出所

 期間:平成31年2月1日(金曜日)から3月15日(金曜日) (土曜日・日曜日、祝日を除く)

 時間:午前8時30分から午後5時15分

 

佐倉・西志津市民サービスセンター

 期間:平成31年2月1日(金曜日)から3月15日(金曜日) (土曜日・日曜日開庁、月曜日・祝日を除く)

 時間:午前9時から午後5時

 

※作成済の確定申告書、市民税・県民税申告書は郵送でも提出できます。

 控えの返送が必要なかたは、返信用封筒(宛名記入・切手貼付)を同封してください。

 【確定申告書の提出】

 〒286-8501 成田市加良部1-15 成田税務署

 【市民税・県民税申告書の提出】

 〒285-8501 佐倉市海隣寺町97番地  佐倉市役所 市民税課

 

 

 

2.申告に必要な書類などについて

申告書作成に必要なもの

【申告者全員】

  • 印鑑(スタンプ印不可)
  • 計算機
  • 筆記用具
  • 申告者名義の預貯金口座がわかるもの(申告者名義の預貯金の通帳など)

【e-Taxを利用したことのあるかた】

  • 利用者識別番号と暗証番号のわかるもの

【代理人のかた(本人分以外の申告をするかた)】

  • 申告するかた(本人)の個人番号確認書類の写し
  • 代理人の身元確認書類
  • 代理権確認書類(委任状など)

【給与所得者・公的年金受給者】

  • 平成30年分の給与所得の源泉徴収票(原本)
  • 平成30年分の公的年金等の源泉徴収票(原本)

【控除の申告に必要な書類の例】 年末調整済の控除、源泉徴収票に記載のある控除についての書類は必要ありません。

  • 申告するかた(控除対象配偶者や扶養親族など)の個人番号がわかるもの
  • 平成30年分の生命・地震保険料控除証明書(原本)
  • 平成30年分の国民年金保険料控除証明書(原本)
  • 国民健康保険税(料)、後期高齢者医療保険料の平成30年中の支払額がわかるもの(例:領収書、市から送付した「年間納付済額のお知らせ」など)
  • 平成30年中の介護保険料の支払額がわかるもの(領収書など)
  • 障害者手帳、障害者控除等対象者認定書
  • 平成30年分医療費控除の明細書または医療費通知
  • 平成30年分セルフメディケーション税制の明細書または領収書
  • 平成30年中に行った健康の保持増進や疾病の予防への取り組みを明らかにする書類(健康診断の結果通知表や予防接種の領収書など)
     ※セルフメディケーション税制適用のかた
  • ふるさと納税で支払った金額のわかるもの
     ※ワンストップ特例を申請したかたも、確定申告や市民税・県民税申告をする場合には、改めて申告が必要です
  • 昨年確定申告をしたかたは、その控え
  • 税務署から送られた「お知らせハガキ」
  • そのほか控除の申告に必要な領収書、控除証明書(原本)

 

平成29年分の医療費控除から、医療費の領収書の添付に替えて、ご自身による明細書の作成が必要になりました。詳細は、国税庁ホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

※セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)に係る詳細はこちら(別ウインドウで開く)をご覧ください。

 

本人確認に必要なもの

 申告書提出の際には、申告書に記載された個人番号が正しい番号であることが確認できるもの(個人番号確認書類)と、申告者がその個人番号の正しい持ち主であることが確認できるもの(身元確認書類)の提示又は写しの添付が必要です。

  • 番号確認書類(通知カード、個人番号記載の住民票の写し)
  • 身元確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証、年金手帳 等)

※個人番号カードがあれば、1枚で本人確認(番号確認+身元確認)が可能です。写しの場合は、表面と裏面の写しが必要です。
※申告者本人以外のかた(代理人)が申告される場合は、〔◎本人の番号確認書類の写し、代理人の身元確認書類、代理権確認書類(委任状等)〕が必要です。

 

 

3.確定申告のインターネット申告(e-Tax)のご案内

  国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」からe-Tax(別ウインドウで開く)(インターネット申告)を利用して確定申告書を作成することができます。

  • 画面の案内にしたがって必要事項を入力すれば、税額などが自動計算されます。
  • 作成した申告書は印刷(白黒可)して、税務署へ郵送で提出できます。(詳しい利用方法は、国税庁ホームページの確定申告特集(別ウインドウで開く)でご確認ください。) 

詳細をお知りになりたいかたへ

確定申告や市民税・県民税申告の詳細については、2月1日に発行されました「こうほう佐倉 確定申告、市民税・県民税申告特集号」をご覧ください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所 [税務部] 市民税課
電話: 043-484-6115 ファクス: 043-486-5444

平成30年分確定申告・平成31年度市民税・県民税申告のご案内への別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.