ページの先頭です
メニューの終端です。

【鏑木麻賀多神社本殿 附 棟札2枚】 【大佐倉八幡神社本殿】 〔佐倉市指定文化財〕

[2020年6月9日]

ID:19545

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「鏑木麻賀多神社本殿 附 棟札2枚」、「大佐倉八幡神社本殿」について

 「鏑木麻賀多神社本殿 附 棟札2枚」、「大佐倉八幡神社本殿」が佐倉市指定有形文化財に指定されました。(平成30年8月16日) 

 鏑木麻賀多神社は江戸時代後期、大佐倉八幡神社は江戸時代初期の形式・手法をよく表しており、どちらも佐倉の建築文化を知る上で貴重な建造物です。

鏑木麻賀多神社本殿 附 棟札2枚

鏑木麻賀多神社本殿の写真

鏑木麻賀多神社本殿

 佐倉市鏑木町の麻賀多神社は、土井利勝の築城以来、城下の総鎮守として藩主・藩士・領民の信仰を集めてきました。現在の本殿は天保14年(1843)に佐倉藩主の堀田正篤(のち正睦)が再建したものです。

大佐倉八幡神社本殿

大佐倉八幡神社本殿の写真

大佐倉八幡神社本殿

 大佐倉八幡神社の創祀は明らかではありませんが、明応3年(1494)に本佐倉城主千葉勝胤から、弘治3年(1557)には同胤富からそれぞれ田地が寄進されたと伝えられており、本佐倉城の鎮守のひとつであったと考えられます。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[教育委員会事務局]文化課

電話: 043-484-6191

ファクス: 043-486-9401

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.