ページの先頭です
メニューの終端です。

「減塩」のすすめ (レシピ紹介あります)

[2019年1月15日]

ID:20075

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

『減塩』のすすめ~塩分の接種を控えて、健康寿命を伸ばしましょう~

 平成29年国民健康・栄養調査結果から、食塩の摂取について、全ての年代で目標量(成人男性8g未満、成人女性7g未満)より2g程度多くとっていることがわかりました。
 この10年間で男性、女性ともに食塩の摂取は減少していますが、まだ減塩が必要です

なぜ「減塩」が必要なの?

 
 食塩を取り過ぎると血液中のナトリウム濃度が高くなり、血液の濃度を一定に保つために水分量が増え、血液量も増えます。血液量が増えると、心臓は強い力で全身に血液を送り出すため、血圧が上がります(高血圧)。
「高血圧」の状態が続くと、血管内壁が傷つき、動脈硬化を進め、さまざまな合併症を招き、健康寿命に大きく影響します。

  健康な血管を維持するために「減塩」を実践しましょう!

 

食べ方での減塩

★食塩の多い食品の食べ過ぎに注意しましょう。
 (例)塩蔵品(塩さけ、たらこ、佃煮等)、 練り物製品(はんぺん、かまぼこ等)、 肉加工品(ハム、ウィンナー等)

★しょうゆやソースなどの調味料は、かけずにつけて食べてみましょう。

★漬物は1日1回までにしましょう。

★汁物は1日1杯まで、そして野菜で具だくさんにしましょう。
 ・薄味にしても具が少ないと、汁をたくさん取り、同じ1杯でも塩分を多く摂取してしまいます。
 ・1日2杯以上汁物を飲む人は、1杯減らすと約1~1.2gの減塩になります。

★外食での食べ方に注意しましょう。
 ・ 丼物、めん類などの単品料理ばかりではなく、定食を選んでみましょう。
 ・ めん類を食べる時は、汁を飲まないようにしましょう。
 

料理での減塩

★旬の食材や新鮮な食材を使いましょう。
 ・旨味のある食品を利用しましょう。干しいたけ、昆布、かつお節、煮干しなどの天然だしがおすすめです。
 ※顆粒のだしは食塩を含んでいることがあります。

★野菜をたっぷり食べましょう。
 ・野菜や果物、いも類に多く含まれているカリウムには、ナトリウムを排出し、血圧を下げる働きがあります。

★表面に調味しましょう。   ★油を上手に使って調理しましょう。   ★こんがりと焼きましょう。

★とろみをつけて、味をからませましょう。
 ・調味料を使う量が少なくても味が薄くなりません。

★「減塩 助っ人食材」を利用しましょう。
 ・塩味以外の“風味”を効かせてメリハリをつけましょう!

減塩レシピリーフレット『減塩のすすめ』

塩分控えめ、薄味でもおいしく食べられる工夫たっぷりの献立をご紹介しています。
「調味料に含まれる塩分」や「塩分を上手な減らし方」など、減塩に役立つ情報も満載です。

 下のPDFからダウンロードできます。 ぜひ、ご活用ください(*^-^*)ノ♪

減塩レシピリーフレット『減塩のすすめ』

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

 

 

お問い合わせ

佐倉市役所 [健康こども部] 健康増進課

電話:043-485-6712  ファクス:043-485-6714

お問い合わせフォーム(別ウインドウで開く)(別ウインドウで開く)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?


「減塩」のすすめ (レシピ紹介あります)への別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.