ページの先頭です
メニューの終端です。

小出 義雄 監督を偲んで

[2019年5月13日]

ID:24621

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

小出義雄監督(80歳)が平成31年4月24日にご逝去されました。
これまでの市へのご協力に深く感謝するとともに、逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。

小出 義雄 監督 プロフィール紹介

 昭和14年  千葉県佐倉市に生まれる。
 昭和36年  順天堂大学体育学部に入学。箱根駅伝に3回出場し活躍する。
 昭和40年  千葉県立長生高等学校の教員となる。
 昭和45年  千葉県立佐倉高等学校へ移る。
 昭和53年  千葉県高校駅伝で優勝,全国高校駅伝21位に導く。
 昭和63年  リクルートランニングクラブ監督に就任。
          全日本実業団女子駅伝で優勝するなど,卓越した手腕を発揮。有森裕子,鈴木博美選手など世界              
          手権やオリンピック出場選手を育てる。
 平成 4年  バルセロナオリンピックで有森裕子選手が銀メダルを獲得する。
 平成 8年  アトランタオリンピックで有森裕子選手が銅メダルを獲得する。
 平成 9年  積水化学(株)女子陸上競技部監督に就任。
         アテネ世界陸上で鈴木博美選手が金メダルを獲得する。
 平成10年  高橋尚子選手が名古屋国際女子マラソンで日本最高記録で優勝する。
 平成12年  シドニーオリンピックで高橋尚子選手を金メダルに導く。
           (女子陸上競技で日本初の金メダル)
 平成12年  高橋尚子選手とともに佐倉市市民栄誉賞を受賞
 平成13年  佐倉アスリート倶楽部(株)設立。代表取締役になる。
         ベルリンマラソンで高橋尚子選手が世界新記録(2時間19分46秒)で優勝する。(当時)
 平成15年  パリ世界陸上女子マラソンで千葉真子選手が銅メダルを獲得する。
         常識にとらわれない指導論で世界トップレベルの選手の育成に励む女子マラソン界の名監督として、
         活躍。

市民栄誉賞来庁時の様子(2000年) 高橋尚子選手と

第34回佐倉朝日健康マラソン大会開会式の様子(2015年)

小出監督と選手の功績を刻んだ顕彰碑(岩名運動公園)

岩名運動公園陸上競技場エントランスに設置された展示ブース

岩名運動公園陸上競技場エントランスには、小出義雄監督と、監督の指導を受け国際舞台で活躍した選手たちの栄光を称え、ユニフォームなどを展示しています。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[健康こども部]生涯スポーツ課

電話: 043-484-6742

ファクス: 043-484-1677

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


小出 義雄 監督を偲んでへの別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.