ページの先頭です
メニューの終端です。

先輩職員の声(保健師) 健康増進課編

[2019年5月15日]

ID:24723

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「市民のために 市民の目線で」 健康増進課編 (保健師)

予防の視点 市民の目線

 私は健康増進課に所属し、主にお子さまや高齢者の方の予防接種に関する活動をしています。病気を予防する手段の1つである予防接種を市民の方へ受けていただくために、予防接種に関する窓口対応や電話相談、教育、広報やホームページによる周知活動、そして医療機関との契約や支払事務など幅広い業務に携わらせていただいています。保健師本来の目的である「予防」の視点を持ち続けながら、市民のために、市民にわかりやすく、と市民の目線で活動することを心掛けています。

学び合い、高め合える環境を求めて

 佐倉市では、定期的に保健師が集まり、「保健師活動検討会」を行っています。地区活動の共有、事例検討、講師を招いての勉強会等、保健師の活動をより良くする会です。保健師が「市民の方の健康を守るため」にと同じ目標に向かって真剣に取り組んでいます。保健師が学び合い、お互いに高め合える機会があり、魅力的だと感じました。自分自身もそのような環境で活動し、熱意と向上心を持ち続けて、市民の方の健康を守るために活動していきたいと思い、佐倉市を志望しました。

仕事の先に見えるもの

 保健師の役割は多岐にわたります。生まれたての赤ちゃんからご高齢の方まであらゆる方を対象として、病気の予防と健康増進に保健師が貢献していることを、職場の先輩方の活動を通して日々実感しています。
 私の活動のなかには、市民の方と直接対面しないものも含まれています。例えば、予防接種に関する啓発活動などは成果が直接的に見えにくいものです。しかし、そのような活動の積み重ねこそ感染症の予防には大切です。私の活動の一つ一つが、最終的には市民の方々の健康を守ることに繋がっていると思いを巡らすとき、保健師としてのやりがいを感じます。

サポートを受けながら

 私は、看護大学を卒業してからすぐに保健師として佐倉市に就職しました。社会人としても保健師としても1年目で、期待反面、不安な気持ちもありました。しかし、佐倉市には、新規採用職員育成担当者制度があります。1人の先輩職員が教育担当として一緒に業務をしながら、様々な面でサポートしてくれます。周りの先輩方も、迷ったときや困ったとき、「何とかしたい」と思ったときに一緒に考え、助けてくれます。勉強会や研修、他市町村の保健師とも交流できる機会も多いです。佐倉市職員としても保健師としても成長できます。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[総務部]人事課

電話: 043-484-6210

ファクス: 043-486-2500

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


先輩職員の声(保健師) 健康増進課編への別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.