ページの先頭です
メニューの終端です。

病害虫 「ツマジロクサヨトウ」の千葉県での発生について

[2019年9月12日]

ID:25237

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 ツマジロクサヨトウは外来の病害虫で、北米から南米の熱帯及び亜熱帯に生息しますが、今般 日本への侵入が確認され国内では2019年7月に鹿児島県で初めて発見されました。千葉県でも本市を含め8市町で発生しています。

 トウモロコシ、イネ、豆類、いも類、野菜類等に主に寄生し、特にトウモロコシの葉茎への食害が顕著で繁殖力も極めて強い害虫です。

 早期発見が大切です。疑わしい害虫が見られた場合には、県農林総合研究センター(病害虫防除課:043-291-6077)、所轄の農業事務所(印旛農業事務所:043-483-1124)までご連絡お願いします。

 生態その他の詳細については、(農林水産省ホームページ(別ウインドウで開く)(別ウインドウで開く))を参考にしてください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所 [産業振興部] 農政課
電話: 043-484-6141 ファクス: 043-484-5061

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.