ページの先頭です
メニューの終端です。

【台風第15号、第19号、10月25日の大雨で被災された皆様へ】 被災者支援制度のご案内

[2019年11月12日]

ID:25604

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

災害ワンストップ窓口の開設

11月11日(月)より、令和元年台風第15号からの災害により、被災された方々の各種申請やご相談を、一つの窓口でお受けする「災害ワンストップ窓口」を開設します。

受付窓口・時間

佐倉市役所2号館1階

平日 午前8時30分~午後5時15分 (被災住宅への支援については、土・日・祝日も開設)

罹災証明書・被災証明書の申請を受け付けています

住宅などが被災したかたが、公的サービス利用料の減免や保険金、融資などの申請で必要となる「罹災証明書」と「被災証明書」の交付申請を受け付けています。詳細は、【罹災証明書・被災証明書(風水害用)の発行について】のページをご覧ください。

※家屋などを修繕する前に、被害状況のわかる写真を撮っておいてください。

証明書の種別

【罹災証明書】
住家などの被害の程度(全壊、大規模半壊、半壊、一部損壊など)を市が証明するもの

【被災証明書】
住家以外の動産(外構、門扉、車両、家財など)が被災したことを市が証明するもの
※被害の程度を証明するものではありません。

受付窓口・注意事項など

受付窓口・時間

佐倉市役所 危機管理室(市役所社会福祉センター3階)

平日 午前8時30分から午後5時15分 (土曜日・日曜日・祝日をのぞく)

持ち物

・印鑑

・全景と被害の状況がわかる写真

注意事項

・電話での申請は受け付けていません。

・即日発行はできません。

・罹災証明書の発行については、証明願に基づき、現地調査(日時指定不可)を実施します。外観目視による調査のため、立ち会いは不要です。

具体的な支援制度

11月5日時点の情報です。支援の内容は今後追加・変更となる可能性があります。

(※) 〇:支援を受けるために罹災証明書が必要となります。
    -:支援を受けることができません。

見舞金・支援制度など 
【経済・生活面の支援】支援内容問い合わせ
(担当課等)
罹災証明書(※)
全壊大規模
半壊
半壊一部
損壊
災害弔慰金(県・市)死亡した方のご遺族に対して弔慰金を支給いたします。社会福祉課
484-6135
支給の基準は、罹災証明書の基準とは異なります。
千葉県災害見舞金
災害障害見舞金
災害により、重度の障害を受けた方へお見舞金を支給いたします。※千葉県災害見舞金のみ、住居が全壊した場合も対象社会福祉課
484-6135
支給の基準は、罹災証明書の基準とは異なります。
佐倉市災害見舞金災害により、住家が半壊以上または床上浸水した世帯に見舞金を支給します。
また、1か月以上の負傷に対しても支給される場合があります。
危機管理室
484-6131
床上浸水
のみ
被災者生活再建支援制度災害により居住する住居が全壊するなど、生活基盤に著しい被害を受けた世帯に対して支援金を支給します。危機管理室
484-6131
解体のみ-
佐倉市社会福祉協議会災害見舞金住家が半壊・全壊した場合、死亡、入院治療が1か月以上の重傷を負った場合に見舞金を支給します。社会福祉法人
佐倉市社会福祉協議会
484-6200
床上浸水のみ
千葉県共同募金会佐倉市支会災害見舞金住家が半壊・全壊した場合、死亡、入院治療が1か月以上の重傷を負った場合に見舞金を支給します。社会福祉法人
佐倉市社会福祉協議会
484-6200
床上浸水のみ
住民票の写し等や税に関する証明書手数料の免除災害により被害を受けた方が、災害に関する諸手続きのため住民票の写し等や税に関する証明書が必要な場合、申請に基づき手数料が免除になります。

※自動交付機又はコンビニ交付サービスによる場合は免除を受けられません。
※一度交付された証明書について、事後に免除(還付)を受けることはできません。
【住民票の写し等】
市民課
484ー6121

【税に関する証明書】
市民税課
484-6223
資産税課
484-6216
収税課
484-6116
証明書(原本)の提示が必要です。
生活資金の貸付
【経済・生活面の支援】支援内容問い合わせ
(担当課等)
罹災証明書(※)
全壊大規模
半壊
半壊一部
損壊
災害援護資金貸付制度世帯主が負傷したり住居や家財等に被害があった世帯の生活立て直しのための資金の貸付を行います。社会福祉課
484-6135
-
災害援護費災害を受けたことにより臨時に必要となる経費を貸付します。社会福祉法人
佐倉市社会福祉協議会
484-6200
-
国民健康保険など
【経済・生活面の支援】支援内容問い合わせ
(担当課等)
罹災証明書(※)
全壊大規模
半壊
半壊一部
損壊
佐倉市国民健康保険税の減免災害等で住居又は家財に甚大な損害を被った場合に保険税を減免します。
対象となる期間は、災害の起こった日以降翌年度末までの範囲内で、当該年度分の申請日以降に到来する納期に係る保険税額です(既に納付済みの保険税額については対象になりません)。
※詳しくはお問い合わせください。
健康保険課
484-6125
-
国民健康保険の一部負担金の減免・徴収猶予制度災害により著しい損害を受け、月額収入額が一定の基準以下等の認定基準に当てはまる方は、医療機関に支払う窓口負担金を減免したり徴収を猶予する制度があります。健康保険課
484-1783
免除の審査基準は、罹災証明書の基準とは異なります。
後期高齢者医療保険料及び一部負担金の減免・猶予災害により住宅や家財などに著しい損害を受けたとき、損害の程度により保険料や医療機関で支払う一部負担金が減免・猶予される場合があります。
※詳しくはお問い合わせください。
健康保険課
(後期高齢者医療担当)
484-6136
-
国民年金保険料の免除
【第1号被保険者】
災害により、被保険者の所有に係る住宅、家財その他の財産につき、被害金額がその価格のおおむね2分の1以上の損害を受けたときは、申請に基づき国民年金保険料が免除になります。幕張年金事務所
212-8621
-
介護保険
【経済・生活面の支援】支援内容問い合わせ
(担当課等)
罹災証明書(※)
全壊大規模
半壊
半壊一部
損壊
介護保険料の減免・徴収猶予災害等により住宅・家財等に大きな損害を受けたとき、損害の程度により介護保険料が減免される場合があります。
※詳しくはお問い合わせください。
高齢者福祉課
484-6187
-
経済・生活面の支援:介護保険利用者負担金(利用料)所有する住宅・家財などに半壊以上の損害を受けた場合、申請に基づき介護保険サービス利用料が減額される制度があります。減額の割合は所得により異なりますので、詳しくはお問い合わせください。高齢者福祉課
484-6174
-
障害福祉
【経済・生活面の支援】支援内容問い合わせ
(担当課等)
罹災証明書(※)
全壊大規模
半壊
半壊一部
損壊
特別児童扶養手当
障害児福祉手当
特別障害者手当
【認定請求書の特例】
やむを得ない理由により認定請求ができなくなった場合、その理由がやんだ後15日以内に認定請求をしたときは、認定請求をすることができなくなった日の属する月の翌月分から手当てを支給します。障害福祉課
484-4164
罹災証明書は不要です。
特別児童扶養手当
障害児福祉手当
特別障害者手当
【所得制限の特例】
損害を受けた月から翌年の7月までの手当について、所得制限の特例措置を受けることができます。
※特例措置を受けた場合について、損害を受けた年の所得が政令で定める額以上であるときは、支給された額の全部または一部を返還する必要があります。
障害福祉課
484-4164


※原則
子育て
【経済・生活面の支援】支援内容問い合わせ
(担当課等)
罹災証明書(※)
全壊大規模
半壊
半壊一部
損壊
母子父子寡婦福祉資金貸付金の緩和措置母子・父子家庭、寡婦の方に対する資金の貸付対象となる方が被災した場合、償還金の支払猶予等の緩和措置が申請できます。児童青少年課
484-6140
審査の基準は、罹災証明書の基準と異なります。
市税
【経済・生活面の支援】支援内容問い合わせ
(担当課等)
罹災証明書(※)
全壊大規模
半壊
半壊一部
損壊
市・県民税の減免(個人)災害により本人、配偶者又は扶養親族の所有に係る住宅又は家財が10分の3以上の被害にあわれ、前年の合計所得金額が1,000万円以下の方は、被害割合に応じて市県民税の減免を受けられる制度があります。
※詳しくはお問い合わせください。
市民税課
484-6115
証明書を求める場合があります。
(減免の基準は、罹災証明書の基準とは異なります)
固定資産税・都市計画税の減免災害により、所有されている固定資産が著しく価値を減じた場合、損壊の程度に応じて納期未到来分の固定資産税・都市計画税を10分の4から10分の10までの割合で減免を受けられる制度があります。
※詳しくはお問い合わせください。
資産税課
484-6119(土地)
484-6120(家屋)
484-6252(償却資産)
-
市税等の徴収猶予被害の状況に応じて徴収を猶予する制度があります。
※詳しくはお問い合わせください。
収税課
484-6118
証明書の提出が必要です。
(罹災証明書の基準とは異なります)
住宅
【住まいの確保・再建のための支援】支援内容問い合わせ
(担当課等)
罹災証明書(※)
全壊大規模
半壊
半壊一部
損壊
住宅の応急修理
(台風第15号関連のみ)
住宅の応急的な修理に対して支援制度があります。
半壊・一部損壊は、自らの資力では応急修理することができない方。
※このほか制限・要件等がありますので、詳しくはお問い合わせください。
住宅課
484-6168

※左記
住宅の復旧・修理補助
(台風第15号関連のみ)
住宅の屋根や外壁などの修理に対して、支援制度があります。
※要件・限度額がありますので、詳しくはお問い合わせください。
建築指導課
484-6169

※左記

※左記
災害復興住宅融資(独)住宅金融支援機構による災害復興住宅融資を利用できます。(独)住宅金融支援機構 
災害専用ダイヤル
0120-086-353
住宅被害相談ちば安心住宅リフォーム推進協議会による電話相談窓口があります。ちば安心住宅リフォーム推進協議会
0120-331-772
県営住宅等の無償提供県営住宅、国家公務員合同宿舎、県教職員住宅を無償で提供しています。
※一部損壊でも継続して居住が困難な場合は、要相談

千葉県住宅課
223-3222
(教職員住宅のみ)
千葉県教育庁福利課
223-4123
賃貸型応急住宅県では、住宅に甚大な被害を受けた方に対し、応急仮設住宅として民間賃貸住宅を借り上げて提供する事を実施しています。
※半壊(大規模半壊を含む)は個別相談となります。
住宅課
484-6168
事業者
【事業者の支援】支援内容問い合わせ
(担当課等)
罹災証明書(※)
全壊大規模
半壊
半壊一部
損壊
中小企業融資制度
(台風15号・19号のみ)
中小企業・小規模事業者は、日本政策金融公庫や千葉県等による資金融資の実施、信用保証協会による保証(セーフティネット4号の適用)等を受けることができます。
支援制度により内容・条件等が異なりますので特別相談窓口等へお問い合わせください。
(特別相談窓口)
日本政策金融公庫
・中小企業事業
0120-327790
・国民生活事業
0120-112476
商工中金
0120-542-711
千葉県信用保証協会
043-221-8111
佐倉商工会議所
043-486-2331
千葉県中小企業団体中央会
043-306-3281
千葉県商工会連合会
043-305-5222
(千葉県制度融資窓口)
千葉県商工労働部経営支援課
金融支援室
043-223-2707
支援制度により必要となる場合がありますので、特別相談窓口等へお問い合わせください。
農業者
【農業者の支援】支援内容問い合わせ
(担当課等)
罹災証明書(※)
全壊大規模
半壊
半壊一部
損壊
被災農業者支援
(台風15号・19号のみ)
農産物の生産・加工に必要な施設・機械の再建・修繕等を支援する制度(強い農業・担い手づくり総合支援交付金・被災農業者支援型 など)があります。支援対象により制度が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。農政課
484-6142
支援の基準は、罹災証明書の基準と異なります。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[室]危機管理室

電話: 043-484-6131

ファクス: 043-486-2502

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.