ページの先頭です
メニューの終端です。

空間放射線量率及び給食食材放射能測定の測定体制について

[2020年3月25日]

ID:26244

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 市では、東京電力福島第一原子力発電所の事故の発生により、市民の皆様の健康と安全・安心な生活環境を確保するため、平成23年5月から空間放射線量率の測定を、平成24年2月から小中学校と公立及び民間の保育園等で給食食材の放射能検査を実施してきましたが、令和2年度から測定体制を変更することになりましたので、お知らせいたします。

空間放射線量率の測定体制について

 空間放射線量率は、事故直後の状況に比べて大きく低減化しており、全ての地点で対策目標値を下回っていることから、下記のとおり測定頻度を変更いたします。

空間放射線量率の測定頻度
 令和元年度まで令和2年度から 
保育園及び学校関係  月1~2回年3回 
 公園及び道路側溝 年1回年1回(変更なし) 
500mメッシュで実施している測定年間430地点程度測定令和2年度まで測定
を実施し終了予定

給食食材放射能測定の測定体制について

 給食食材の放射能検査は、これまで1万検体以上の測定を実施した結果、基準値を超過する食材がなかったこと、食品衛生法で食品中の放射性物質の基準値が設けられ、基準値が守られるよう食品の検査を行う仕組みがあることから、下記のとおり測定体制を変更いたします。
給食食材の放射能測定体制
 令和元年度まで令和2年度から
小中学校各校2食材
月1回
10食材程度
年3回
保育園

各園2食材
年11回程度

分析体制自主分析
(測定器2台保有)
委託分析

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市 環境部 生活環境課
電話: 043-484-6150 ファクス: 043-486-2504

空間放射線量率及び給食食材放射能測定の測定体制についてへの別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.