ページの先頭です
メニューの終端です。

国立歴史民俗博物館と「災害時等における施設の一時利用に関する協定書」を締結しました

[2020年10月14日]

ID:26358

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「災害時等における施設の一時利用に関する協定書」の締結について

 佐倉市と国立歴史民俗博物館は、災害時等における市民や来館者の生命・身体及び財産の安全確保を目的に、「災害時等における施設の一時利用に関する協定書」を締結しました。

協定年月日

 令和2年3月25日(水)

協定内容

 国立歴史民俗博物館は、昭和58(1983)年に開館以来、日本の歴史と文化に関する総合的研究を推進するための博物館、また、大学を中心とする全国の研究者と共同し、調査研究・情報発信等を進める大学共同利用機関として機能してきました。さらに、国立歴史民俗博物館は佐倉城址の一部に建設され、隣接する佐倉城址公園とともに市民に親しまれてきました。
 開館当初より協力関係にあった国立歴史民俗博物館と佐倉市ですが、地域の歴史・文化を基盤とした地域社会の発展と教育・生涯学習の推進に資することを目的とし、平成28年2月には、「国立歴史民俗博物館と佐倉市との連携・協力に関する協定書」を締結しております。
 今回締結する協定は、佐倉市域に災害が発生または発生するおそれがあり、公共交通事業者や市民などが所有する車両の避難が必要となる場合に、国立歴史民俗博物館の施設の一時利用等(例:駐車場の使用)についてご協力いただくものです。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[室]危機管理室

電話: 043-484-6131

ファクス: 043-486-2502

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


国立歴史民俗博物館と「災害時等における施設の一時利用に関する協定書」を締結しましたへの別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.