ページの先頭です
メニューの終端です。

令和2年度 西田市長フォトレポート

[2020年8月11日]

ID:26904

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和2年度 市長Diaryこちらから

令和2年8月フォトレポート

8月6日

佐倉市優良建設業者表彰(応接室)

 令和元年度の佐倉市優良建設業者表彰が行われ、市長表彰 1社、上下水道事業管理者表彰 3社が表彰されました。

 《市長表彰》

     ・インバ建設 株式会社(市長表彰6回目)

 《上下水道事業管理者表彰》

     ・有限会社 石坂工業(上下水道事業管理者表彰2回目)

     ・高橋水道 株式会社(上下水道事業管理者表彰1回目)

     ・インバ建設 株式会社(上下水道事業管理者表彰3回目)

8月5日

ズーム・ティーより哺乳瓶寄贈(応接室)

 株式会社ズーム・ティー 代表取締役河合とも子様より、哺乳びんのご寄付をいただきました。

SobaCafe301より動物対への寄付(応接室)

 『崖の上のヤギ』を題材にオリジナルグッズを販売している市内のライブカフェ渡辺様より販売収益の一部を佐倉市の動物対策に役立ててほしいとご寄付をいただきました。

 また、市内の画家、稲垣利暁さんがイラストを担当した、ヤギが主人公の絵本『がけのうえのやぎ』も完成し、市内の保育園に送られました。

8月4日

コロナ集団感染防止に向けた取組(市内カラオケ店)

 先日、佐倉市内でのカラオケ店において、新型コロナウィルスのクラスター(患者の集団)が発生しました。

 市内の事業者の皆様におかれては、感染拡大防止に向け、それぞれ対策を取っていただいているところですが、市では、今回感染拡大防止に向けた新たな取り組みとして、『佐倉市安心取組宣言』のポスター、ステッカーを作成し、市内事業者の皆様への更なる『身体的距離の確保』、『手指消毒の実施』、『室内の清掃と消毒の実施』、『換気の実施』、『マスクの着用』をお願いいたしました。

 今後、商工会議所や各商店会等を通じて、取り組みを広げてまいりますので、お店を安心してご利用するための一つの目安としてご活用ください。

 新型コロナウィルスの感染拡大防止と経済活動の継続を両立するため、市として今後も全力で取り組んでまいりますので、事業者の皆様のご協力をお願いいたします。

8月2日

秋季市民野球大会抽選会(社会福祉センター3階会議室)

 秋季市民野球大会の抽選会が、社会福祉センター3階中会議室で行われました。

令和2年7月フォトレポート

7月29日

中小企業同友会佐倉支部 例会(ウィシュトンホテル・ユーカリ)

 千葉県中小企業家同友会佐倉支部の7月例会がウィシュトンホテルで開催されました。
 今回は『コロナ・非常事態宣言負けない経営とは?!』と題し、以下の講演が行われました。

【講演1】 (株)共同工芸社 代表取締役  箕輪晃氏
 共同工芸社が、コロナ禍のなか、コロナ重篤患者治療(ICU)や麻酔科医師が手術台で使用するエアロゾルボックスを製作し、医療従事者に50台を無料配布。

【講演2】医療法人芙蓉会五井病院 病院長  加藤 良二氏
 急性期医療の医師としてコロナ対策と経営者へのアドバイス。

7月28日

建設業防災協会による環境美化活動(上勝田地先)

 佐倉市建設業防災協会が社会貢献の一環として、上勝田地先の不法投棄現場の環境美化活動を行っていただきました。

 今回、こうした地域とのつながりを大切にした美化活動は、大変ありがたく心強く感じております。

 佐倉市建設業防災協会と佐倉市は、平成26年に『災害時等における応急対策の活動協力に関する協定』を締結し、災害時の応急復旧対策をはじめ、平時の防犯パトロールを通した地域の見守り活動など、日頃から佐倉市の様々な事業にご協力をいただいております。
 昨年秋の千葉県を襲った台風に伴う強風による倒木被害や大規模停電、また、記録的な豪雨等による土砂災害などが発生いたしましたが、その際、倒木の処理から土砂の撤去に至るまで、昼夜を問わず多大なるご協力をいただきました。
  市といたしましては、災害からの被害を最小限に抑えるため、佐倉市建設業防災協会と連携を図り、防災・減災対策に取り組んでまいります。
 

7月26日

佐倉市消防団新入団訓練(消防組合駐車場)

 佐倉市消防団の新入団員を対象とした訓練が消防組合で行われました。
 消防団は、市民を守るため、火災や災害時はもとより、平時の啓発活動など昼夜を問わず活動しております。
  昨年、佐倉市を襲った台風15号、19号、そして10月25日の大雨では、延べ1,540名の消防団員の方々に支援をいただきました。
7月の九州地方での大雨による多くの人命が失われた甚大な被害の発生など、火災や台風災害は、いつ起こるかわかりません。
 市民の安心安全を守るために、今後も消防団をはじめ、消防署などの関係機関との連携した活動が必要不可欠であります。

7月20日

農業委員任命式(議会棟委員会室)

 農業委員の任命式が行われました。
 農業委員の皆様には、それぞれの地域の実情を把握するなかで、佐倉市の農業振興がさらに推進するよう、ご指導・ご協力をお願いいたします。

日本生命との連携協定調印式(応接室)

 日本生命保険相互会社船橋支社と『連携協力に関する包括協定を締結しました。
 市は、令和元年11月に「佐倉市との高齢者見守り協力事業者ネットワーク事業に関する協定」を同社と締結しており、現在も高齢者の見守りにご協力をいただいております。
 今回の協定は、これまで築いてきたた連携協力関係を、将来に向けてさらに発展させていくため、連携協力に関する包括協定を締結することになったものです。
 市といたしましては、このたびの協定締結を契機に、健康増進・疾病予防や児童・青少年の健全育成など、より幅広い分野において、双方が有する人的・物的資源を有効活用し、市民福祉の向上や地域の活性化等を図ってまいります。

7月17日

7月臨時議会(議場)

 7月臨時議会が開催されました。
 市では、新型コロナウイルス感染症の影響により、引続き、厳しい状況が続いている市民・事業者の皆さまへの、より効果的な追加の支援策として取りまとめました。
 この支援策は、日常生活の維持を目的とした「子育て世帯・保育業務従事者向けの支援」、社会活動の継続を図ることを目的とした「事業者・農業者支援」、また、地域医療機関への支援や子どもたちの学校環境の整備など、「新しい生活様式」を踏まえた支援・施策となっております。
 市民生活の回復と社会経済活動を維持・継続するため、これら支援策を早急に講じてまいります。

7月16日

京成電鉄マスク寄贈(応接室)

 京成電鉄株式会社様より、マスクのご寄付をいただきました。
 市では、新型コロナウイルス感染症の影響により、引き続き、厳しい状況が続いている市民・事業者の皆さまへの対策を進めております。いただいたマスクは、これら支援策とともに有効活用させていただきます。

原水爆禁止国民平和大行進(市役所正面玄関前)

 『2020年原水爆禁止国民平和大行進』の出発式が市役所正面玄関前で行われました。

この平和大行進は、核兵器廃絶に向け、毎年行われているものです。

今回は、コロナ禍のなか従来型の行進は行わず、車で移動しスポット宣伝を行いながら、四街道市文化センターまで移動しました。

7月10日

印旛衛生施設管理組合臨時議会(印旛衛生施設)

 印旛衛生施設管理組合の臨時議会が開催されました。

7月8日

消防組合臨時議会(消防本部)

 佐倉市八街市酒々井町消防組合の臨時議会が開催されました。

7月1日

東京電力パワーグリッド(株)成田支社との災害時のおける連携基本協定締結(八街市役所)

 災害時における停電復旧の連携等に関する基本協定等締結式が八街市役所で行われました。

 今回の協定締結は、昨年秋の台風15号がもたらした被害として、強風にともなう倒木等による大規模な停電や農業施設など、特に多くの被害が見受けられた、佐倉市、八街市、山武市、富里市、酒々井町の4市1町が一同に会し、東京電力パワーグリッド株式会社成田支社と協定締結を行ったものです。

 冒頭、八街市長の挨拶後、各市町がそれぞれ東電側と協定書の取り交わしを行いました。

【協定の内容】

  『災害時における停電復旧作業および啓開作業に伴う障害物等の除去に関する覚書』

  『災害時のおける電源車のは配備に関する覚書』

  『災害時における連絡調整員の派遣に関する覚書』の3つです。

集合写真左から、 佐倉市長、富里市長、山武市長、東電支社長、八街市長、酒々井町長

令和2年6月フォトレポート

6月29日

北総中央用水幹事会(北総中央農業水利中央管理所)

 北総中央用水土地改良区第61回監事会が開催されました。
  【議案】
   1、令和2年度監査計画
   2、令和元年度決算監査
   3、令和元年度監査報告
   4、令和2年度一般会計収支補正予算の承認

6月24日

(株)エイトス 次亜塩素酸水寄附(応接室)

 株式会社エイトス様より、消毒用の次亜塩素酸水のご寄附をいただきました。

6月18日

商工会議所 塚田会頭よりマスク寄贈(応接室)

 商工会議所の会頭である塚田雅二様(個人)より、マスクのご寄付をいただきました。

 塚田様は、市民憲章推進協議会会長も務められており、これまでの功績により旭日小綬章を受章されております。

6月9日

コカ・コーラボトラーズジャパンより飲料水寄贈(応接室)

 コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社様より、コカ・コーラをはじめとした飲料水70箱のご寄付をいただきました。
 市では、障害者施設での夏場の水分補給として活用させていただきます。

6月8日

6月議会定例会開会(議場)

議会6月定例会が開会されました。

【議会日程】 6月 8日      招集日

          10日~12日 一般質問

          15日~18日 常任任委員会

          22日      最終日

 

6月4日

定例記者会見(市役所会議室)

 議会6月定例会前の定例記者会見が行われました。

 今回は、新型コロナウィルスの感染症拡大を防止するため、3密(密閉,密集,密接)を避ける目的で、ZOOMを利用したリモートによる記者会見を行いました。

6月2日

特別定額給付金作業視察(市役所会議室・中央公民館)

令和2年5月フォトレポート

5月28日

消防組合新規採用職員訓示(消防組合)

 佐倉市八街市酒々井町消防組合において、今年度の新規採用として配属された13名の職員による訓練の視察と並びに訓示を行いました。

5月27日

PCR検査検体採取デモ視察(健康管理センター)

 PCR検査検体採取のデモンストレーションが実施されました。

 これは、公益社団法人印旛市郡医師会が、新型コロナウイルスの検査体制を強化するため、感染が疑われる人の検体を採取するための『PCR検体採取センター』を、同医師会が管轄する地域に設置したものであります。

 このセンターは、印旛郡9市町をワゴンタイプの検査車両で巡回を行い、ウォークスルー方式で検査を行うもので、運用に先立ち、佐倉市内に置いてデモンストレーションが行われたものです。
 デモンストレーションには、印旛市郡医師会の医師や医療関係者など、多くの方が視察に見えておりました。
 今後、新型コロナウィルスの第2波、第3波に備えた医療体制の拡充に向け、佐倉市としても積極的に協力・支援してまいります。

5月26日

(株)SWAT布製マスク寄贈(応接室)

 (株)SWAT様より布製マスクのご寄付をいただきました。

写真左から 寄付者(株)SWAT黒川社長、西田市長

5月20日

佐倉市建設業防災協会マスク寄贈・ライオンズクラブ非常食寄贈(応接室)

 一般社団法人佐倉市建設業防災協会より、マスクのご寄付をいただきました。

 建設業防災協会は、土木、電業、管工事、造園などの市内事業者で構成されており、災害時においては、土嚢の設置や土砂・倒木の撤去などの様々な災害対応業務を担っていただいている団体であります。

 また、併せまして、ライオンズクラブ様からも昨年秋の災害に対する非常食のご寄付もいただきました。

写真1 佐倉市建設業防災協会

左から(株)赤門 山下様、(株)志津ガーデン 鈴木様、(株)佐栄電気 佐藤様、市長、(株)佐藤興業 佐藤様、齋藤市議

写真2 ライオンズクラブ

左から市長、(株)赤門 山下様、齋藤市議

5月18日

青年会議所マスク消毒液寄贈(応接室)

 社団法人佐倉青年会議所から、子ども用マスクと消毒液のご寄付をいただきました。

 佐倉青年会議所は、「わんぱく相撲佐倉場所」や「長嶋茂雄旗争奪少年野球大会」などの青少年健全育成をはじめ、毎年夏の佐倉市民花火大会での勇壮な「手筒花火」、佐倉朝日健康マラソン大会等における積極的なボランティア活動等、さまざまな地域活動に精力的に取り組んでこられ、今年、創立45周年を迎えられました。

草ぶえの丘バラ園視察(草ぶえの丘)

 佐倉草ぶえの丘バラ園は、2006年(平成18年)に草ぶえの丘敷地内(広さ約8,500㎡)に開園しました。

 園内には、オールドローズを中心に約1,250種類、2,500株のバラを植栽し管理しています。

 施設整備は、初年度からNPOバラ文化研究所を中心に、年間延べ3,400人ほどのボランティアの皆様により管理されております。また、園内はいくつかのテーマに分かれ、原種・オールドローズの歴史や特色が一目でわかるように植栽されております。

 現在、草笛の丘は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月8日(水)から当面の間、臨時休園させていただいておりますが、施設再開の際には多くの皆様にご覧いただければ幸いです。

5月15日

臨時議会開催(議場)

 5月15日に、佐倉市議会臨時議会が開催されました。

5月11日

佐倉市事業者総合相談窓口を開設(市役所1号館2階)

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を受けている事業者を対象に、給付金やセーフティネット保証制度をはじめとする各種支援策等に関する相談を受け付ける「佐倉市事業者総合相談窓口」が市役所1号館2階に設置されました。

株式会社旭鶴 消毒液寄贈(応接室)

 市内の造り酒屋である株式会社旭鶴さんより、消毒用アルコールのご寄付をいただきました。

 同社は、新型コロナウィルスの蔓延による手指消毒用アルコール不足に対応するため、通常の消毒用エタノールの代替えとして醸造用アルコールを使用した消毒液(アルコール度数64%)の製造をはじめました。

 今回、製造した初の消毒用アルコールとして、市にご寄付をいただきました。

 

 

株式会社パシフィックプロジェクト代表萩原氏 訪問(応接室)

 市内でイタリア料理店を経営されている株式会社パシフィックプロジェクト代表萩原氏が来庁されました。
 同社は、今回の新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の中で出産をされる市内の妊産婦さん全員を対象に、ローマ教皇来日時に提供したデザート「ティラミス」を無償提供するとのことです。
 代表の萩原氏からは、「出産のため入院されている産婦さんは、面会禁止や立合い分娩の中止など、精神的不安の中、ガンバっている。出産を控えた方に少しでもほっとしてもらえる贈り物になればとのことでした。

令和2年4月フォトレポート

4月30日

マスク寄贈(応接室)

 コロナウィルスの感染拡大により、マスクの入手が大変困難となっている中、マスク5,500枚のご寄付をいただきました。
 ≪寄付の申し出者≫
   兪明鶴さん(東京中央ロータリークラブ)
   崔梅花さん(茗渡国際貿易株式会社代表)

≪写真 左から≫
   崔梅花さん 兪明鶴さん 西田市長 敷根市議

4月不定期

コロナ関連会議(市役所会議室)

 コロナ関連対策本部が不定期で開かれております。

 3月までの会議は、『佐倉市健康危機事案対策本部』として開催しておりましたが、4月の緊急事態宣言後には『佐倉市新型コロナ感染症対策本部』として新たに開催しております。

4月1日

消防団委嘱式(応接室)

 佐倉市消防団の委嘱状交付式が行われました。

入庁式(市役所会議室)

 佐倉市役所入庁式が行われました。

 今回、新たに24名(男性10名、女性14名)が佐倉市職員として採用となり、西田市長から一人ひとり辞令が手渡されました。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[企画政策部]秘書課(秘書班)

電話: 043-484-6100

ファクス: 043-486-2509

電話番号のかけ間違いにご注意ください!


ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.