ページの先頭です
メニューの終端です。

令和2年度佐倉市水道事業予算の概要

[2020年4月10日]

ID:27046

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和2年度予算について

予算の概要

 当初予算では収益的収入及び支出において、収入を41億7333万1千円(対前年度比約1.0%増)、支出を42億9328万円(対前年度比約12.1%増)と予定しております。
 収入のうち水道料金が35億460万円で約84.0%を占めています。
 支出のうち水源から各ご家庭の蛇口まで飲み水をお届けするのに要する営業費用(受水費、減価償却費、人件費、動力費等)として41億6937万6千円を見込んでいます。なお、配水する水の量は1752万立方メートルと見込んでいます。
 資本的収入及び支出は、収入を1億3862万円(対前年度比約0.8%減)、支出を24億3835万6千円(対前年度比約1.6%増)と見込んでいます。
 支出のうち主要事業として水道管の耐震化等の改良事業が15億3846万円、浄水場設備等の更新事業で1億9610万円を見込んでいます。

※数字は税込

令和2年度予算収益的収支
支出収入

営業費用 4,169,376
 (受水費 1,520,628)
 (減価償却費 1,138,641)
 (人件費 270,080)

営業収益 3,629,912
 (水道料金 3,504,600)
営業外費用等  123,904
(支払利息   35,090)
営業外収益等  543,419
(長期前受金戻入 368,088)
支出計   4,293,280収入計  4,173,331
令和2年度予算資本的収支
支出収入
改良費 2,029,560
営業設備費 198,977
企業債償還金 105,986
事務費等 103,833
負担金 18,643
国県支出金 20,052
固定資産売却代金 99,925
 《自己財源等 2,299,736》
支出計  2,438,356 収入計 138,620
単位:千円 ( )内は主なもの

水道事業会計について

 水道事業は、地方公営企業法によって水道施設を使った人から使った程度に応じて水道料金を負担していただく「受益者負担の原則」により独立採算制で運営されています。
 このうち、皆さんのご家庭の蛇口まで水を送り届ける営業活動の経費は主に水道料金収入でまかなわれ、水道管の耐震化などに要する経費は負担金や自己財源でまかなわれます。前者を収益的収支、後者を資本的収支として経理上区分しています。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[上下水道部]上下水道部

電話: 043-485-1191

ファクス: 043-485-1194

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.