たんたん山

 六崎は若宮の坂のすぐ上、葦原に清水の流れ出ているあたりは、俗に「たんたん山」と呼ばれている。なんとおもしろい名前であろうか。
 この名「たんたん山」の由来はこうである。
 むかしむかしこの山の上に、六崎六郎という武士が住んでいた。大変立派なお屋敷の大きな門は、あけたてするたびに「ギーッ」と音をたてる。付近の農民はこの音を合い図に働いた。門の開く音をきくと、朝食を食べて田畑に行き、夕方には、この音で仕事をやめて夕餉の支度にとりかかるのだそうだ。
 武士の屋敷のことだから、農民はほとんどいったことなどないが、そこには清水が噴水のように湧き出て、やがて滝のように落ちて田んぼに続いていた。その流れは「たんたん」と流れていたので、だれ言うとなく「たんたん山」と呼ぶようになったという。そのあたりには今もなお、小さな清水が流れている。
 ちなみに六崎六郎は、千葉系図によれば、千葉常胤の孫胤朝、六崎六郎と称してここに住まい、六崎氏の祖となったが、その子は六崎兵衛尉、孫は六崎兵衛太郎と称したという。
 胤朝の叔父日胤が三井寺におり、律静房と称しながら以仁王の軍に従い、自ら6人の敵兵を殺し、遂に光明山で戦死したのが治承4年(1180)であるから、六崎氏がここに住んでいたのは、やはり鎌倉初期であろうか。


<出典>
佐倉市史編さん委員会発行『たんたん山』
佐倉市教育委員会発行『佐倉細見』