Vol.1 Oyama's Family|Story of Sakura Life 〜さくらのくらし〜|さくらでくらす〜想いを咲かせるまち、佐倉。〜

さくらでくらす〜想いを咲かせるまち、佐倉。〜

佐倉市定住促進プロジェクト

定住に関するお問い合わせ

Vol.1 自然と歴史を感じられる心落ち着く佐倉は、暮らしや子育てを豊かなものにしてくれます。

family profile小山さんご家族

在住2年目。俊介さんは福井県、幸代さんは大阪府出身。自然の多いまちで子育てしようと佐倉を選び、都内から転居した。俊介さんは都内に通勤している。児童センターで子育て仲間と出会い、お気に入りの公園や自然のスポットを楽しみ、商業施設を活用する、まさに快適な佐倉ライフを送るファミリー。

Q

都内から引っ越して来られたきっかけは?

俊介さん 生まれ育ったのは僕が福井県、妻は大阪府で、二人とも関東は知らない土地でした。結婚後は都内に住んでいましたが、子どもが生まれることになって自然の多いまちへ引っ越そうと検討した結果、都心に通勤しやすく自然豊かな佐倉に行き着きました。都心から約1時間で、持ち家をリーズナブルに新築できることも決め手になりました。
幸代さん 実は私の職場の上司が佐倉から通っていて、「いいところだよ」とすすめてくれたのが直接のきっかけです。私自身はにぎやかな街で育ちましたが、自分の子は自然が多い環境でゆったり育てることを想い描いていました。今、娘は虫の名前や花の名前をどんどん覚え、ついこの間も玄関に大きなカマキリが来て大喜びしたりしています。庭付きのゆとりある間取りの家で子どもと遊べる。佐倉で自分の描いた暮らしを実現できましたね。
俊介さん JR、京成、東葉高速線に幹線道路と交通インフラも整っていて、通勤のストレスは感じません。子どもが小さい今は休日も市内の公園などで過ごすことが多いですが、休日に遠出したい時も便利ですね。

Q

佐倉に住んでよかったことは?

俊介さん まちがひろびろしていて、人もあくせくしていない、のどかな自然の中で落ち着いて暮らせるところが一番気に入っています。このあたりは開発されて35年ほど経つ住宅地ですが、娘を連れて散歩すると、近所の方が「葵生ちゃん」と声をかけてくれる温かいまち。穏やかな方が多くて新参者に優しいので、実は住んで2年目から自治会の役員も引き受けてしまいました(笑)。
幸代さん 引っ越してきた時娘は生後5か月でしたが、近所の方が児童センターに行ってごらんと教えてくださり、そこで今も家族ぐるみでお付き合いしている方やたくさんのお友達ができました。児童センターのスタッフも親身な方ばかりで子ども一人ひとりに気配りしてくださり、都会ではこうはいかないだろうなと感じます。子育てしやすいまちですね。

Q

佐倉に住みたいと思う人へのおすすめポイントは?

幸代さん なんといっても自然に親しむ子育てができること。住宅街から少し歩くだけで森や田んぼが広がっています。そして佐倉城址公園近くの歴史ある街並みなど、城下町の趣が残っているところも佐倉の魅力です。うちがよく行く七井戸公園ほか広々した素敵な公園や自然のスポットが多く、母娘でも家族でもお友達家族と一緒でも、いろんな楽しみ方ができます。
俊介さん 平日の昼間の私がいない間も、安心して子育てしてくれていると感じられるまちです。我が家も含めてユーカリが丘周辺は住宅地域の開発が年をとった世代と若い人が共存していけるよう計画されてきた経緯があり、私たちの世代も増え続けていることは心強いです。自宅からすぐのところに田んぼや印旛沼もあるので、休日は英気を養えるし子どもとの時間も豊かになります。一戸建てに住みたい人には、とくに佐倉はおすすめです。

Home Profile

『芝生の庭で四季を感じながら遊べる家』

庭付き3LDKの新築戸建て。敷地面積62坪、延床面積33坪。2階の子ども部屋は2つに仕切れるので将来は4LDKにもできる。庭は子どもと遊ぶ芝生を中心に家庭菜園コーナーも作った。トマトやキュウリを収穫し、チョウやバッタを追いかけ、冬には雪だるま作りも。ガーデニングにも興味があるので、これから植栽に挑戦する予定。

  • Other Story
  • Vol.2 Tanjo's Family
  • Vol.3 Oguchi's Family