「記憶のかけら」プロジェクトについて

2011年、東北地方を震源とした東日本大震災は
多くの被害と悲しみを私たちにもたらしました。

開館以来、佐倉市立美術館の
エントランスホールを飾っていたシャンデリアも、
その揺れにバラバラとビーズを散らし、美しい姿を失いました。

このバラバラになってしまった
シャンデリアのパーツを「記憶のかけら」として、
みなさんの手にとどめてほしいという思いから
今回のプロジェクトははじまりました。

ひとつひとつ針金を外し、
丁寧に洗われたシャンデリアのパーツは、
いま再び、誰かのもとで輝く時を待っています。

この古い建物の一時代を彩った「記憶のかけら」が
今までも、これからも続く時間の流れに思いを馳せ、
街と人とをやさしく結ぶきっかけとなりますように。

 
                   佐倉市立美術館

「記憶のかけら」を、あなたのそばに









 佐倉市立美術館
 〒285-0023
 千葉県佐倉市新町210
 TEL 043-485-7851
 FAX 043-485-9892
 E-mail muse@city.sakura.lg.jp


   記憶のかけらプロジェクト  
  「記憶のかけら」を、あなたのそばに。    
     
  「記憶のかけら」プロジェクト 第1弾

ミュージアムグッズ・ティアドロップ型ビーズ

現在は佐倉市立美術館エントランスホールとして使われている、旧川崎銀行佐倉支店。この建物がつくられてから100年を記念して開催された「知られざるドイツ建築の継承者―矢部又吉と佐倉の近代建築展」にあわせて、「記憶のかけら」プロジェクトを開始しました。第1弾はティアドロップ型のビーズ(大・中・小の3種類、限定500個)をミュージアムグッズとして販売しています。ペーパーウエイト、サンキャッチャーなどにどうぞ。
ティアドロップ型 大 500円
ティアドロップ型 中 400円 売り切れました
ティアドロップ型 小 200円



このビーズの洗浄、製作は地域活動支援センター木ようの家にお願いしました。




 
※平成31年(2019年)2月8日更新 

2008 Sakura City Museum of Art,all rights reserved.
当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は佐倉市立美術館に帰属します。