佐倉市立美術館

佐倉市立美術館

展覧会

フランソワ・ポンポン展-動物を愛した彫刻家

  • 期間
    2022年2月3日(木)~3月29日(火)
  • 会場
    佐倉市立美術館2・3階展示室
  • 観覧料
    一般800(640)円、大学・高校生600円(480)円、中・小学生400(320)円、未就学児無料

  • ※( )内は前売り及び団体料金
    ※前売券は、佐倉市立美術館、佐倉市民音楽ホール、佐倉市観光協会、JR佐倉駅前観光協情報センターにて、年末年始を除く2021年12月18日(土)から2022年2月2日(水)まで販売
    ※障害者手帳をお持ちの方は1階受付でご提示ください。ご本人とその介助者1名は無料です。
    ※佐倉市内在住の小・中学生は、本展チラシの下部の半券により、ご本人と同伴者1名が入場できます。
フランソワ・ポンポン展 フランソワ・ポンポン展

19世紀末から20世紀初頭にフランスで活躍した彫刻家フランソワ・ポンポン(1855‐1933)。
ロダンのアトリエなどで下彫り職人として経験を積み、51歳で動物彫刻家に転向し、シンプルな形となめらかな表面をもつ 《シロクマ》や《フクロウ》、《ペリカン》などを生み出しました。
日本初の回顧展となる本展では、最初期の人物から洗練された最晩年の動物彫刻まで、旧ブルゴーニュ地方のディジョン美術館や出身地ソーリューのポンポン美術館、 また国内でポンポンの彫刻と資料を多数所蔵する群馬県立舘林美術館から彫刻、スケッチなど、約90点を出品します。
あわせて、ポンポンに影響を受けたとされる佐倉ゆかりの金工家・津田信夫(つだ・しのぶ 1875‐1946)の当館所蔵品もご紹介します。

主催=佐倉市立美術館
協力=群馬県立舘林美術館
企画協力=美術デザイン研究所
後援=在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

フランソワ・ポンポン展公式ページ公開中

【新型コロナウィルス感染症拡大防止のためのおねがい】
※ご予約は必要ありません。ただし、団体でご来館の際は事前にご連絡ください。
※館内ではマスクの着用、手指の消毒をお願いします。
※受付での検温、「ご入館カード」のご記入にご協力ください。
※展示室内が混雑した場合、入場をお待ちいただくことがあります。
※感染状況などにより会期などが変更となる場合があります。
※最新の情報は、佐倉市立美術館公式ホームページでご確認ください。