佐倉市立美術館
 〒285-0023
 千葉県佐倉市新町210
 TEL 043-485-7851
 FAX 043-485-9892
 E-mail muse@city.sakura.lg.jp

【開催中の展覧会】収蔵作品展 浅井忠と弟子たち




浅井忠《風景》1902-1907(明治35-40)/水彩・紙

会期:2017年4月4日(火)~5月21日(日)
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日(ただし5月1日は開館)
観覧料無料

 浅井忠(1856-1907:安政3-明治40)は、佐倉藩士・浅井伊織常明の長男として、江戸の佐倉藩中屋敷に生まれました。1863(文久3)年、浅井家は藩命により佐倉に移り住みます。浅井忠は少年期を佐倉の地で過ごし、1873(明治6)年に上京、工部美術学校で洋画を学びます。1889(明治22)年には明治美術会の創立に参加し、日本洋画壇の中心的な存在として活躍しました。1900(明治33)年、東京美術学校(現在の東京藝術大学)の教授だった浅井は、文部省の命を受けてフランスに留学します。帰国後は京都に移住し、京都高等工芸学校や聖護院洋画研究所、関西美術院において教鞭をとりながら、洋画だけでなく、日本画や工芸図案の制作にも取り組みました。
 日本の近代洋画の先駆者として足跡を残した浅井忠は、多くの後進を育てた指導者としても知られています。本展では、浅井に学んだ弟子たちのうち、佐倉にゆかりのある都鳥英喜と倉田白羊、また浅井が京都で指導した梅原龍三郎や小川千甕、黒田重太郎、芝千秋、霜鳥之彦、長谷川良雄をあわせてご紹介します。浅井忠に学んだ画家たちは、その教えを基礎としてそれぞれに活躍しました。彼らが描いた油彩・水彩画などをご覧ください。

※展覧会の期間、エントランスホールが耐震補強工事中のため、正面入口がご利用いただけません。お手数をおかけして申し訳ございませんが、正面東側の仮設入口から施設内にお入りくださいますよう、ご協力をお願い申し上げます。


浅井忠《にわとり》1902(明治35)年/油彩・板 浅井忠《元禄美人図》1904(明治37)年/絹本着色
都鳥英喜《夏日》1920(大正9)年/油彩・キャンバス
黒田重太郎《母子》1924(大正13)年/油彩・キャンバス
霜鳥之彦《町中のとある神社》1906(明治39)年/水彩・紙
芝千秋《奈良》1908(明治41)年/水彩・鉛筆・紙
 ■佐倉楽友協会によるミュージアム・コンサート
4月16日(日)/5月21日(日)
14時より 1階ロビー
申込不要・無料
協力:佐倉楽友協会
 ■ボランティアによる対話型鑑賞会「ミテ・ハナソウ・カイ」
4月23日(日)
1回目:11時より 2回目:14時より
1階ロビー集合
申込不要・無料
 
※平成29年(2017年)4月4日更新 

2008 Sakura City Museum of Art,all rights reserved.
当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は佐倉市立美術館に帰属します。