佐倉市立美術館
 〒285-0023
 千葉県佐倉市新町210
 TEL 043-485-7851
 FAX 043-485-9892
 E-mail muse@city.sakura.lg.jp

English
【開催中の展覧会】カオスモス5 一粒の砂に世界を見るように
※展覧会名の出典:「無垢の予兆」(『対訳 ブレイク詩集』岩波文庫2004年刊より)
※図版:クリスティアーネ・レーア《種の袋》2014年/アザミの綿毛、ヘアネット、 釘/ 400 x 220 x 190 mm
 Photo by Mitsumasa Fujitsuka, Courtesy of Taguchi Fine Art


会期:2017年3月1日(水)~3月28日(火)
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日(ただし3月20日は開館)、3月21日
観覧料:一般800円(640円)、大学・高校生600円(480円)、中・小学生400円(320円)、未就学児無料
※(  )内は前売り及び20名以上の団体料金
[前売り券は、佐倉市民音楽ホール、(公社)佐倉市観光協会、JR佐倉駅前観光情報センター、ときわ書房志津ステーションビル店にて2月28日まで発売]
※市内在住の中・小学生には、学校を通じて、同伴者1名の無料券付観覧パスポートを配布します。
※障害者手帳を持参の方と、その介助者1名は無料です。
主催:佐倉市立美術館
協賛:株式会社エッシェンバッハ光学ジャパン


 当館では、平成6(1994)年の開館当時より、運営方針の一つである「現代美術の紹介」を目的としたシリーズ企画「チバ・アート・ナウ」を開催してきました。同展は、千葉県の美術状況を紹介すると共に、分かりにくいとされる同時代の美術への理解を深めていただくためのものでした。平成15(2003)年度からは、出品作家を県外からも招くことで、より客観的な位置に視点を置いたシリーズ企画展「カオスモス」に移行しました。カオスモスとは、「カオス(混沌)」と「コスモス(宇宙、秩序)」を合体させた造語ですが、この言葉の示すように、様々な思想や様式が融合し、分裂していく今日の美術の状況を報告すると共に、それらがどこへ向かっているのか、鑑賞者と共に考える企画でありたいと考えております。
 近年、西欧の現代美術等の影響により、巨大な絵画や彫刻が制作されることは珍しいことではなくなりましたが、その一方で、ジョセフ・コーネル(Joseph Cornell/1903-1972)の箱型の作品のように、両手で抱えられるほどのサイズながら、作家の世界観が凝縮したといえるような作品も少なからず存在します。本展では、限られたサイズや色、時間の中に作家の意図が凝縮されたといえる表現についてご紹介いたします。古来、東洋では閉じられた小世界の内に宇宙を見るという「壺中天」(壺の中の別世界)や「洞天福地説」(洞窟の中の別天地)等の心的傾向があります。ある寸法や時間の中にこめられた作家独自のエッセンス(本質)を是非、お楽しみいただければと思います。


出品リスト

※展覧会の期間、エントランスホールが耐震補強工事中のため、正面入口がご利用いただけません。お手数をおかけして申し訳ございませんが、正面東側の仮設入口から施設内にお入りくださいますよう、ご協力をお願い申し上げます。


井川淳子《ここよ、今、いつでも》2003年/ゼラチンシルバープリント/406×508mm
Courtesy of the Artist
クリスティアーネ・レーア《小さな階段の形》2014年/植物の茎/H65×W105×D105mm
Courtesy of Taguchi Fine Art
満田晴穂《自在白扇潮招》2016年/銅、真鍮、青銅/L50×W30×H20mm
Courtesy ot the Röntgenwerke AG

キューライス《失われた朝食》2015年/アニメーション/6分50秒
Courtesy of the Artist
高瀬智淳《紙片》2013年/紙、インク/60×62mm
Courtesy of Yukiko Koide Presents
 ■記念講演会 「工芸とアートと~自在置物を通して」
 3月20日(月・祝)
講師:満田晴穂氏(自在置物作家)、池内務氏(レントゲンヴェルケ代表)
14時より 4階ホールにて
無料 定員90名(先着順)
お申込みはハガキに住所、氏名、電話番号、人数をご明記の上、
〒285-0032 千葉県佐倉市新町210番地 「佐倉市立美術館講演会係」まで
(FAX:043-485-9892宛でも可)。

※自在置物とは金属によって龍や蛇、昆虫等を写実的につくるだけでなく、その動きを再現できるように関節等が動かせるようになっている置物。明治期の工芸技術の粋が集められたものでしたが、その技術は現代にもごく少数ですが、受け継がれています。
 ■学芸員によるギャラリートーク
 3月11日(土)、3月25日(土)
14時より 3階展示室
無料・申込不要(※参加には観覧券が必要です。)
 ボランティアによる対話型鑑賞会「ミテ・ハナソウ・カイ」
 3月26日(日)
1回目:11時より 2回目:14時より
1階ロビー集合
無料・申込不要(※参加には観覧券が必要です。)
 ■ミュージアムコンサート
 3月19日(日)
14時より 1階ロビー
無料・申込不要
 
※平成29年(2017年)3月4日更新 

2008 Sakura City Museum of Art,all rights reserved.
当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は佐倉市立美術館に帰属します。