佐倉市立美術館
 〒285-0023
 千葉県佐倉市新町210
 TEL 043-485-7851
 FAX 043-485-9892
 E-mail muse@city.sakura.lg.jp

【平成7(1995)年度の展覧会】 
 
銅版画家 深沢幸雄
魂の行方:1955―1995

会期:平成7年9月1日(金)〜10月8日(日)

会場:佐倉市立美術館2・3階展示室

料金:一般800円
    大学・高校生600円
    中学・小学生400円

 銅版画の巨匠として制作を続ける深沢幸雄。千種類を超える作品の中から117点を選んでその変遷をたどるとともに、版画を始める前の油絵や、書、陶器などを加え、そのプロフィールを紹介した。宮沢賢治、ダンテなどの文学作品への傾倒、メキシコへ渡ってであった古代文明とインディオの歴史、そのインディオと日本人はモンゴロイドの末裔であるいう発見。そのときどきの体験と心の動きがあらわれた作品、そこに流れる人間探究の姿勢に共感を覚えたという声も多かった。


<エドウィン・ファン・ドレヘトコレクション>
オランダ陶器-響きあう東と西-

会期:平成7年10月28日(土)〜11月26日(日)

会場:佐倉市立美術館2階展示室

料金:一般800円
    大学・高校生600円
    中学生以下無料

 オランダの収集家、エドウィン・ファン・ドレヘト氏による16、17世紀頃の陶器のコレクションにより、128点を展示。16世紀初めにイタリアから陶芸の技法が伝わってつくられるようになった「マヨリカ陶器」が、やがて衰退し、中国陶器に対抗して作られた「ファイアンス陶器」に移行していく展開をたどった。一方、このころのオランダ陶器は江戸時代の日本にも渡り、現在に遺されている。日本とオランダの陶器の交流と、これを使っていた人々に思いを馳せる展覧会となったのではないのではないだろうか。


開館1周年記念特別展
ゴッホと19世紀オランダ絵画展-アムステルダム国立美術館コレクションより-

会期:平成7年12月1日(金)〜平成8年1月15日(月・祝)

会場:佐倉市立美術館2階展示室

料金:一般800円
    大学・高校生600円
    中学・小学生400円

 アムステルダム国立美術館の収蔵作品40点により、19世紀後半のオランダ絵画を紹介する展覧会。バルビゾン派や印象はなど、近隣諸国の動きに影響を受けながらも、オランダの伝統を受け継ぎ独自の表現を生み出したヨゼフ・イスラエルス、マーリス兄弟、アントン・マウフェ、ジョルジュ・H・ブライトナーらの作品を展示した。こうした画家たちの中で見るフィンセント・ファン・ゴッホの作品は「19世紀オランダ絵画」とひと括りには出来ない異質なものに映る。それがなぜ現代の人々を熱狂させるようになったのか、考えてみたいところである。


チバ・アート・ナウ'95
鉄-四つの対話

会期:平成8年1月23日(火)〜2月12日(月)

会場:佐倉市立美術館2・3階展示室
2階屋外展示室
1階エントランスホール・ロビー

料金:一般600円
    大学・高校生400円
    中学以下無料

 本年は昨年に引き続き、今日の美術表現において素材がどう扱われ、関わっているか、共通の素材を通じて作家と素材との「関係性」を検証し、現代美術鑑賞の手がかりとした。
本年は鉄を素材に作品に取り組んでいる作家数名によって構成。近代美術に鉄が導入されたのは1910年代、日本でも1950年代に鉄彫刻が盛んに制作され、様々な表現が試みられた。最近では鉄彫刻に焦点をあてたシンポジウムが開かれるなど素材としての可能性が期待されている。本展では当館展示室に合わせた近作を中心に展示、今日の鉄による表現を紹介した。


 
道標-生のあかしを刻む
柳原義達展

会期:平成8年2月17日(土)〜3月24日(日)

会場:佐倉市立美術館2・3階展示室

料金:一般800円
    大学・高校生600円
    中学・小学生400円

 

2008-2012 Sakura City Museum of Art,all rights reserved.
当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は佐倉市立美術館に帰属します。