佐倉市立美術館
 〒285-0023
 千葉県佐倉市新町210
 TEL 043-485-7851
 FAX 043-485-9892
 E-mail muse@city.sakura.lg.jp

【次回展覧会 根付展】



会期:2018年1月20日(土)~2月18日(日)

開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
※初日の1月20日(土)のみ、13時30開場(テープカットを行います)

休館日:月曜日(2月12日は開館)、2月13日(火)

観覧料:一般600(480)円/大学生・高校生400(320)円/中学生以下無料
※( )内は前売り及び20名以上の団体料金[前売り券は、佐倉市民音楽ホール、(公社)佐倉市観光協会、JR佐倉駅前観光情報センター、ときわ書房志津ステーションビル店にて1月19日(金)まで発売]
※佐倉市在住の中・小学生には、学校を通じて同伴者1名の無料券付観覧パスポートを配布します。
※障害者手帳を持参の方と、その介助者1名は無料です。
 

 日常的に着物を着ていた江戸時代、人々は金銭を入れる巾着や煙草入れ、水戸黄門でおなじみの印籠などを帯にはさみ、腰から提げていました。それら「提物(さげもの)」の紐の端に取り付けた留め具が根付です。江戸時代を通じて、根付は提物の構成物の一つとして優れた芸術性と遊び心溢れる工芸品に発展し、隆盛を極めました。腰などに物を携帯する習慣は諸外国にもありますが、日本の根付ほど、鑑賞用の工芸品として発展した例は他にはなく、日本独自の文化と考えられています。
 その後、明治時代に入ると、根付は日本国内で急速に忘れ去られますが、欧米で人気を博し、現在では大英博物館等、コレクションしている美術館・博物館が欧米にはいくつもあります。このように海外でその良さが見いだされることで、再評価がなされるのは浮世絵がたどってきた道筋に近いように思えます。
 本展では、高円宮憲仁殿下が妃殿下と共に収集された貴重な根付のコレクションを一堂に公開。これまであまり振り返られることのなかった「根付の多彩な魅力を紹介するものです。



東声方《大国主命》2000年、象牙、4.3㎝

針谷裕之《これでもか》1999年、蒔絵・黄楊、4.4㎝

無銘《蹴鞠》19世紀、象牙、3.8㎝

高木喜峰《火の鳥》1995年、琥珀・金、3.7㎝
鈴木玉昇《碁打ち》1976年頃、象牙、3.1㎝
安藤五十治《桜花》1992年、象牙・金蒔絵、4.1㎝

マイケル・バーチ《まかせなさい!》1999年、マンモス牙、4.6㎝


【関連事業】
 ■記念講演会「てのひらの小宇宙」
講師:高円宮妃久子殿下(予定)
2018年1月20日(土) 15:00より約1時間を予定(開場は14:00より)
会場:佐倉市民音楽ホール(「京成うすい駅」南口下車徒歩5分)
無料/要申込:はがき、電話、FAXで全員(申込者の他2名まで応募可能)の住所、氏名、電話番号をお知らせください。
〒285-0837 千葉県佐倉市王子台1-16 佐倉市民音楽ホール講演会係まで
電話:043-461-6221
FAX:043-461-1311
定員:650名(応募者多数の場合は抽選)
締め切り:12月27日(当日消印有効)
※応募者多数の場合は抽選のうえ、1月10日までに返信いたします。
※講演会の内容については 、佐倉市立美術館へお問い合わせ下さい。
 ■ギャラリートーク
2018年2月10日(土)
14:00より2階展示室
無料/申込不要
※参加には観覧券が必要です。


【会期中の催し】
 ■ボランティアによる対話型鑑賞会「ミテ・ハナソウ・カイ」(毎月第4日曜日)
2018年1月28日(日) 11:00~/14:00~
申込不要 無料
※参加には観覧券が必要です。
 ■佐倉楽友協会によるミュージアムコンサート(毎月第3日曜日)
2018年1月21日(日)/2月18日(日) 14:00~
佐倉市立美術館1階ロビー
申込不要 無料
 
※平成29年(2017年)12月2日更新 

2008 Sakura City Museum of Art,all rights reserved.
当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は佐倉市立美術館に帰属します。