「佐倉・城下町400年記念」ロゴ カムロちゃん(佐倉・城下町400年記念イメージキャラクター)
 トップあらまし | イベント・事業 | 協賛事業キャラクター・ロゴリンク
トップ > イベント・事業のご案内 サイトマップ

イベント・事業のご案内

最終更新日:2017年(平成28年)1月13日

↓記念事業(冠事業)↓今後の予定↓終了した事業

記念事業 (市主催の冠事業)

 江戸時代初期に佐倉城を築いた土井利勝が佐倉の領主となった慶長15年(1610)から、400年目の時が過ぎました。
 皆さんに郷土への愛着や関心を高めていただくとともに、佐倉の歴史と文化を広く発信するため、平成29年度までの「佐倉・城下町400年記念事業」が始まっています。
 ※各事業の詳細は、「こうほう佐倉」市ホームページカムロちゃんツイッターfacebookなどでお知らせします。

平成28年度 リレー講座「歴史の残影が佐倉を語る」

江戸時代から現代まで、400年に及ぶ佐倉の歩みについて、歴史や文化、民俗など、さまざまな角度から振り返ります。
各地区の会場でリレー形式で行います。

第7回 「近世社会の特質について―今、近世社会からどのようなことを学ぶことができるか?−」
      (佐倉市・歴博連携協定締結1周年記念講演新着情報です
 日時 平成293月5日(日)
 場所 国立歴史民俗博物館
 講師 久留島 浩 国立歴史民俗博物館 館長
 受付 2月1日〜電話にて文化課まで 電話:043-484-6192(平日 午前830分〜午後515分)


第6回佐倉の生んだ日本靴製造の父 西村勝三新着情報です
 日時 平成292月11日(土)
 場所 中央公民館 
 講師 藤井 財八郎 REGAL ARCHIVES 館長
 受付 1月15日〜電話にて社会教育課まで 電話:043-484-6189(平日 午前830分〜午後515分)

第5回「印旛沼の変遷 〜利根川東遷事業から江戸期における堀割工事まで」
 日時 平成29128日(土)
 場所 臼井公民館 
 講師 本橋敬之助 印旛沼環境基金上席研究員
 受付 1215日〜電話にて社会教育課まで 電話:043-484-6189(平日 午前830分〜午後515分)

第4回 「小田原北条氏と佐倉 ―直重・重胤の時代―」
 日時 平成28124日(日)
 場所 国立歴史民俗博物館 
 講師 黒田基樹 駿河台大学教授
 受付 111日〜電話にて文化課まで 電話:043-484-6192 (平日 午前830分〜午後515分)

第3回 「佐倉の軍隊の特徴 〜軍事都市から文化都市へ〜」
 日時 平成28年10月1日(土)
 場所 中央公民館 
 講師 荒川 章二 国立歴史民俗博物館教授
 受付 9月1日〜電話にて社会教育課まで 電話:043-484-6189(平日 午前8時30分〜午後5時15分)

第2回 「佐倉藩の武力 〜殿様の軍隊編成〜」
 日時 平成28年9月10日(土)
 場所 中央公民館 
 講師 橋 健一 酒々井町文化財審議会会長
 受付 8月15日〜電話にて社会教育課まで 電話:043-484-6189(平日 午前8時30分〜午後5時15分)

第1回 「日本人の生き方を教えた、明治の思想家、西村茂樹」
 日時 平成28年9月3日(土)
 場所 志津公民館 
 講師 古垣 光一 千葉保険医療大学元教授
 受付 8月1日〜電話にて社会教育課まで 電話:043-484-6189(平日 午前8時30分〜午後5時15分)

↑このページの先頭へ

※終了した事業

平成27年度 リレー講座「歴史の残影が佐倉を語る」

江戸時代から現代まで、400年に及ぶ佐倉の歩みについて、歴史や文化、民俗など、さまざまな角度から振り返ります。
 各地区の会場でリレー形式で行います。

第7回 「津田梅子の先駆性-女性の力にかけた夢」
 日時 平成28年3月13日(日)
 場所 中央公民館 
 講師 橋 裕子 津田塾大学教授
 受付 2月15日〜電話にて社会教育課まで 電話:043-484-6189(平日 午前8時30分〜午後5時15分)

第6回 「香取秀真と近代工芸」
 日時 平成28年2月7日(日)
 場所 佐倉市立美術館 
 講師 山本由梨 佐倉市立美術館学芸員
 受付 1月15日〜電話にて社会教育課まで 電話:043-484-6189(平日 午前8時30分〜午後5時15分)

第5回 「戦国時代、大将の心得」―〈岩富城主〉北条氏勝秘伝『出陣次第』にみる武家故実―
 日時 平成28年1月16日(土)
 場所 歴史民俗博物館 
 講師 小島 道裕 国立歴史民俗博物館教授
 受付 12月15日〜電話にて社会教育課まで 電話:043-484-6189(平日 午前8時30分〜午後5時15分)

第4回 「『古今佐倉真佐子』への誘い 〜『古今佐倉真佐子』にみる佐倉城〜」
 日時 平成27年11月29日(日)
 場所 志津公民館 
 講師 外山 信司 元佐倉市史編さん委員
 受付 11月2日〜電話にて社会教育課まで 電話:043-484-6189(平日 午前8時30分〜午後5時15分)

第3回 「佐倉の祭礼を10倍楽しむ方法」
 日時 平成27年9月6日(日)
 場所 佐倉市立美術館 
 講師 鶴岡 勝人 佐倉山車人形保存会事務局長
 受付 8月17日〜電話にて社会教育課まで 電話:043-484-6189(平日 午前8時30分〜午後5時15分)

第2回 「佐倉炭」
 日時 平成27年8月22日(土)
 場所 志津コミュニティセンター 
 講師 土屋 雅人 千葉市郷土博物館
 受付 8月3日〜電話にて社会教育課まで 電話:043-484-6189(平日 午前8時30分〜午後5時15分)

第1回 「明治期の二つの名勝庭園:旧堀田正倫・旧徳川昭武庭園の特徴」
 日時 平成27年6月27日(土)
 場所 中央公民館 
 講師 藤井 英二郎 千葉大学大学院教授
 受付 6月1日〜電話にて社会教育課まで 電話:043-484-6189(平日 午前8時30分〜午後5時15分)

武家屋敷で甲冑体験!(平成27年度)

子どもの日に武家屋敷で甲冑試着会を行います。あなたも武士になってみませんか?
詳細は追ってお知らせします♪

 日時 平成27年5月5日(火・祝)
 場所 武家屋敷
 担当
 佐倉市教育委員会 文化課 電話:043-484-6192 (平日 午前8時30分〜午後5時15分)

ぶらり佐倉検定 第2回「武家屋敷と旧堀田邸」(平成27年度)

 毎回好評のぶらり佐倉検定。今回は国立歴史民俗博物館の協力の下、企画展示「大ニセモノ博覧会」の展示内容と佐倉に関する検定です。

【今回の開催内容】
 日時 4月29日(水・祝) 午前9時40分〜午後2時30分
 場所 国立歴史民俗博物館  
 費用 大人700円、大学・高校生400円、小・中学生150円(昼食代は含まれていません)
 定員 30人(多数時抽選)
 申込 〒285-8501 市役所文化課「ぶらり佐倉検定」係へ郵送またはEメール(住所、氏名、電話番号を明記) 
 電話 043-484-6192 Eメール bunka@city.sakura.lg.jp

平成26年度 リレー講座「歴史の残影が佐倉を語る

第6回 「背景としての里山 −旧堀田邸正倫庭園−」
 日時 平成27年2月15日(月・祝)
 場所 国立歴史民俗博物館 
 講師 田畑貞寿千葉大学名誉教授
 受付 2月2日〜電話にて文化課まで 電話:043-484-6192(平日 午前8時30分〜午後5時15分)

第7回 『最後の江戸留守居役依田学海と佐倉藩』
 日時 平成27年3月15日(日)
 場所 中央公民館 
 講師 
白石良夫元佐賀大学教授
 受付
 2月16日〜電話にて社会教育課まで 電話:043-484-6189 (平日 午前8時30分〜午後5時15分)

平成25年度 リレー講座「歴史の残影が佐倉を語る」第7回 「雪を科学する殿さま 土井利位」

リレー講座第7回 「雪を科学する殿さま 土井利位」
 内容 日本で最初の雪の自然科学書『雪華図説」を執筆した土井利位(どい としつら)を中心に、佐倉城を築いた土井利勝についても講義いただきます。
 日時 平成26年3月1日(土)午後1時〜3時
 場所 中央公民館
 講師 永用俊彦(古河市歴史博物館学芸員)
 定員 200人(先着順)
 費用 無料
 申込 佐倉市教育委員会社会教育課 電話:043-484-6189 (平日 午前8時30分〜午後5時15分)

武家のたしなみ連続講座 第1期 「城下町・佐倉で学ぶ日本の美しい所作」 (平成25年度)

小笠原流は、武家故実、弓術、馬術、礼法の流派として、精神・武術の面で800年以上にわたり武家の生活を支えてきました。
本講座では、3か年(第1期〜3期)にわたって小笠原流礼法・弓術を学び、4年後にその成果を発表するイベントを開催します。

 日時 @平成26年2月5日(水)A2月19日(水)B2月25日(火)
      午前10時〜午後3時
 場所 中央公民館
 講師 小笠原清忠(弓馬術礼法小笠原教場)ほか
 内容 
基本体(姿勢・立つ・座る・正座・跪座・歩く・お辞儀)・あいさつ・身だしなみ・訪問時の礼儀・物を扱う際の礼儀・贈答の際の礼儀など
 費用 
参加費 3,000円(テキスト代、昼食代)
 申込 
氏名・連絡先を明記のうえはがき、ファクスまたはEメールで〒285-8501 市役所文化課「武家のたしなみ連続講座」係
     FAX 043-486-9401 E−mail:bunka@city.sakura.lg.jp
 担当
 佐倉市教育委員会 文化課 電話:043-484-6191 (平日 午前8時30分〜午後5時15分)

平成25年度 リレー講座「歴史の残影が佐倉を語る」年間事業

 江戸時代から現代まで、400年に及ぶ佐倉の歩みについて、歴史や文化、民俗など、さまざまな角度から振り返ります。
 各地区の会場でリレー形式で行います。

 日時 8月〜平成26年2月
 場所 市内公民館等 
 入場無料

事業名 担当館 (注)実施時期(予定) 内容
佐倉・城下町400年と土井利勝
(終了)
中央公民館 5月から6月 全2回 佐倉城(鹿島城)を築城し、今も残る城下町の基礎を築いた「土井利勝」の人物像、佐倉藩主としての功績等と中心に学びます。
問い合わせ:中央公民館 (電話:043-485-1801)
佐倉の民話・伝説・小説・映画・写真から佐倉を詠む(終了) 中央公民館 9月2日、8日 全2回 佐倉を学ぶ身近な題材として、民話や伝説そして、小説・映画・写真などから郷土への理解を深めるとともに、佐倉をより広く学びます。
問い合わせ:中央公民館 (043-485-1801)
佐倉道を歩く(応募終了) 志津公民館 10月から11月
2コース 全10回
江戸から佐倉へ、参勤交代で佐倉城主も通った佐倉道(成田街道)を実際に歩きながら、学びます。
問い合わせ :志津公民館 (電話:043-487-5064)
南部地区の旧街道を歩く 弥富公民館 11月 1回 城下と地域を結んだ江戸時代の旧街道を散策しながら、往時を振り返ります。
問い合わせ:弥富公民館 (電話:043-498-0860)
ミニわらじづくり 和田公民館 12月 1回 江戸時代の作り方はそのままに、色や素材を現代風にアレンジした「わらじのストラップ」を手作り体験。
問い合わせ:和田公民館 (043-498-0417)
体験・ものづくり講座 根郷公民館 6月から3月 全2回 かつて将軍献上品として有名だった佐倉のこんにゃく。根郷産のこんにゃくいもを使って、手作りに挑戦します。
問い合わせ :根郷公民館 (電話:043-486-3147)
中世の佐倉・臼井城とその時代 臼井公民館 10月から12月 全3回 中世の臼井と臼井城について学び、臼井城の支城についても見学・学習します。
問い合わせ:臼井公民館 (電話:043-461-6221)
(注)各講座の申込方法、詳細の日程や内容等は時期が近くなりましたら、「こうほう佐倉」「公民館だより」等において随時お知らせしていきます。

 問い合わせ 佐倉市教育委員会社会教育課 電話:043-484-6189 (平日 午前8時30分〜午後5時15分)

ぶらり佐倉検定 第1回「佐倉城と佐倉連隊」(平成25年度)

 佐倉城址をガイド付きで散策し、ご当地グルメ「佐倉丼」に舌鼓♪佐倉を堪能できる体験型の検定です。11月30日(土)好評のうちに終了いたしました!
第二回目の開催時期は未定ですが、次回もお楽しみに♪
【今回の開催内容】
 日時 11月30日(土) 散策:午前9時30分〜正午 検定:午後1時〜2時20分
 場所 散策:佐倉城址公園 検定:佐倉中学校  
 費用 1,000円(保険代、昼食代、お土産代など)
 定員 50人程度(先着順)
 申込 〒285-8501 市役所文化課「ぶらり佐倉検定」係へ郵送(現金書留・定額小為替)または窓口で 
 電話 043-484-6192

時代まつり

 【御礼】おかげさまで多くのご来場をいただき、佐倉に江戸の風情と賑わいが満ちた一日となりました。お越しいただいたお客様、出演者の皆様や関係各位に御礼申し上げます。ありがとうございました!また来年も江戸の風情と賑わいのまち佐倉でお会いしましょう♪

江戸時代の風情が残る新町通りを中心に、城下町佐倉の賑やかな江戸時代のまちの様子を再現します。古武術や大道芸、甲冑試着会、子どもさんが参加できるイベントなど、今年も盛りだくさんの予定です。

 日時 11月16日(土)午前11時〜午後3時
 場所 旧城下町周辺(佐倉地区)

佐倉アグリフォーラム’13

 佐倉でむかしから食べられてきた食材や、むかしから行われてきた農法を通し、地元資源への関心を高めます。
 野菜の意外な魅力を発見して、地域の農業を見つめなおしてみませんか?

 日時 平成25年11月8日(金)13時〜16時10分 (開場:12時30分)
 場所 佐倉市民音楽ホール
 入場無料 佐倉・城下町400年記念事業−佐倉アグリフォーラム’13 (農政課)

観月の夕べ(平成25年度)※本年度は台風の影響で中止となりました。

 歴史ある旧堀田邸で毎年行われる演奏会です。 趣深いひとときを味わいませんか?
 日時 10月25日(金)・26日(土) 午後6時〜6時40分/午後7時〜7時40分 (各日共通・2回ずつ)
 場所 旧掘田邸  
 入館料 一般310円、学生150円
 定員 各回50人(多数時抽選)
 要申し込み 往復はがきで10月15日(火)必着
  「観月の夕べ」〜名月を愛でながら音楽を楽しむ〜(文化課)

佐倉・城下町記念展示「ふたつの佐倉城」

 本佐倉城と佐倉城、ふたつの佐倉城の絵図や遺物を展示します。

 日時 9月7日(土)〜29日(日)午前10時〜午後6時(入場は午後5時30分まで)休館日 月曜日(祝日の場合はその翌日)
 場所 佐倉市立美術館
 入場無料
 問い合わせ 佐倉市教育委員会文化課 電話:043-484-6191 (平日 午前8時30分〜午後5時15分)

 ★関連事業:講演会「ふたつの『佐倉城』」
 日時
 平成25年9月21日(土曜日)   午後1時30分〜午後3時
 場所 佐倉市立美術館 4階ホール
 講師 遠山成一 (佐倉市文化財審議会委員)
 入場無料 定員99名 (定員に達しました!) ご案内はこちら
 問い合わせ 佐倉市教育委員会文化課 電話:043-484-6191 (平日 午前8時30分〜午後5時15分)

佐倉・城下町400年IN「モノづくりフェスタ」 

 佐倉モノづくりフェスタ2013の会場に、佐倉・城下町400年記念PRブースが出店します。
 簡単なクイズに答えて景品ゲット!城下町佐倉の魅力をご紹介しています。カムロちゃんにも会えるかも?? 
 そのほか、むか〜しの電話やアイロンを展示しています。またコマや風車を手作りして昔の遊びを体験できますよ。
 皆様ぜひ遊びに来てくださいね!(ご来場の皆様、ありがとうございました!)
 日時
 平成25年5月18日(土)・5月19日(日) 10時〜15時30分
 場所 志津コミュニティセンター、ユーカリヶ丘南公園(ブースは公園内に出店します)
 入場無料
佐倉市産業まつり“佐倉モノづくりFesta” (産業振興課)

佐倉アグリフォーラム’13

 佐倉でむかしから食べられてきた食材や、むかしから行われてきた農法を通し、地元資源への関心を高めます。
 野菜の意外な魅力を発見して、地域の農業を見つめなおしてみませんか?

 日時 平成25年3月23日(土)13時〜16時10分 (開場:12時30分)
 場所 佐倉市民音楽ホール
 入場無料 佐倉・城下町400年記念事業−佐倉アグリフォーラム’13 (農政課)

平成24年度 佐倉市子ども相撲大会

 江戸時代に活躍した雷電爲右エ門(らいでん ためえもん)は、大相撲史上最強の力士という声も多い伝説的な力士です。
 雷電は晩年を佐倉で永く暮らし、臼井台には顕彰碑とお墓も建てられており、佐倉にゆかりの深い力士として知られています。
 佐倉市でも、市体育協会の相撲専門部を中心に、古くから「招魂祭」や「雷電顕彰相撲大会」など、相撲が盛んに行われてきました。
 その流れを汲んで、現在でも「わんぱく相撲佐倉場所」やこの「佐倉子ども相撲大会」が行われています。

平成24年10月28日(日) 午前8時15分〜
  

  会場:岩名運動公園内 佐倉土俵場

観月の夕べ(平成24年度)

 歴史ある旧堀田邸で毎年行われる演奏会です。 趣深いひとときを味わいませんか?

 「観月の夕べ」〜名月を愛でながら音楽を楽しむ〜(文化課)
    平成24年9月29日・30日 会場:旧堀田邸

平成24年度 公民館での佐倉・城下町400年記念事業

 第1回 「佐倉連隊と戦時下の佐倉」

 佐倉連隊は明治7年に旧佐倉城跡に建設され、昭和20年まで存続しました。房総健児の郷土部隊として、西南戦争から日清、日露、満州事変、日中戦争、そしてレイテで玉砕するまでの連隊の歩みについて、講演を行います。

 日時 8月25日(土)午前10時〜正午
 場所 志津コミュニティセンター(定員:先着150人) 
 申し込み 電話で、社会教育課 電話:043-484-6189へ

第2回 「文学に見る佐倉(仮)」 9月22日(土)
第3回 「動物考古学から見た佐倉(仮)」 10月27日(土)
第4回 「佐倉地区散策−歴史の残影が佐倉を語る」 11月10日、11月23日(同内容を2回)
第5回 「海から渡ってきた古銭・貨幣」 12月8日(土)
第6回 「土井利勝の業績(仮)」 2月予定
第7回 「佐倉順天堂の歩み(仮)」 3月予定
事業名 担当館 (注)実施時期(予定) 内容
佐倉・城下町400年と土井利勝 中央公民館 5月から6月 全2回 佐倉城(鹿島城)を築城し、今も残る城下町の基礎を築いた「土井利勝」の人物像、佐倉藩主としての功績等と中心に学びます。
問い合わせ:中央公民館 (電話:043-485-1801)
佐倉の民話・伝説・小説・映画・写真から佐倉を詠む 中央公民館 9月2日、8日 全2回 佐倉を学ぶ身近な題材として、民話や伝説そして、小説・映画・写真などから郷土への理解を深めるとともに、佐倉をより広く学びます。
問い合わせ:中央公民館 (043-485-1801)
佐倉道を歩く 志津公民館 10月から11月
2コース 全10回
江戸から佐倉へ、参勤交代で佐倉城主も通った佐倉道(成田街道)を実際に歩きながら、学びます。
問い合わせ :志津公民館 (電話:043-487-5064)
南部地区の旧街道を歩く 弥富公民館 11月 1回 城下と地域を結んだ江戸時代の旧街道を散策しながら、往時を振り返ります。
問い合わせ:弥富公民館 (電話:043-498-0860)
ミニわらじづくり 和田公民館 12月 1回 江戸時代の作り方はそのままに、色や素材を現代風にアレンジした「わらじのストラップ」を手作り体験。
問い合わせ:和田公民館 (043-498-0417)
体験・ものづくり講座 根郷公民館 6月から3月 全2回 かつて将軍献上品として有名だった佐倉のこんにゃく。根郷産のこんにゃくいもを使って、手作りに挑戦します。
問い合わせ :根郷公民館 (電話:043-486-3147)
中世の佐倉・臼井城とその時代 臼井公民館 10月から12月 全3回 中世の臼井と臼井城について学び、臼井城の支城についても見学・学習します。
問い合わせ:臼井公民館 (電話:043-461-6221)



佐倉・房総ゆかりの作家たち「香取正彦の世界」

 平成24年6月16日(土)〜7月29日(日) 佐倉市立美術館

 幼少期を佐倉で過ごした人間国宝の鋳金家・香取正彦(1899-1988)の作品を中心に、佐倉ゆかりの作家の作品を展示します。

平成23年度 リレー講座「歴史の残影が佐倉を語る」

 江戸時代から現代まで、400年に及ぶ佐倉の歩みについて、歴史や文化、民俗など、さまざまな角度から振り返ります。
 全6回、各地区の会場でリレー形式で行います。

第1回(8/27) 「佐倉城下町の景観〜武家屋敷と町屋〜」
第2回( 9月) 「佐倉の祭礼・江戸の祭礼−其の二−」
第3回(10月) 「新興武家地の誕生−幕末期の佐倉江戸詰藩士の移住をめぐって−」
第4回(11月) 「学究の志−佐藤志津の女性教育と女子美術大学建学の精神−」
第5回(12月) 「武士の家督相続(仮)」
第6回( 3月) 「浅井忠と佐倉(仮)」

平成23年度 佐倉市子ども相撲大会

平成23年11月3日(木・祝)

場所  岩名運動公園内 佐倉土俵場
対象   市内小学生(4〜6学年)
試合方法 団体戦(5人制)及び個人戦(4学年、5学年、6学年の部)

観月の夕べ(平成23年度)

 夜の旧堀田邸を会場に、伝統行事のお月見と音楽に親しむ特別なひととき。優しい歌声とギターの音色に癒されてみては。

 平成23年9月22日(木)・23日(金) 両日とも各2回 (1)午後6時〜6時40分 (2)午後7時〜7時40分
 旧堀田邸(→ご案内

ゆうなみとうささき(佐倉出身アーティスト)夜の旧堀田邸 出演 ゆうなみとうささき(佐倉出身アーティスト)
 入館料 一般310円、学生150円
 定員 各回50人(多数時抽選)
 締め切り 9月12日(月)消印有効
 申し込み・問い合わせ 往復はがき(1枚につき4人まで)に住所・参加者名・電話番号を明記して、 文化課TEL 043-484-6192へ郵送

旧堀田邸「観月の夕べ」告知用チラシPDFファイルを開きます [PDF:2.78MB]

↑このページの先頭へ

平成22年度 リレー講座「歴史の残影が佐倉を語る」

 第2回 「佐倉の祭礼と江戸の祭礼」

 御神酒所や山車人形など、現在も佐倉の秋祭りで使われている祭礼用具は、江戸の祭礼の流れを組む文化財的にも大変貴重なものです。
 9月実施の第2回リレー講座では、佐倉の祭礼について江戸の祭礼文化との比較論的な観点から研究されている山瀬一男氏から、1か月後に控えた佐倉の秋祭りの先触れを兼ねて、佐倉の祭礼の伝統について講演します。

 第1回 「佐倉の生んだ女子教育家〜佐藤志津と女子美術学校」 (8月28日・志津コミュニティセンター)

 世界に二つしかない女性のための美術学校、女子美術大学。
 その前身である女子美術学校の草創期を支えたのが、佐藤志津(1851〜1919)だったことをご存じでしょうか。
 佐倉順天堂二代堂主・佐藤尚中の娘に生まれた佐藤志津は、長じて夫・進とともに順天堂の経営を支え、また女子教育の振興に生涯を捧げます。
 その歩みについて、雑誌『美術の窓』に「二つの星〜横井玉子と佐藤志津 女子美術大学建学への道」を連載中の作家・山崎光夫さんが講演を行いました。

観月の夕べ(平成22年度)

 夜の旧堀田邸を会場に、名月を愛で音楽に親しむ特別なひととき。歴史ある建物に響く伝統の音にふれてみては。

 平成22年9月22日(水)・23日(木) 両日とも各2回 (1)午後6時〜6時40分 (2)午後7時〜7時40分 旧堀田邸

 出演 佐倉囃子保存会
 入館料 一般310円、学生150円
 定員 各回50人(多数時抽選)
 締め切り 9月10日(金)必着
 申し込み・問い合わせ 往復はがき(1枚につき4人まで)に住所・参加者名・電話番号を明記して、 文化課TEL 043-484-6192へ郵送

佐倉・房総ゆかりの作家たち―佐倉の作家たち

 平成22年10月23日(土)〜11月23日(火) 佐倉市立美術館

 浅井 忠・都鳥英喜・香取秀真・津田信夫・堀 柳女など、佐倉ゆかりの作家の作品を展示します。

佐倉アグリフォーラム2010 〜食を支える地域農業と地産地消〜

 平成22年11月6日(土)  市民音楽ホール(講演会)・御伊勢公園(イベント会場)

 「食」と地域農業に注目! 車だん吉さんの講演や、地元野菜・焼肉・乳製品など、おいしい特産品もいっぱい!

キネマの夕べ「山桜」

 11月19日(金) 市民音楽ホール

 武家屋敷でロケが行われた映画、「山桜」(主演・田中麗奈)を上映します。

佐倉ゆかりの刀剣と江戸期の名刀展

 平成22年11月30日(火)〜12月19日(日) 市立美術館・塚本美術館

 佐倉ゆかりの郷土刀や江戸時代の名刀の展示を行います。〈協力:塚本美術館・佐倉刀友会〉

公民館講座(平成22年度)

中世の佐倉・臼井城と
その時代
10月 臼井公民館 中世の臼井と臼井城について学ぶ全3回の講座。臼井城の支城も見学します。
佐倉道を歩く会 10月〜
水曜日コース
・日曜日コース
志津公民館 江戸から佐倉へ、参勤交代で佐倉城主も通った佐倉道(成田街道)を歩きます。
南部地区の旧街道を歩く 11月27日(土) 弥富公民館 城下と地域を結んだ江戸時代の旧街道を散策。往時を振り返ります。
手作りミニわらじ 11月ごろ 和田公民館 江戸時代の作り方はそのままに、色や素材を現代風にアレンジした「わらじのストラップ」を手作り体験。
古今佐倉真佐子を読む 11月ごろ  中央公民館 約300年前に絵図に添えて書きつづられた「古今佐倉真佐子」から、当時の佐倉の様子を読み解きます。
こんにゃく作りに挑戦! 12月 根郷公民館 かつて将軍家献上品として有名だった佐倉のこんにゃく。根郷産のイモを使って、手作りに挑戦。

城下町400年記念トークショー

 落語界一のお城好き、春風亭昇太師匠が、落語・トーク・対談(大学共同利用機関法人人間文化研究機構理事 小野正敏)で、熱く語ります。

佐倉・城下町400年記念トークイベント
「お城のあるまちってすばらしい!」


ゲスト: 春風亭昇太 師匠

平成23年1月28日(金)午後5時〜8時 市民音楽ホール
入場料500円(当日支払)
申し込み 事前に往復はがきで(1/14消印) ※詳細はリンク先をご覧ください

↑このページの先頭へ