ページの先頭です
メニューの終端です。

佐倉ふるさと広場

[2020年3月11日]

ID:674

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

佐倉ふるさと広場について

 毎年4月の「佐倉チューリップフェスタ」、7月の「風車のひまわりガーデン」、10月の「佐倉コスモスフェスタ」など、四季折々の花が楽しめる佐倉ふるさと広場。 

 「佐倉市民のふるさとの広場」になるよう名付けられた広場は、イベント期の週末を中心に多くの人でにぎわいます。
 広場内には、シンボルである本格的オランダ風車「リーフデ」が風の力で雄大に回っています(風で回るオランダ風車は、日本に3ヶ所だけです)。トイレや休憩所、売店を備えたオランダ様式の管理棟「佐蘭花(さらんか)」では、レンタサイクルや観光船の案内もしています。
 その他、オランダの植物を通年で楽しめるオランダ庭園や、プチガーデン巡りを気軽に楽しめる24区画のシェアガーデンなど、印旛沼の自然を身近に楽しめるスポットです。

 ◆佐蘭花 (売店、無料休憩所、売店、トイレ他)営業時間 午前9時~午後5時
 ※休業日 年末年始(2018年12月29日(土)から2019年1月3日(木))のみ
   ただし花火大会等イベント開催時臨時休業する場合があります。

 

RETRIPでも見どころとして紹介されました!

佐倉ふるさと広場とオランダ

 佐倉とオランダとの関係は、江戸時代にさかのぼります。当時、佐倉藩主であった堀田正睦公は、藩学に蘭学(オランダを通して伝わった西洋の学問)を積極的に取り入れ、全国でも蘭学が盛んな藩となりました。また、”西の長崎、東の佐倉”といわれたほど、佐倉藩の蘭医学は全国に知られ、私塾「佐倉順天堂」(後の順天堂大学)では全国各地の医学を志す者が学び、幕末、明治の時代に活躍した多くの人材が、佐倉から育っていきました。

 この歴史的なつながりを生かし、草の根の国際交流を行うため佐倉日蘭協会が設立され、現在もオランダとの文化交流が続いています。
 本格オランダ風車のある『佐倉ふるさと広場』は、このような流れをうけ、ふるさと印旛沼の自然と触れ合う交流の場、さらには国際親善の場となるよう設けられました。そして、この広場では日蘭修好380周年を記念して、平成元年から毎年4月にチューリップフェスタが開催され、人々が集う交流の場となっています。

佐蘭花売店とチューリップの写真

オランダ風車「リーフデ」

 風を受けて回る本格オランダ風車ですので、羽根は風向きに合わせて移動します。風車守の巧みな羽根移動作業は必見です。
 風車の内部も2階まで見学できます。風車の模型やオランダ自転車が展示されているほか、風車の羽根の回転を水汲みの回転に変える歯車構造が分かります。

[風車運転時間・風車内部見学時間]
午前9時30分~12時・午後1時~午後4時
[運転休止日・風車休館日]
毎週月曜日(月曜が祝日の場合は翌日休館)、年末年始(12月29日(土)から1月3日(木))

※強風や無風等の理由により、風車の運転ができない場合があります。 また風向きにより入口が変わります。

詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

直下から見上げると迫力満点

内部の機能的な歯車構造を見学出来ます

オランダ庭園

 風車の下、三角形の広場の先端に、オランダをイメージしたオランダ庭園があります。オランダ庭園には、四季折々、オランダゆかりの花木、草花が咲いている庭園コーナーと、春に咲くチューリップ、ムスカリ、クロッカス、ヒヤシンス等からはじまる球根コーナーがあります。オランダの水辺の景色に似た印旛沼の風に吹かれ、お洒落な散策路を歩きながら、季節に応じてオランダ庭園を楽しむことが出来ます。

[開園日時]
年中無休。24時間開園。
ただし花火大会等イベント開催時一時的に見学できない場合があります。

風車の奥にあるオランダ庭園

平坦な中にカラフルな彩色の草花があるというのがオランダ庭園の特徴です。

シェアガーデン

 市民のご協力により、それぞれに個性ある花壇が楽しめます。24の区画からなり、市民の方が花の植え付け、草取り、水やりなど、お庭づくりを楽しまれています。クリスマスや雛祭りの時期などになされる装飾にも注目です。それぞれの季節に応じたプチガーデン巡りをお楽しみください。

[開園日時]
年中無休。24時間開園。
ただし花火大会等イベント開催時一時的に見学できない場合があります。

シェアガーデンでプチガーデン巡り

こどもの日、クリスマス、ひなまつりなど季節ごとに趣向を凝らしたガーデン巡りを楽しめます。

インフォメーション

[所在地]
 
佐倉市臼井田 2714

[交通]
・京成臼井駅から徒歩30分。
・京成佐倉駅から徒歩40分
・東関東自動車道佐倉ICから車で30分(専用駐車場5台。大型バス利用のご相談は、佐倉市観光協会(TEL:043-486-6000)まで) 

[コミュニティバスのご案内]
・京成佐倉駅北口から、佐倉市コミュニティバス 内郷ルート(飯野往復)に乗車し(乗車料200円・約10分)、ふるさと広場バス停で下車。

時刻表はこちら(別ウインドウで開く)

[レンタサイクル]
京成佐倉駅・うすい駅等との間で、レンタサイクルがご利用いただけます。
◆貸出場所

  ・観光案内所(京成佐倉駅前(社)佐倉市観光協会)
  ・JR佐倉駅前観光情報センター(JR佐倉駅北口階段下)
  ・佐倉ふるさと広場 他で貸出ししています。
◆ 時間 午前9時から午後4時
◆ 料金 1日500円(電動アシスト自転車は1日1,000円)
◆ レンタサイクルのお問い合わせは  (別ウインドウで開く)(社)佐倉市観光協会 電話:043-486-6000

※佐倉ふるさと広場内の管理棟へ直接、お問い合わせされる場合は、電話:043-486-8898へ問い合わせてください。

地図

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市 都市部 公園緑地課
電話: 043-484-0940 ファクス: 043-485-0108
E-mail: kouen@city.sakura.lg.jp

佐倉市 産業振興課 
電話: 043-484-6146

(社)佐倉市観光協会 
電話: 043-486-6000

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.