ページの先頭です
メニューの終端です。

精神障害者保健福祉手帳・自立支援医療(精神通院)

[2019年11月8日]

ID:3235

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

(1)精神障害者保健福祉手帳申請について

精神障害者保健福祉手帳を取得すると、税制上の優遇措置等が受けられます。
初診日から6ヶ月以上経過した方が対象で、診断書による申請の場合と年金証書等の写しによる申請ができますので、下記のとおり必要書類を添えて、提出してください。

精神障害者保健福祉手帳申請の必要書類
 申請方法 必要書類等
(1)診断書による申請の場合・手帳交付申請書
・初診日から6か月以上経過した時点の診断書
 ※作成日から3か月以内のもの
・写真1枚(上半身たて4cm×よこ3cm)
 1年以内に撮影したもの
・診断書料助成申請書(領収書添付)
・個人番号記載書
・本人確認書類
(2)年金証書による申請の場合・手帳交付申請書
・障害年金証書の写し
・写真1枚(上半身たて4cm×よこ3cm)
 1年以内に撮影したもの
・直近の年金支払(振込)通知書の写し
・照会についての同意書
・個人番号記載書
・本人確認書類

※申請者は本人。ただし、家族や医療関係者が代行することができます。
※障害等級は1級、2級及び3級の3等級で、医師の診断書に基づいて、県の審査を経て決定されます。
※手帳の有効期限は2年です。この間に、障害が重くなった場合は、期間中に再度申請をして、等級の変更をすることができます。手帳継続の場合、期限終了日の3ヶ月前から申請手続きができます。
※来庁申請の場合は印鑑を持参してください。
※手帳取得のための診断書料・文書料については助成制度〔支払った文書料の額を助成(上限5,000円)〕があります。
必ず期限が切れる前に手続きをしてください。

詳細については県のホームページを参照してください。
https://www.pref.chiba.lg.jp/cmhc/kokoro/seishinshougai.html

(2)自立支援医療(精神通院)について

自立支援医療受給者証を提示した病院・薬局(原則として医療機関は1箇所のみ)での支払が原則1割負担となります。
自立支援医療(精神通院)の必要書類
・自立支援医療申請書
・診断書(自立支援医療用)※作成日から3か月以内のもの
・健康保険証のコピー
・課税状況のわかるもの(市で確認できる場合は同意書)
・年金受給額のわかるものまたは受給無の申出書
・個人番号記載書
・本人確認書類

 ※申請書類については必ずお問い合わせください。
 ※申請者は本人または保護者(受診者が18歳未満の場合)です。
 ※有効期間は1年です。
   自立支援医療受給者証(精神通院)に記載されている有効期限の3ヶ月前から再認定の申請が可能です。
 ※診断書は2年に1度必要です。
 ※受給者証の期限が切れた場合は、原則、診断書が必要となります。
 ※手帳と同時に申請の場合は、手帳用の診断書で、手帳と自立支援医療の両方の申請ができます。
 ※来庁申請の場合は印鑑を持参してください。
 ※必ず期限が切れる前に手続きをしてください。

詳細については県のホームページを参照してください。
https://www.pref.chiba.lg.jp/cmhc/kokoro/seishintsuuin.html

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[福祉部]障害福祉課

電話: 043-484-6137

ファクス: 043-484-1742

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


精神障害者保健福祉手帳・自立支援医療(精神通院)への別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.