ページの先頭です
メニューの終端です。

基礎疾患を有する方、高齢者施設等の従事者の優先接種に係るQ&A(6月1日更新)

[2021年6月1日]

ID:28808

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

基礎疾患を有する方とは

Q 基礎疾患を有する方とはどのような方ですか。

 基礎疾患のある方の定義は、現時点(2021年3月18日時点)では、国から次のように示されています。

  基礎疾患を有する者の範囲については、審議会において現時点での科学的知見等に基づいて検討され、現時点では以下の範囲とすることとされている。今後、国内外の新たな科学的知見等も踏まえ、同部会で検討し見直すことがある。
 1.次の病気や状態の方で、通院または入院している方
  (1)慢性の呼吸器の病気
  (2)慢性の心臓病(高血圧を含む)
  (3)慢性の腎臓病
  (4)慢性の肝臓病(肝硬変等)
  (5)インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  (6)血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
  (7)免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
  (8)ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  (9)免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  (10)神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  (11)染色体異常
  (12)重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態
  (13)睡眠時無呼吸症候群
  (14)重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」 に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
  ※佐倉市においては、自立支援医療受給者証(精神通院)をお持ちの方は対象といたします。
 2.基準(BMI 30以上)を満たす肥満の方
  ※BMI 30の目安:身長170cmで体重約87kg、身長160cmで体重約77kg。
  ※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

Q 基礎疾患を有することを証明する診断書等は必要ですか。

 基礎疾患の確認は、予診票(接種クーポンに同封します)による本人の自己申告と接種前の予診で行いますので、診断書等の提出は必要ありません。

Q 障害者手帳を持っています。申請をしなくても接種クーポン券は届きますか。

 障害者手帳等を取得されている方は把握しておりますが、その方の通院、入院の状況が把握できませんので、該当となる方は申請をお願いします。

Q 基礎疾患があるため優先接種に該当しますが、ワクチン接種を受けても大丈夫ですか。

 慢性的な病気のある方もワクチン接種ができる場合が多いですが、病気が悪化しているときには避けた方がよいと考えられます。かかっている病気によっては、接種を慎重に検討した方がよい場合がありますので、かかりつけ医とご相談ください。

Q 基礎疾患を診てもらっているかかりつけ医で接種を受けたいのですが、可能ですか。

 かかりつけ医にご相談ください。かかりつけ医が接種を行っていない場合は、市から送るご案内の一覧表に示されている医療機関、または集団接種を予約して受けてください。

Q 基礎疾患があります。市外の病院がかかりつけ医の場合でもワクチン接種を受けらますか。

 市外のかかりつけ医でもワクチン接種を受ける場合は、佐倉市の接種クーポン券が必要となりますので、申請してください。

Q 持病が基礎疾患に該当するかどうかわからない場合はどうしたらよいですか。

 市では、個別の病名についてご相談いただいても、お答えできない場合はありますので、かかりつけ医にご相談ください。

Q 基礎疾患がありますが、現在通院していません。どうしたらよいですか。

 通院している方が対象ですので、医療機関を受診し基礎疾患に該当するか医師に確認してください。

Q 過去に基礎疾患があり、今は治っている場合でも、優先接種の対象になりますか。

 現在、通院や入院を要する基礎疾患がある方が優先ですので、治っている場合は対象になりません。

Q 基礎疾患がありますが、自分で薬局で買った薬や健康食品で治療している場合は対象となりますか。

 医療機関に通院、入院している方が対象ですので、ご自身の判断で治療している場合は対象になりません。

Q 精神障害者保健福祉手帳(または療育手帳)を持っていますが、特に通院していません。優先接種の対象になりますか。

 手帳を持っていても、通院、入院をしていなければ、対象になりません。

Q 自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合が対象とのことですが、何を確認すればわかりますか。

 佐倉市においては、「自立支援医療受給者証(精神通院)」をお持ちの方を対象といたします。

Q 接種をする日に、障害者手帳を持参したほうがよいですか。

 必要ありませんが、ワクチン接種予診票に、該当する内容(精神疾患で入院している、〇〇障害者手帳を持っている等)をご記入ください。

Q 基礎疾患を有するに該当し、障害者施設(グループホームを含む)に入所しています。接種クーポン券の申請や予約はどのようにしたらよいですか。

 施設で取りまとめている場合もありますので、施設職員にご確認ください。施設ごとに取りまとめがない場合は、ご自身で接種クーポン券の申請や予約を行ってください。

Q 基礎疾患があり、現在医療機関に入院中ですが、接種を希望します。どうしたらよいですか。

 接種クーポン券の申請をしてください。接種クーポン券が届くのは、7月中旬以降となります。ご入院中の場合は、入院先の病院や医師に接種場所等についてご確認ください。

Q 肥満があります。特に通院していませんが、該当になりますか。

 BMI(ボディ・マス・インデックス/肥満指数)が30以上の場合は、通院していなくても対象になります。接種クーポンに同封するワクチン接種の予診票の疾患名に、その旨ご記入ください。

Q BMIはどのように計算しますか。

 体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で計算します。

例) 身長 170cm、体重87kgの場合
87kg÷1.7m÷1.7m=30.1 ⇒BMI30.1になります。

Q 医療従事者として既にワクチン接種をしました。基礎疾患があるのですが、申請する必要がありますか。

 既に医療従事者として優先接種していれば、申請する必要はありません。

高齢者施設等の従事者とは

Q 高齢者施設等とはどのような施設ですか。

 高齢者施設等の従事者の範囲について、厚生労働省から以下のように示されています。該当するか不明な場合は、所属する事業所にご確認ください。個別の施設の名称で、市にお問い合わせいただいてもお答えできません。

 対象の高齢者施設等には、例えば、以下の施設であって、高齢者等が入所・居住するものが含まれる。

Q 接種の際に持参する従事者であることの証明書はどのようにしたらよいですか。

 所属する事業所に「証明書」を発行してもらってください。証明書は、接種当日に持参してください。ご予約をいただいても、「証明書」がないと接種できませんので、ご了解ください。
 なお、証明書は、2回目の接種時でも使用しますので、提出せずに大切に保管してください。

Q 居宅サービス(通所介護、訪問介護、居宅介護支援等)の従事者は対象になりますか。

 所属する事業所が、新型コロナウイルス感染症により自宅療養中の高齢の患者・濃厚接触者に直接接し、介護サービス・障害福祉サービスの提供等を行う意向を市町村に登録し、かつ、従事者もサービスの提供等を行う意思を有する場合、対象になります。該当するかについては、所属する事業所にご確認ください。

高齢者施設等に従事していますが、基礎疾患があり通院もしています。どちらで申請したらよいですか。

 どちらでもよいですが、高齢者施設等の従事者は施設の種類によって条件があったり証明書が必要になります。基礎疾患を有する場合には証明等は不要ですので、「基礎疾患を有する」で申請することをお勧めします。

接種クーポン券について

Q 窓口申請の場合、提出先はどこですか。

以下の保健センター、出張所、派出所、市民サービスセンターです。

送られていた「ハガキ」を持参してください。

提出先一覧
 地域施設の名称 
 佐倉地区佐倉市民サービスセンター
 臼井・千代田地区 健康管理センター、臼井・千代田出張所
 志津地区 西部保健センター、志津出張所、ユーカリが丘出張所、西志津市民サービスセンター
 根郷・和田・弥富地区 南部保健センター、根郷出張所、和田出張所、弥富派出所
※受付時間は、月~金の午前8時30分から午後5時15分です。ただし、施設が休館日や開所時間前となる場合は、ご提出できません。
※お住いの地域に関係なく、最寄りの施設の窓口をご利用ください。
※代理の方の提出でも構いません。
※出張所、派出所、市民サービスセンターでは、ハガキの提出のみで、基礎疾患や接種に係るお問い合わせはできません。

Q 図書館、公民館、コミュニティセンターでも提出できますか。

 提出できませんので、ご了解ください。

Q 6月18日(金)は必着ですか。

 郵送の場合は、当日消印有効です。インターネット、窓口提出の場合は、6月18日までにお願いします。

Q 6月18日以降に、基礎疾患と診断されたり、高齢者施設等に就職した場合はどうしたらよいですか。

 対象となりますので、健康推進課(043-485-6711)までご連絡ください。
 なお、1週間単位で取りまとめて処理を行いますので、お手元に接種クーポン券が届くまでお時間をいただくこととなります。

Q 佐倉市に転入したばかりですが、優先接種に該当します。接種クーポン券を送ってほしい時はどうしたらよいですか。

 健康推進課(043-485-6711)までご連絡ください。
 なお、前住所地での接種クーポン券を既にお持ちの場合、その接種クーポン券は使用できません。佐倉市での新たな接種クーポン券を発行することとなりますので、ご連絡をお願いします。

Q 接種クーポン券はいつ頃送ってきますか。

 7月中旬の予定です。変更が生じた場合は、ホームページでお知らせします。

Q 同じ時期に申請し、家族には接種クーポン券が届いたのに、自分には届きません。

 郵便の事情により、家族でも届く日が多少前後します。2~3日お待ちいただき、届かない場合は、健康推進課(電話番号 043-485-6711/平日8:30~17:15)にお電話ください。

予約について

 よくある質問をご確認ください。

その他の情報は以下のサイトをご覧ください。

 ●佐倉市ホームページ「新型コロナワクチン接種について」
http://www.city.sakura.lg.jp/0000028251.html
●厚生労働省の専用サイト「コロナワクチンQ&A」
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/

 

Q お問い合わせについて

 現在、各種問い合わせが大変多く、メールでの問い合わせについては、すぐに返信できない状況です。恐れ入りますが、市ホームページやQ&Aをご覧いただいてもご不明な点がある場合は、健康推進課(電話番号 043-485-6711/平日8:30~17:15)にお電話ください。
 なお、お電話も回線に限りがあり、つながりにくい場合があります。日時を変えてお問い合わせください。また、個人の予約状況や予約の空き状況等について、メール、お電話ともにお答えすることはできませんので、ご了解ください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[健康推進部]健康推進課

電話: 043-485-6711

ファクス: 043-485-6714

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.