佐倉市立美術館

佐倉市立美術館

展覧会

メスキータ展
Samuel Jessurun de Mesquita Exhibition
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、2020年3月5日より15日までの予定で臨時休館をしておりましたが、3月31日まで休館延長となりました。これにともない、メスキータ展は終了となりました。

チケットの払戻しについて


  • 期間
    2020年1月25日(土)〜3月22日(日) →3月5日(木)以降は中止となりました
  • 会場
    佐倉市立美術館2、3階展示室
  • 観覧料
    一般800円(640円)、大学・高校生600円(480円)、中学・小学生400円(320円) ※( )内は前売及び20名以上の団体料金
メスキータ展 メスキータ展



昨夏話題となった「メスキータ」とは誰か?

2019年この展覧会は東京で始まりました。これまで日本ではほとんど紹介されることのなかった作家の日本における初めての回顧展にもかかわらず、各種メディアにも取り上げられ、異例のヒットとなりました。その話題の展覧会が、2020年春、佐倉に登場します。

サミュエル・イェスルン・デ・メスキータは、19世紀末から20世紀はじめにかけてオランダで活躍したアーティストです。彼が制作したものは、木版画、エッチング、リトグラフなどの各種版画から、染物や雑誌表紙のデザインまで多岐にわたります。なかでも、白と黒とのコントラストとデザイン感覚あふれる理知的で明快な線により表現された木版画は、メスキータの作家としての評価を決定づけました。また、生涯にわたり数多く残した幻想的なドローイングは、無意識的に手を動かすことによって制作され、のちのシュルレアリスムにおけるオートマティズムの先駆的表現とも目されています。 一方で、メスキータはハールレムの応用美術学校で四半世紀にわたって後進の指導にあたりました。メスキータの教えを受けた最も有名な作家に、だまし絵の手法や数学的なパターンなどを用いた不思議な作品を数多く残した版画家のエッシャーがいます。はじめ建築家を志したエッシャーは、メスキータの勧めにより版画家となり、自らの才能を見出してくれた師を生涯慕いました。 メスキータはユダヤ人であったことから、第二次世界大戦末期の1944年、オランダを占領していたナチスに捕らえられ、家族とともに強制収容所に送られ、アウシュヴィッツで悲劇的な最期を迎えました。ナチスの迫害にあいながら、比較的多くの作品が現在まで残されたのは、踏み荒らされた自宅アトリエから作品を運び出し、必死の思いで守った人々の存在を抜いて語ることができません。なかでもエッシャーは、作品を守るだけでなく、戦後は積極的に展覧会を開催するなど、師の業績を人々に伝えることにつとめました。 本展は、メスキータの日本における初めての回顧展です。2019年夏に旋風を巻き起こした、悲劇のアーティストの作品世界に触れてみてください。

主催:佐倉市立美術館 後援:オランダ王国大使館 企画協力:キュレイターズ





期間中のイベント

〇ギャラリートーク

2020.2/8(土)、3/21(土) 各日とも14:00~  →3/21(土)は中止となりました
担当学芸員による展示解説を行います。
申込不要 参加無料 *参加には観覧券が必要です。

〇ボランティアによる対話型鑑賞会「ミテ・ハナソウ・カイ」
2020.1/26(日)、2/23(日)、3/22(日) 各日とも11:00~ 1階ロビー集合  →3/22(日)は中止となりました
申込不要 参加無料 *参加には観覧券が必要です。

〇ミュージアムコンサート 協力:佐倉楽友協会
2020.2/16(日)、3/15(日)  各日とも14:00~  →3/15(日)は中止となりました
申込不要 参加無料 

Mesquita×Piano
〇Mesquita×Piano 白と黒の芸術~ メスキータ展の感動を音楽に託そう!
  佐倉市立美術館ミュージアム・ピアノを弾いてみませんか?   →2/29(土)以降は中止となりました
2020.2/1 (土)、2/2 (日)、2/8 (土)、2/9 (日)、2/15 (土)、2/22 (土)、2/23 (日)、2/29 (土)、3/1 (日)、3/7 (土)、3/8 (日)、3/14(土)、3/21(土)、3/22(日) 各日とも10:00~15:00
「メスキータ展」にあわせ、1階ロビーのピアノ、ツィンマーマンを期間限定で「ミュージアム・ピアノ」として開放します。
このピアノはメスキータ存命中の1927年頃にドイツで製造されたベビーグランドピアノです。
どなたでも気軽に弾いてみてください。
申込不要 参加無料 
※都合により中止、または日時・場所が変更になる場合がございます。
※受付に声をおかけの上、譲り合ってご利用ください。