佐倉市立美術館

佐倉市立美術館

展覧会

カオスモス6 沈黙の春に
Chaosmos6 Into the Silent Spring

  • 期間
    2021年1月26日(火)~3月14日(日)
  • 休館日
    月曜日

  • 会場
    佐倉市立美術館1階エントランスホールと2、3階展示室
  • 観覧料
    一般:800(640)円、大学・高校生:600(480)円、中・小学生円400(320)円、未就学児は無料
    *( )内は前売り及び20名以上の団体料金
    *前売り券は佐倉市立美術館、佐倉市民音楽ホールでは2021年1月24日(日)まで、佐倉市観光協会、JR佐倉駅前観光情報センター、ときわ書房志津ステーションビル店では、2021年1月25日(月)まで販売。
    *障害者手帳をお持ちの方は1階受付でご提示ください。ご本人とその介助者1名は無料です。
    *佐倉市内在住の小・中学生とその同伴者1名は無料でご覧いただけます。チラシ裏面に必要事項をご記入の上、1階受付にご提出ください。
  • 主催
    佐倉市立美術館


カオスモス6 沈黙の春に カオスモス6 沈黙の春に


当館では1994(平成6)年の開館時より、運営方針の一つである「現代美術の紹介」を目的としたシリーズ企画「チバ・アート・ナウ」を開催してまいりました。同企画は、千葉県の美術状況を紹介すると共に、分かりにくいとされる同時代の美術への理解を深めていただくことを目的としていました。
2003(平成15)年度からは、出品作家を県外からも招くことで、より客観的な位置に視点を置いたシリーズ企画「カオスモス」に移行しました。カオスモスとは、カオス(混沌)とコスモス(宇宙、秩序)を合体させた造語ですが、この言葉の示すように、様々な思想や様式が融合し、分裂していく今日の美術の状況を報告すると共に、それらがどこへ向かっているのか、鑑賞者と共に考える企画でありたいと思います。
今回ご紹介するのは、生命や自然をモチーフとして自らの表現を追求する作家たちです。現代社会において人間の欲望は拡大する一方であり、他の生命や自然との共存をめぐっては様々な課題を抱えています。そうした中で同時代を生きる作家による多角的なアプローチは、私たちが気づかない何かを示唆してくれるように思われます。
2020年の春、新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちの生活は一変し、沈黙を余儀なくされた日々を過ごしました。新たな春を迎えようとする現在も未だ出口が見えず、模索する日々が続いています。このような大きな災禍の中で、これまでにない不安を感じている今こそ、あらためて生命や自然といった根源的な問題と向きあう表現が私たちの心に何かを訴えかけてくるのではないでしょうか。この機会に生命や自然との関わりを真摯に見つめる作家たちの表現を是非ご鑑賞下さい。



小野 ハナ|Ono hana     1986年岩手県生れ|アニメーション
2015年、毎日映画コンクールで「大藤信郎賞」を受賞した注目の若手作家。新作と素描を発表予定。

木村 彩子|Saiko Kimura     1979年千葉県育ち|絵画
身近な自然環境を淡々と描き続けている画家。近作から最新作まで、油彩画約20点を展示予定。

アストリッド・コッペ|Astrid Köppe     1974年ドイツ生れ|ドローイング
A4サイズの紙に植物や動物、菌類等を思わせる半抽象形態を描き続ける作家。近作24点を展示予定。

染谷 悠子|Yuko Someya     1980年千葉県生れ|絵画
生命と自然との関りを和紙や墨、リトグラフインク等を用いた独自の方法によって描く画家。

村上 早|Saki Murakami     1992年群馬県生れ|銅版画
痛みを伴う体験から紡がれた生命の物語を大型の銅版画として作品化する作家。新作を発表予定。


●学芸員による解説 2021年2月13日(土)、3月6日(土)
各日とも14:00より/美術館3展示室を予定/無料(※参加には観覧券が必要です)/申込不要

●展覧会特別メニュー
カフェ・ブォナジョルナータに「カオスモス6展」期間限定メニュー「トリュフチョコのケーキ」が登場! お楽しみに!

※ご来館に際し、日時予約の必要はありません。しかし、新型コロナウイルス感染症対策のため、今後の状況によっては会期などが変更になる可能性があります。