レトロを纏ってレトロな街並みを歩く~佐倉城下町きもの散歩(旧平井家住宅)~

その日、やってきたのは古民家、旧平井家住宅。
もともと商家だったという店舗兼主屋は明治中期に建てられたもので、国の登録有形文化財だそう。
そう言えば、母校の佐倉高校記念館も登録有形文化財だったり・・・佐倉は改めて歴史あるまち、と気づかされます。

hiraike
店舗兼主屋は明治中期の建築。城址公園、武家屋敷と新町通りを結ぶ角地に建ち、地域の歴史的景観に寄与しています。

酒屋だったころの土間を上がると、色とりどりの着物が・・・!
赤、ネイビー、アイボリー・・・柄もモダンなものから大人っぽい古典柄まで。
選ぶ時間も楽しめちゃいました。

kimono

悩んだ末に、レトロなお花がかわいい薄紅色の落ち着いたピンクの着物をチョイス。
30分ほどで着付けをしてもらって、着物姿に。
綺麗に着付けてもらう機会は中々ないので、気分も上がります。
上品な生地、柄、帯の表情…、着物ってやはり可愛いですね。

kimono2

佐倉にはモダンなカフェもあるけれど、歴史あるまちの、レトロな風景の中、まち歩きするのもいいかも。

kimono2

そう思い、佐倉のまちをぷらっと散策してみました。

そのお話は、また後日のお楽しみ。