運動でポジティブになろう!

更新日:2022年06月01日

ページ番号: 5194

運動をすると気分がすっきりしませんか?

ストレッチをしている男性のイラスト

体を動かすことは有効なストレスケアの一つです。

 運動すると交感神経が活性化され、心拍数が上昇し、興奮状態になります。この交感神経優位の時間が増えると意欲的になり、ポジティブな思考になれると言われています。さらに、集中力を高めたり、認知症の予防などにも効果的です。

 また、午前中に日の光を浴びることもストレスへの対応能力の向上に役立ちます。そのため、午前中にウォーキングなどをされると、より良い効果が期待できます。

 新型コロナの影響でストレスが多くなっていませんか?

 自宅内でのストレッチや個人でのウォーキングなど、適度に体を動かして、リフレッシュをしてみてはいかがでしょうか。

佐倉市オリジナル体操ができました!

自宅で継続して運動ができるよう、順天堂大学の協力のもと佐倉市オリジナル体操を作成いたしました。
 体操のコンセプトは、「いつでも、どこでも、だれでも」。

運動器具を使わず、自分の体重だけで行うことのできる、10分間の筋力アップトレーニングです。

佐倉市ホームページで視聴できます。今後の健康作りにお役立てください。

もっと体を動かそう

 自宅での運動が継続できたら、外に出てみませんか?
市内には、魅力的なウオーキングコースや体を動かす場がたくさんあります。お気に入りの運動を見つけてみましょう。

健康づくりお役立てコーナー

熱中症予防

熱中症は、特に7月から8月に多発する傾向がありますが、5月から9月まで幅広い時期に発生します。

  • 特に昨年からは、新型コロナの感染予防のために外出を自粛し、体内に水分を蓄える役割を持つ筋肉の量が減り、例年よりも脱水や熱中症に陥りやすくなっている可能性があります。
  • さらに、感染予防のためにマスクを着用しているので、マスク内に熱や湿気がこもると同時に、喉の渇きを感じにくく、水分補給が不足しやすくなります。
  • 運動中はこまめな水分補給を心がけましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

[健康推進部]健康推進課(成人保健班)
〒285-0825千葉県佐倉市江原台2丁目27番地
電話番号:043-312-8228
ファクス:043-485-6714

メールフォームによるお問い合わせ