ご近所からの騒音にお困りの方へ

更新日:2022年06月01日

ページ番号: 12360

生活騒音について

生活騒音とは

一般の生活行動に伴って、居住環境(住宅内及び住戸まわり)において発生する騒音を「生活騒音」と言います。身のまわりのものが発生源となるため、誰もが被害者にも加害者にもなる可能性があります。
(注意)「生活騒音」としては例えば次のようなものがあります。

身近な生活騒音
家庭用機器からの音 冷蔵庫、洗濯機、乾燥機、掃除機の音
住宅用設備からの音 空調機、バス・トイレの給排水、ドアの開閉音
音響機器からの音 ピアノ、ステレオ、テレビの音
生活行動に伴う音 話し声、泣き声、笑い声、飛び跳ねる音
その他 自動車、オートバイの空ぶかしの音、ペットの鳴き声、風鈴の音

生活騒音を減らすためにできること

 生活していく上で避けられない音、自分では気にならない音が他の人にとっては不快な音・うるさい音として受けとられることがあります。そのため、一人ひとりが音の大きさに意識を向け、少しでも生活騒音を発生させないよう工夫・対策をすることが大切です。

深夜早朝への配慮

  • 深夜早朝は音が響きやすいので、洗濯機や音響機器などの使用を控える。
  • 駐車中のアイドリングを控え、エンジンはこまめに切る。
  • 室内では大声を出さない、必要最低限の音量で話す。

音がもれないための工夫

  • 窓の二重サッシ、防音装置の設置、イヤホンの使用などによりできるだけ音がもれないようにする。
  • 音響機器を使用するときは、イヤホンやヘッドホンを使用する。

できるだけ音量を小さくしましょう

  • テレビや音響機器を使用するときは、必要最小限の音量にする。
  • 低騒音・低振動の機種を選定する。

行動に伴って発生する音に注意

  • ドアやシャッターは静かに閉める。
  • 室内での飛び跳ね、階段の駆け上がり駆け下りに気を付ける

ご近所との良好な関係を!

一般家庭から発生する生活騒音は、法律や条例による規制の対象にはなっていません。
生活騒音は日常生活から発生するため、まったく出さないということもできません。 一人ひとりが近隣に配慮し、モラルを守るよう気を付けましょう。また、当事者どうしの日常的な関係にも大きく左右されます。普段からの挨拶を心掛けるなど、良好なご近所関係の構築に努めてください。

相手方への苦情申し入れについて

 生活騒音に困ったら、まずは直接相手に申し入れをしましょう。相手は近隣に迷惑をかけていることに気づいていない場合があるからです。
 申し入れにあたっては、相手に不信感を与えないよう、自分自身のこと(住所や氏名等)を明らかにした上で、内容と要望を伝えます。反対に苦情を言われた際は、相手の話を謙虚に受けとめ、誠意をもって話し合いましょう。
 生活騒音は人の活動にともなって発生するもので、誰もが被害者にも加害者にもなる可能性があります。問題の解決にあたっては感情的にならず、自分の立場だけでなく、相手の立場も理解するよう努めてください。

生活騒音の相談について

 生活騒音は日常生活における住民同士の問題のため、原則は当事者間で話し合うことで解決に努めることになります。しかしながら、相手が応じてくれない、互いに感情的になってしまったなど、自分ひとりで対応することが困難な場合もあります。このような場合は、第三者も交えて解決にあたることも方法の1つです。

  • 近所で同じように困っている人と一緒に対応する。
  • 自治会・町内会に相談し、地域の問題として扱ってもらう。
  • 共同住宅であれば大家・管理組合・管理会社に相談する。

佐倉市でも無料法律相談を行っています。(自治人権推進課にご確認ください。)

(参考) 環境省 生活騒音パンフレット

騒音計の貸出

 市では騒音計の貸出を無料で行っております。実際に感じている騒音の大きさを数値で客観的に確認することができるので、当事者同士のお話し合いの一助としてご利用ください。

この記事に関するお問い合わせ先

[環境部]生活環境課(環境対策班)
〒285-8501千葉県佐倉市海隣寺町97番地
電話番号:043-484-6098
ファクス:043-486-2504

メールフォームによるお問い合わせ