ハチにご注意ください

更新日:2022年06月01日

ページ番号: 1921

夏から秋にかけては、ハチの営巣活動が活発になり、刺される危険性が高まります。ハチの被害に遭わないよう、以下のことに気をつけてください。

ハチに刺されないためには

  • 巣を見かけたら近づかないようにしましょう。木や草が茂っているところでは特に注意が必要です。
  • 黒いものに向かってくるため、なるべく白っぽい服装(長袖長ズボン)を身に着け、帽子を着用しましょう。また、特にスズメバチは香水などの化粧品や清涼飲料水に含まれるにおいの成分に反応するため、注意が必要です。
  • 小型の殺虫スプレーを携帯しましょう。虫除けスプレー等は刺すハチに対しては役に立ちません。
  • スズメバチが周りをしつこく飛び回る、狙いをつけて空中で停止する、アゴを噛み合わせて「カチカチ」という音をだすといった動作を見せるのは、相手を敵だと認識しているためです。その際は急いで引き返しましょう。

ハチに襲われたら

  • 逃げる際に手ではらう、手を振り回すなどの行為はハチを刺激して危険ですので、できるだけ急いで姿勢を低くしたまま逃げましょう。
  • 急いで逃げられない場合は、背を向けず姿勢を低くしたまま後ずさるように逃げましょう。

ハチに刺されたら

  • 刺された場所が巣の近くである場合、速やかに巣から離れてください。
  • 刺された箇所に針が残っている場合は取り除き、患部を流水でよく洗い流し、手で毒液を絞り出すようにします。市販されている毒吸引器(ポイズンリムーバー)を使うと、うまく吸い出せます。また、水で洗うことにより、毒を薄める効果と、患部を冷やし、毒の回りを遅くする効果が期待できます。
  • 患部に抗ヒスタミン軟膏やステロイド軟膏の虫刺されの薬を塗布します。アンモニアや尿を塗るのは効果がないばかりか有害ですので、絶対にやめましょう。
  • 以上の処置を施した後、患部をひょうのうなどで冷却しつつ、できるだけ速やかに医師の診察を受けてください。

この記事に関するお問い合わせ先

[環境部]生活環境課(生活環境班)
〒285-8501千葉県佐倉市海隣寺町97番地
電話番号:043-484-6148
ファクス:043-486-2504

メールフォームによるお問い合わせ