(仮称)佐倉図書館等新町活性化複合施設基本構想・基本計画 中間案

更新日:2022年06月01日

ページ番号: 5051

以下は平成29年(2017年)11月17日時点の情報です。

中間案について

 現在の佐倉図書館の建物は築61年が経過しており、本市の主要公共施設の中では最も古く、施設の老朽化の進行、狭隘化、バリアフリー化未対応といった問題を抱えています。

 そこで、老朽化した佐倉図書館の建替えを機に、図書館機能の拡充を図るとともに、『歴史のまち』を象徴する旧城下町の保全や、地域の活性化にも資する施設を整備するため、新たな佐倉図書館を核とした施設の整備方針等をとりまとめた基本構想・基本計画を策定することとしました。

 このたび、基本構想・基本計画の中間案を作成しましたのでお知らせします。

仮称)佐倉図書館等新町活性化複合施設基本構想・基本計画 中間案

基本構想・基本計画とは

 新施設の基本的な整備方針として、導入する機能や、概ねの規模、建設場所等を示すものです。

今後の予定

 中間案をもとに検討を進め、平成29年度末までに基本構想・基本計画を策定する予定です。

 この基本構想・基本計画をもとに、平成30年度以降、建物の詳細な設計を行い、その後、建設工事を行います。

この記事に関するお問い合わせ先

[資産経営部]資産経営課(FM推進班)
〒285-8501千葉県佐倉市海隣寺町97番地
電話番号:043-484-6110
ファクス:043-484-1515

メールフォームによるお問い合わせ