『和田の縄文弥生期出土品』展

更新日:2022年09月24日

ページ番号: 2350

昨年度に引き続き、縄文弥生期の展示を開催します。

和田地区は佐倉市の東に位置し、昭和29年に市制となるまでは、和田村と呼ばれて

いました。当地域は古くから現代まで人が定住しており、その営みは縄文・弥生時代に遡り

ます。今回の展示は、当施設・近隣施設収蔵庫に保管しています縄文土器・弥生土器を

中心に更新しながら展示してまいります。

和田地区では

〈1〉八木山ノ田遺跡[弥生時代] 〈2〉八木宇廣遺跡[弥生時代]

〈3〉下勝田殿台遺跡[縄文時代]

の3遺跡の出土土器を展示します。

会 期  :  令和4年7月9日(土曜日)~12月25日(日曜日)

          ※令和4年9月27日(火曜日)~30日(金曜日)は照明交換作業が入りますので、ご来館をご遠慮頂きますので、ご理解・ご協力のほどよろしくお願い致します。

場 所 : 和田ふるさと館歴史民俗資料室 入場無料

開館時間 : 午前9時~午後5時(第2、4月曜日休館)

-展示内容-

【1】地域の縄文弥生期解説パネル 【2】縄文・弥生土器

【3】仏面墨書土器[仏が描かれた希少土器]

開催概要(PDFファイル:1.8MB)

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

[公民館] 和田公民館
〒285-0065千葉県佐倉市直弥
電話番号:043-498-0417
ファクス:043-498-0417

メールフォームによるお問い合わせ