ページの先頭です
メニューの終端です。

危険コンクリートブロック塀等の除去、フェンス等の設置及び緑化工事への補助  (令和2年度から『部分撤去』も補助対象になりました)

[2020年8月31日]

ID:2992

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和2年度から、補助の内容が一部変わります

   令和2年度 補助申請受付分から、以下の項目が変更・追加になりました。

 ■「コンクリートブロック塀等の部分撤去」への補助 

     今までは、『危険』と判定されたコンクリートブロック塀等を、すべて撤去することが補助の条件でした。

     令和2年度から、道路面からの高さ60センチメートル以下に下げる場合(部分撤去)についても補助対象としました。

     なお、残したブロック塀等の直上には、新たなコンクリートブロック積(増し積み)又はフェンス等を設置しないことが条件です。

(例)

危険コンクリートブロック塀等の除却、フェンス等の設置及び緑化推進補助事業

補助事業の概要

 安全で快適なまちづくりを進めていく一環として、道路に面する危険なコンクリートブロック塀等を除却し、フェンスや生垣・植栽に転換する場合など  に補助をすることで、地震時の二次的な都市災害を未然に防止するための制度です。
 災害時を問わず、危険なコンクリートブロック塀等を放置したまま、通学路で子どもを巻き込んだ事故などが発生してからでは手遅れです。お気軽にご相談ください。
 また、お近くで危険と思われるコンクリートブロック塀等を見かけたときは、建築指導課までご連絡ください。

 安全で緑豊かなまちづくりに、市民の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

補助事業の対象

 次のいずれかに該当するものが対象です。

  1. 主として、通学路に面したコンクリートブロック塀等で、危険な状態であるもの

    (隣地に面したコンクリートブロック塀等は対象とはなりません)

  2. 災害時の避難路に面したコンクリートブロック塀等で、危険な状態であるもの

  3. その他1.及び2.に準ずるもの

 「危険なコンクリートブロック塀等」とは、その構造や形状、劣化状況によりますが、「ひび割れ」があったり、表面が剥がれて補修が必要であるものは注意信号です。強く押してみて「ミシミシ…」と音がするようなものは「大変危険」である目安です。

 「危険なコンクリートブロック塀」の判定については、建築指導課職員が直接現地に伺い、塀等の破損・傾き、内部鉄筋・基礎・控壁の有無等を確認のうえ、一定点数以下であるものが補助対象となります。

また、補助事業の対象となるかたは、以下の条件のとおりです。

  1.危険と判断されたコンクリートブロック塀等を所有または管理されているかた

  2.その他市長が適当と認めるかた

補助金の額

補助対象の内容と補助額
工事内容 内容 補助額

塀等の除却工事

 危険コンクリートブロック塀等の除却、樹木の移植
 ※除却工事のみでも補助対象になります

 要した経費の2分の1 

 かつ10,000円/m

緑化に係る工事

 危険コンクリートブロック塀等を除却したあとの、道路境界線沿いに設ける生垣(樹種、高さ・延長距離等に条件があります)、8平方メートル以上の植栽

 市が算定した額の2分の1

フェンス等の設置工事

 危険コンクリートブロック塀等を除却したあとの、道路境界線沿いに設けるフェンス等の設置

 要した経費の2分の1

 かつ10,000円/m

 上記合計額20万円を限度

(危険コンクリートブロック塀等の除却が前提)

コンクリートブロック塀の施工前と施工後の写真

注意事項

  工事着手前の「補助申請」は、補助金を受けようとする年度の1月15日までに、建築指導課へ提出してください。

  工事完了後の「実績報告」は、補助金交付決定を受けた年度の2月末日までに、建築指導課へ提出してください。

  〇コンクリートブロック塀等に関する基準・知識、診断カルテ等については、以下のページをご覧ください。

参考になるパンフレット等

補助申請書類等のダウンロード

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[都市部]建築指導課

電話: 043-484-6169

ファクス: 043-485-0108

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


危険コンクリートブロック塀等の除去、フェンス等の設置及び緑化工事への補助  (令和2年度から『部分撤去』も補助対象になりました)への別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.