ページの先頭です
メニューの終端です。

中央公民館の使用料及び使用料免除について

[2018年12月28日]

ID:20094

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

中央公民館の使用料について

 日ごろより、公民館活動にご協力を賜り、ありがとうございます。
平成30年7月1日からの使用料の納入方法及び使用料免除につきまして、お知らせいたします。

◎公民館の利用は、平成30年7月1日以降、原則、使用料をご負担いただきます。

中央公民館使用料
貸室使用料(1時間につき)
研修室1、プレイルーム、会議室、工芸室100円
学習室1、学習室2、研修室3、アトリエ、和室、調理室210円
研修室2、学習室3400円
大ホール1,480円

(注) 1 市民団体以外は10割増(2倍)です。
    2 社会教育法第22条の公民館事業の目的外は10割増(2倍)です。
      ※例:事業者の健康診断など
    3 使用申込時間は、1時間単位が基本です。

◎使用料の納入について

1 使用する当日、窓口周辺に設置する「公民館使用料発券機」で使用料券を購入
2 購入した使用料券を窓口へ提出
3 窓口の確認後、「部屋の鍵」、「利用報告書」および「領収書」を受領
4 発行された「領収書」は、各団体で保管

◎使用料の返金について

購入された使用料券は、原則、返金を行いませんのでご注意ください。
誤った金額の使用料券を購入した場合は、対応しますので窓口へお声かけください。

◎予約のキャンセルについて

今までと同様に、判明した時点で連絡をお願いいたします。
当日の使用キャンセルなどは無いようにお願いいたします。

 

佐倉市立公民館の使用料免除について

◎佐倉市立公民館の使用料免除について

公民館の利用は、平成30年7月1日以降、原則、使用料をご負担いただきます。ただし、以下の場合については、使用料を免除いたします。

〈主な免除対象〉
1 市や県等の主催や共催事業の場合
2 自治会、町内会が総会等を開催する場合
  自治会等におけるサークル活動の団体は、免除の対象外となります。
3 学校や保育所等が会議等を開催する場合
4 事業の内容が公益に資すると教育委員会が認めた場合
 (1)団体に対する免除              
   a  1)市担当課が委嘱している委員で構成される団体
      例:食生活改善推進員、スポーツ推進委員 等
     2)市が施策として推進している事業を担う団体 
      例:高齢者クラブ連合会(総会のみ)、青少年住民会議 等
   b   特別な事情で支払いが困難な団体(会員の半数以上が、生活保護受給者である場合)
   c  障害者団体 (会員の半数以上が、障害者手帳を所持している場合)
 (2)行事・催事に対する免除
   一般団体については、「公益性が高く、広く市民に還元する事業」と教育委員会が判断した行事・催事に関しては免除します。

※「公益性が高く、広く市民に還元する事業」であるかの判断基準
公民館を活動拠点とし社会貢献活動を行う自主サークル及び市民公益活動サポートセンターに登録している団体が、普段の活動を活かしながら、広く市民を募集し、事業を行う場合は、「公益性が高く、広く市民に還元する事業」と捉えております。
※会員のみの普段の練習、講座、研修会、打合せなどについては、免除対象外とさせていただきます。

〈手続きについて〉
 使用料の免除を受ける場合は、減免申請書を提出するほか、団体に応じた必要書類を提出するなど手続きが必要です。
 免除申請に係る詳細は、窓口へお問い合わせください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[公民館]中央公民館

電話: 043-485-1801

ファクス: 043-485-1803

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


中央公民館の使用料及び使用料免除についてへの別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.