佐倉市立美術館

佐倉市立美術館

展覧会

佐倉市市制施行70周年記念


エドワード・ゴーリーを巡る旅

  • 期間
    2024年4月20日(土)~6月23日(日)
    展示替あり(前期4/20-5/19・後期5/21-6/23)
  • 休館日
    4月22日(月)、30日(火)、5月7日(火)、13日(月)、20日(月)、27日(月)、6月3日(月)、10日(月)、17日(月)
  • 会場
    佐倉市立美術館 2階展示室
  • 観覧料
    一般800(640)円、大学生600円(480)円、高校生以下無料

  • ※( )内は20名以上の団体料金
    ※障害者手帳をお持ちの方は1階受付でご提示ください。ご本人とその介助者1名は無料です。
不思議な世界観と、モノトーンの緻密な線描で、世界中に熱狂的なファンを持つ絵本作家エドワード・ゴーリー(Edward Gorey,1925-2000)。
近年、日本でも『うろんな客』『不幸な子供』などの絵本が次々と紹介されてきました。
ゴーリーは、自身がテキストとイラストの両方を手掛けた主著(Primary Books)以外にも、挿絵、舞台と衣裳のデザイン、演劇やバレエのポスターなどに多彩な才能を発揮しました。
本展は、そんな作家の終の棲家に作られた記念館・ゴーリーハウスで開催されてきた企画展から、「子供」「不思議な生き物」「舞台芸術」などのテーマを軸に約200点の作品で再構成するものです。
米国東海岸の半島に残る古い邸宅へと旅するように、達観したクールな死生観を持つ謎めいた作品との邂逅をお楽しみください。

エドワード・ゴーリー展

1. 『うろんな客』挿絵・原画/1955年/ペン、インク、紙
2. 『不幸な子供』挿絵・原画/1959年/ペン、インク、紙
3. 『狂瀾怒濤』挿絵・原画/1986年/ペン、インク、紙
4. 『蒼い時』挿絵・草稿/1974年/ペン、インク、水彩、紙
5. 「無題(妖精のようなバレリーナ)」/1980年代頃/ペン、インク、紙
6. 『ドラキュラ・トイシアター』表紙・原画/1979年頃/ペン、インク、水彩、紙
7. 『ジャンブリーズ』挿絵・原画/1967/ペン、インク、紙

©2022 The Edward Gorey Charitable Trust

主催:佐倉市立美術館
特別協力:エドワード・ゴーリー公益信託・ゴーリーハウス(ケープコッド)
協力:株式会社 河出書房新社
企画協力:株式会社イデッフ