ページの先頭です
メニューの終端です。

塀、土留め(擁壁)を築造するにあたって

[2019年2月4日]

ID:3135

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

塀、土留め(擁壁)を築造するにあたって

塀と土留め(擁壁)の 断面図
塀と土留め(擁壁)の違いと技術基準、設置位置の制限
 土留め(擁壁)
特徴塀の両側の土地にほとんど高低差がないもの。主に、敷地の境界に設置され目隠しとして利用される。土地の高低差がある場合に、土が流れ出さないように押さえるもの。土地を有効に活用できる。
手続き・宅地造成工事規制区域内で、一定の要件に該当する造成等の場合は、許可、検査が必要です。
[問い合わせ] 市街市整備課 043-484-6167
・宅地造成工事規制法区域外で、工作物の高さが2mを超える場合は、建築確認、検査が必要です。
[問い合わせ] 建築指導課 043-484-6170 

技術

基準

【補強コンクリートブロック塀の場合】建築基準法施行令第62条の8
「安全なブロック塀とは」(社団法人 全国建築コンクリートブロック工業会)を参照してください。(別ウインドウで開く)
土圧、水圧、自重によって、擁壁が(1)破壊されない、(2)転倒しない、(3)基礎が滑らない、(4)沈下しないことが求められています(宅地造成等規制法施行令,建築基準法施行令)。
擁壁の種類(コンクリートブロック積み、間知石練積み、鉄筋コンクリート造等)ごと、認定ごとに基準が異なります。

設置

位置

塀及び擁壁は、道路に突き出して築造してはいけません(建築基準法第44条)。また、建築基準法第42条第2項道路(原則として、道の中心から2mセットバックをしなくてはならない道路)の場合は、建築行為の有無に係わらず、塀及び擁壁は、セットバックした位置に築造しなければなりません(建築基準法第44条、同法第42条第2項)。

塀、土留め(擁壁)の維持保全

 塀や土留め(擁壁)の維持管理は、所有者または管理者に責務があります
 道路沿い等に設置されている場合は、通行人など第三者に被害を及ぼすおそれがありますので、良好な状態を維持してください。
  佐倉市では、危険なブロック塀(ぐらついている、傾いている等)の除却について、助成制度があります。詳しくは、「危険コンクリートブロック塀等の除却及び緑化推進補助事業」を、ご覧ください。 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市 都市部 建築指導課
電話: 審査班 043-484-6170
ファクス: 043-485-0108

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.