ページの先頭です
メニューの終端です。

地区計画区域内で建築行為等をする場合には届出が必要です

[2016年3月25日]

ID:3167

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

届出の必要な行為

 地区計画区域内で次の行為を行なう場合は、建築確認の要・不要を問わず、都市計画法第58条の2の規定に基づき、工事着手の30日前までに佐倉市長に届出が必要です。

1.土地の区画形質の変更 (切り土、盛土、道路、宅地の造成等)
2.建築物の建築 (新築、増築、改築、移転、修繕等)
 ※修繕については、地区計画における建築物等に関する事項のうち、原形と異なる行為を行なう場合のみとなります。
3.建築物の用途変更
4.工作物の建築

※注意
 建築確認申請を必要としない10平方メートル未満の建築行為や、付属建築物である車庫、物置等の設置についても届出が必要です。

届出先

 届出様式「地区計画の区域内における行為の届出書」に必要な図書(以下参照)を添付し、佐倉市役所 都市計画課へ正1部・副1部、計2部提出してください。(副本はコピー可。)

地区計画の届出様式

※併せて建築確認を申請する場合は、次のとおり建築確認申請書へ添付してください。
 建築確認申請書の正本へ:適合通知書の写し。
 建築確認申請書の副本へ:適合通知書の原本と届出書の副本。

添付書類一覧
行為の種類図面縮尺備考
土地の区画形質の変更案内図2,500分の1以上方位、道路及び目標となる地物を表示
区域図1,000分の1以上当該土地の区域及び周辺の公共施設を 表示
設計図100分の1以上造成計画平面図、構造図、断面図等
建築物の建築
工作物の建設
建築物、工作物の用途変更
案内図2,500分の1以上方位、道路及び目標となる地物を表示
配置図100分の1以上敷地内における建築物または工作物の位置及び各敷地境界からの最短の壁面位置を明示。かき、柵の位置、構造を表示。
平面図100分の1以上各階のものを表示
建築面積・床面積の算出根拠を表示
立面図100分の1以上2面以上で、平均地盤面からの高さを表示
詳細図50分の1以上形状が不明瞭な場合(出窓、ベランダ等)
丈量図-土地の面積の算出根拠を表示
※1緑化計画
平面図
100分の1以上樹木等の名称・配置を表示
※1緑化計画
立面図
100分の1以上樹木等・かき及びさくの高さを表示
※1緑化率
チェックリスト
-樹木等の緑化面積を算出し、敷地面積に占める緑化率を表示
建築物・工作物の形態、 意匠の変更案内図2,500分の1以上方位、道路及び目標となる地物を表示
配置図100分の1以上敷地内における建築物または工作物の位置及び各敷地境界からの最短の壁面位置を明示。かき、柵の位置、構造を表示。
立面図100分の1以上2面以上で、平均地盤面からの高さを表示

※1白銀地区のみ

その他、必要に応じて関係事項を記載した参考図書等を、添付していただく場合もあります。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[都市部]都市計画課

電話: 043-484-6163

ファクス: 043-486-2506

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


地区計画区域内で建築行為等をする場合には届出が必要ですへの別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.